IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

性格は顔に出ると言われる理由は?パーツで分かる性格のいい人の特徴を紹介

更新日:2022年11月24日

自己啓発

「性格は顔に出る」という言葉をご存知でしょうか。人の第一印象について考える際、その性格は顔に出るとされており、ある程度の人柄が推測できるとされています。本記事では、その説の根拠や、顔のパーツに現れる特徴などを紹介していきますので、ぜひご一読ください。

「性格は顔に出るって本当?」 「自分の顔は相手にどのような印象を与えているの?」 「もし悪ければどうすればいいの?」 など、性格は顔に出るという説について疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 顔や表情は、育っていく環境の中で少しずつ変化していきますが、その中でも性格が良い人にある傾向、悪く思われている人の傾向などが存在します。 本記事では、「性格は顔に出る」という理由や、「パーツの特徴でどのような性格の持ち主かがわかること」について紹介しています。 この記事を読むことで、どのような点が性格は顔に出るのか、またどのように改善すればいいのかが理解できるでしょう。 自分の顔のパーツで当てはまるものがあるかどうか、また改善できる点がないかを確認しながら、この記事をチェックしてください。

性格は顔に出る根拠とは?

たとえば、誰かと会話しているシーンを想像してみてください。話し始めた時に見るのはどこでしょうか。 ほとんどの人は、相手の顔を見ながら会話するでしょう。そして、後からその時の会話を思い出す際、真っ先に浮かぶのは相手の顔と言われています。 つまり、人は無意識のうちに相手の顔をイメージとして残しているということです。その中でも、相手の顔が与える印象は様々です。 また、会話していく中で相手の表情が変化していることに気づき、少しずつ相手の性格が見えてくることもあるでしょう。 パッと見や、少し話しただけではわかりにくい性格の人でも、多くの場合、会話をしていく中で考えていることや感情が表情に現れます。 上記のようなことを根拠に、「性格は顔に出る」と考えられているのでしょう。

性格は顔に出る本当の理由

人が情報を得る際、いちばん割合が大きいのは視覚からの情報です。前述の通り、会話をする際は、多くの人が相手の表情を見ながら話します。 特に初対面の相手の場合などは、無意識のうちに相手の表情からその人を探ろうとするでしょう。 ここでは、ふとした瞬間に見られる表情を例に挙げ、「性格は顔に出る」と言える理由を紹介します。ぜひ参考にしてください。

表情の癖でシワができる

よく笑う人やよく怒る人は、表情によってシワができやすくなります。 たとえば、よく笑う人には目じりに細くシワが現れ、よく怒る人には眉間に縦ジワが付くことが多いでしょう。 これらの表情が癖になっているような人は、会話の中で自然に表情の癖が出るため、そのシワがより目立つようになります。 そのため、表情の癖がある人は性格が顔に出やすいとされています。

顔に本音や感情が表れてしまう

たとえば、苦手な人の話で、興味がない話を長々されているとします。その場合、初めは笑顔でも、時間がたつにつれ無表情になったり、顔つきが暗くなったりするのではないでしょうか。 一方で、興味がある話の場合は、目がいつもより見開き、全体的に顔が明るい表情になります。 このように、些細な表情の変化で心境がわかることがあるため、性格は顔に出ると考えられています。

顔のパーツで分かる性格のいい人の特徴

ここでは、どのような顔のパーツの持ち主が、「いい性格」という印象を与える傾向が高いのかを見て行きます。細かく顔のパーツを見て行くと、それぞれに「性格のいいひと」の特徴が表れている場合があります。 また、メイクや、顔のマッサージなどでも「性格がいい人」という印象に近づけられるため、ポイントを押さえて「性格は顔に出る」を実践してみましょう。

清潔感のある顔

次のページ:アーチ形の眉毛
初回公開日:2022年06月27日

記載されている内容は2022年06月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング