IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

愛でるの意味は?類語・使い方や例文をあわせて紹介

更新日:2022年06月23日

言葉の使い方

「愛でる」という言葉の意味をご存じでしょうか。本記事では、「愛でる」の読み方や詳しい意味、愛するとの違いや類語や英語表現を例文を交えながらご紹介します。聞いたことはあるけど、意味が分かってないといった方は、ぜひ読んでみてください。

「愛でるってなんて読むの?」 「愛するとの違いってなに?」 「よく聞くけど、どんな場面で使う言葉なの?」 このような疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。 本記事では、愛でるという言葉にどのような背景があるのか、使い方の例文や類語との違いを詳しく説明し、使う際の注意点や間違えやすい類語をチェックしていきます。 また、愛でるの意味を持つ英語も例文と一緒に紹介します。 この記事を読むことで、どのような時に使用したらいいのかを理解することができ、類語との使い分け方が分かるようになっているでしょう。 愛でるを使いこなすことができるようになって、さまざまなところで正しく使用していくためにも、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

愛でるの意味・読み方

「愛でる」と書いて「めでる」と読みます。 そのまま読んでしまうと「あいでる」となってしまうので読み方に注意しましょう。 動物や植物、人や物に美しいと感動することや、それに対して可愛いがり慈しみ愛すること、大切にすることを言います。 現代の言葉として日常的に使用されることはあまりありませんが、繊細なニュアンスのある言い方です。

愛でると愛するの違い

愛するというのは、愛おしいという気持ちをその対象に注ぐ表現として使われています。日常的に使うことが多いのはこちらの表現なのではないでしょうか。 対して、愛でるというのは一方的に可愛がったり大切にしたりするという意味合いで使われています。 あまり聞くことのない表現ではありますが、対象の存在を愛し大切にしていくことを言うので、意味を理解すると使いやすいでしょう。 どちらも共通する意味合いがあるので、大きな違いはありませんがニュアンスで使い分けましょう。

愛でるの由来は古文

一度は聞いたことのある古文の竹取物語に使用されている、「愛づ」という表現を語源として生まれたのが愛でるだと言われています。 古くからある言葉ですが、今と意味は変わらず使われています。 「愛づ」の「づ」の部分が変形し、現在使われている愛でるという言葉が誕生したという説が有力です。

愛でるの類語

普段使う言葉として、先ほどご紹介したように「愛でる」という意味で使われる言葉がいくつもあります。 その時の状況によって使い分ける必要があるので覚えておくといいでしょう。中でも使いやすく、よく使われている言葉をご紹介します。

美しさに感動するケース

「愛でる」の中でも感動を大きく表現した場合の類語です。 美しさに浸り、味わい感動するという意味で使用されています。主に月や植物など自然の美しさに対して使われる言葉です。

  • 心惹かれる
  • 感嘆する
  • ほれぼれする
  • 見とれる
  • 崇める
  • うっとりする

慈しみ愛する・可愛がるケース

次のページ:愛でるの使い方・例文
初回公開日:2022年06月23日

記載されている内容は2022年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング