IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

都庁のインターン対策|倍率、選考方法、採用の日程など

インターンシップ

都庁のインターン対策|倍率、選考方法、採用の日程など

更新日時:

日本の首都・東京。国の重要な施設が密集しており、人口も日本一。イベントや催しなども開催されるものが多く、観光名所も多数存在している東京都は、名実ともに日本の中心と言える場所です。 そんな東京都の政治を支え、たくさんの人々が安心して快適な暮らしが送れるよう、設備や道路などの整備、管理などを行っている都庁は、東京都のみならず、日本にとってもなくてはならない存在ですよね。 今回は、2015年に開催された都庁のインターンシップについて、実施内容や選考方法、倍率などをご紹介していきます。都庁への就職を考えている方、インターンシップに興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

都庁のインターンシップ対策:組織研究

インターンシップについてご紹介する前に、まずは都庁そのものについて確認していきましょう。

組織概要

以下は、2016年7月12日現在、東京都のwebサイト(※1)に掲載されている情報を参考にしたものです。 組織名:東京都庁 所在地:東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 組織一覧: 政策企画局 青少年・治安対策本部 総務局 財務局 主税局 生活文化局 オリンピック・パラリンピック準備局 都市整備局 環境局 福祉保健局 病院経営本部 産業労働局 中央卸売市場 建設局 港湾局 会計管理局 交通局 水道局 下水道局 教育庁 選挙管理委員会事務局 人事委員会事務局 監査事務局 労働委員会事務局 収用委員会事務局 議会局 引用元:※1

組織の特徴

東京都庁は、「世界一をつくろう」というスローガンを掲げて、東京都を支えていく為の各事業に励んでいます。都庁の事業内容は、大変広範囲に及びますが、1つ1つの局や部署で上記の共通のスローガンのもと、東京都に「世界一」と思える要素や物を増やしていこうと、それぞれの業務を展開しているというわけです。 新人採用や人材育成においては、「人」を最大の資産とし、人が自己実現をする為の場として、「組織」があるという考え方を示しています。個人の能力を伸ばし、その能力を最大限にいかす場として組織の体勢を整えていく方針を取っており、人材育成に注力することで、都庁という組織全体の成長を目指しているようです。 参考資料:※2

都庁のインターンシップ対策:実施内容

都庁の2015年に開催されたインターンシップについて、詳細や選考方法などをご紹介していきます。2015年の都庁のインターンシップは、長期コースと1日のみの短期コースの、2種類が実施されました。 インターン1:「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~ インターン2:「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015

都庁のインターン1:「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~の実施内容

応募対象:就業体験を希望する大学生または大学院生(学年不問・その他要件は受入職場による) 応募方法:募集終了につき、記載なし 都庁が2015年に開催した、長期型のインターンシップです。5日間~2週間にわたり、実際の現場に配属され、実際の仕事を体験することができます。都市づくりや環境、文化事業などを通して、都政を体験することで、都政がより身近な存在となります。 参考資料:※3 インターン採用日程 「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」の公式webサイトで公開されている採用日程・参考方法は以下のようになっています。 申し込み受付(2015年6月1日~6月15日) 書類選考(2015年6月16日~6月22日) 面接(2015年7月1日~3日) 実習生決定(2015年7月15日) 引用元:※3 インターン勤務情報 「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」の募集人数は、147名でした。実習生は、損害保険及び賠償責任保険に加入することが義務となっていたようです。 勤務期間: 開講式:2015年8月4日 実習:2015年8月5日~8月18日のうち、各実習部署で定める5日間~2週間 閉講式:2015年9月4日 勤務時間:月曜~金曜日までの9時~5 時45分 給与情報:無報酬 勤務地:東京都庁第一本庁舎または第二本庁舎および各事業所等 引用元:※3

都庁のインターン2:「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015

応募対象:東京都の仕事に関心のある大学生、大学院生及び既卒者 応募方法:募集終了につき、記載なし 都庁が2015年に開催した、1dayタイプのインターンコースです。講演やグループワークを通し、東京都の福祉や防災、世界一の都市に向けての政索などを体験することができます。また、若手職員との座談会の機会も設けられており、都庁という職場の雰囲気などを把握することもできる内容となっています。 参考資料:※4 インターン採用日程 「「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015」の公式webサイトで公開されていた採用日程は、下記のようになっています。応募者多数の場合は抽選となります。 10月31日・11月3日開催分申込受付(2015年9月28日~10月19日) 参加決定通知(2015年10月23日) 引用元:※4 インターン勤務情報 こちらのコースは、2日間にわたって開催され、各日程とも午前の部と午後の部に分かれています。各部の定員は、225名程度とされています。 勤務期間: 2015年10月31日 2015年11月3日 勤務時間: 午前の部:9時25分~12時30分 午後の部:14時25分~17時30分 給与情報:記載なし 勤務地:都庁第一本庁舎5階大会議場 引用元:※4

都庁のインターンシップ対策:採用対策

東京都を支えている都政を体験することができる都庁のインターンシップ。日本の中心地を支え、そして発展させていく事業の体験というのは、とても貴重なものですよね。都政に興味がある方であれば、ぜひ参加したいものではないでしょうか? では、都庁のインターンシップ生として採用されるには、どのようにすれば良いのでしょうか?選考方法や倍率などを元に、対策を考えていきましょう。

インターンの倍率を知る

都庁のインターンシップの倍率について、詳しい数字やデータは見当たりませんでした。 しかし、募集定員については、各コースのwebサイトに掲載されています。「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」に関しては、147名(※3)でした。一見、定員数が多い印象を受けますが、都庁の部署や局は種類が多いので、実際には各部署に数名ずつの配属と考えられます。 また、「「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015」の場合は、2日間の開催で午前・午後の部があります。各定員は225名(※4)前後とされているので、「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」と比較すると、採用されるチャンスとしては、こちらのコースの方が可能性が高いと言えるでしょう。 しかし、都庁のインターンシップは多くの学生に注目されており、人気も高いようです。いずれにしても、倍率はかなり高いと考えておきましょう。

ES対策

過去の都庁のインターンシップ際ようの際は、ESによる選考があったようです。その際の質問は、「インターンシップを通して成し遂げたい目標」や「志望動機・意気込み」など。質問としては、シンプルなものですね。 しかし、都庁の場合は、民間の企業とは体質が異なる組織の為、答え方には気を付けた方が良いでしょう。市民を始め、さまざまな企業や集団、組織と向き合って業務をする必要がある為、広い視野と各分野や業界への知識を駆使して回答することをおすすめします。また、特定の業界や団体が有利になるような、偏った意見にならないようにも注意すべきです。 参考資料:※5

面接/ディスカッション対策

過去のインターン参加者の体験談によると、都庁のインターンシップの面接は3人1組で実施されたそうです。その際のポイントは、他の2人の回答にも、よく耳を傾けること。そして、その回答について、自分はどう感じたのか、考えながら聞くようにしましょう。 また、上記でも述べたように、幅広い分野や業界に対する知識・興味が求められるのが都庁の業務なので、社会情勢や最新のニュース、各業界に関する研究などもしておき、どんな話題が出ても対応できるよう、あらかじめ対策しておくことをおすすめします。 参考資料:※6

都庁のインターンシップ対策で大切なのは誠実さ

いかがでしたでしょうか?今回は、2015年に実施された東京都庁のインターンシップについて、実施内容や選考方法、倍率などをご紹介しました。 都庁は、たくさんの人が暮らす東京都を支え、動かしていく組織です。東京は人口が多いだけでなく、企業や組織も密集している土地なので、都政が背負う責任は大変重いもの。それ故に、都庁が求める人材には、誠実さが求められると考えられます。 例えば、インターンシップに参加するために、各業界について必死に勉強するのも、誠実さの1つと言えるのではないでしょうか?自分がどれくらいの熱量でインターンシップの選考に参加しているのか、都庁への就職にどれ程の熱意があるのか、しっかり伝えて誠実さをアピールしましょう。 [参考資料・引用元]

shin-office

日本の首都・東京。国の重要な施設が密集しており、人口も日本一。イベントや催しなども開催されるものが多く、観光名所も多数存在している東京都は、名実ともに日本の中心と言える場所です。

そんな東京都の政治を支え、たくさんの人々が安心して快適な暮らしが送れるよう、設備や道路などの整備、管理などを行っている都庁は、東京都のみならず、日本にとってもなくてはならない存在ですよね。

今回は、2015年に開催された都庁のインターンシップについて、実施内容や選考方法、倍率などをご紹介していきます。都庁への就職を考えている方、インターンシップに興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

都庁のインターンシップ対策:組織研究

【都庁インターンシップ2015のインターン内容は?倍率、選考方法、採用の日程など】東京都公式ホームページへようこそ

インターンシップについてご紹介する前に、まずは都庁そのものについて確認していきましょう。

組織概要

以下は、2016年7月12日現在、東京都のwebサイト(※1)に掲載されている情報を参考にしたものです。

  • 組織名:東京都庁
  • 所在地:東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
  • 組織一覧:
    • 政策企画局
    • 青少年・治安対策本部
    • 総務局
    • 財務局
    • 主税局
    • 生活文化局
    • オリンピック・パラリンピック準備局
    • 都市整備局
    • 環境局
    • 福祉保健局
    • 病院経営本部
    • 産業労働局
    • 中央卸売市場
    • 建設局
    • 港湾局
    • 会計管理局
    • 交通局
    • 水道局
    • 下水道局
    • 教育庁
    • 選挙管理委員会事務局
    • 人事委員会事務局
    • 監査事務局
    • 労働委員会事務局
    • 収用委員会事務局
    • 議会局

引用元:※1

組織の特徴

東京都庁は、「世界一をつくろう」というスローガンを掲げて、東京都を支えていく為の各事業に励んでいます。都庁の事業内容は、大変広範囲に及びますが、1つ1つの局や部署で上記の共通のスローガンのもと、東京都に「世界一」と思える要素や物を増やしていこうと、それぞれの業務を展開しているというわけです。

新人採用や人材育成においては、「人」を最大の資産とし、人が自己実現をする為の場として、「組織」があるという考え方を示しています。個人の能力を伸ばし、その能力を最大限にいかす場として組織の体勢を整えていく方針を取っており、人材育成に注力することで、都庁という組織全体の成長を目指しているようです。

参考資料:※2

都庁のインターンシップ対策:実施内容

都庁の2015年に開催されたインターンシップについて、詳細や選考方法などをご紹介していきます。2015年の都庁のインターンシップは、長期コースと1日のみの短期コースの、2種類が実施されました。

  • インターン1:「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~
  • インターン2:「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015

都庁のインターン1:「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~の実施内容

  • 応募対象:就業体験を希望する大学生または大学院生(学年不問・その他要件は受入職場による)
  • 応募方法:募集終了につき、記載なし

都庁が2015年に開催した、長期型のインターンシップです。5日間~2週間にわたり、実際の現場に配属され、実際の仕事を体験することができます。都市づくりや環境、文化事業などを通して、都政を体験することで、都政がより身近な存在となります。

参考資料:※3

インターン採用日程

「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」の公式webサイトで公開されている採用日程・参考方法は以下のようになっています。

  1. 申し込み受付(2015年6月1日~6月15日)
  2. 書類選考(2015年6月16日~6月22日)
  3. 面接(2015年7月1日~3日)
  4. 実習生決定(2015年7月15日)

引用元:※3

インターン勤務情報

「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」の募集人数は、147名でした。実習生は、損害保険及び賠償責任保険に加入することが義務となっていたようです。

  • 勤務期間:
    • 開講式:2015年8月4日
    • 実習:2015年8月5日~8月18日のうち、各実習部署で定める5日間~2週間
    • 閉講式:2015年9月4日
  • 勤務時間:月曜~金曜日までの9時~5 時45分
  • 給与情報:無報酬
  • 勤務地:東京都庁第一本庁舎または第二本庁舎および各事業所等

引用元:※3

都庁のインターン2:「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015

  • 応募対象:東京都の仕事に関心のある大学生、大学院生及び既卒者
  • 応募方法:募集終了につき、記載なし

都庁が2015年に開催した、1dayタイプのインターンコースです。講演やグループワークを通し、東京都の福祉や防災、世界一の都市に向けての政索などを体験することができます。また、若手職員との座談会の機会も設けられており、都庁という職場の雰囲気などを把握することもできる内容となっています。

参考資料:※4

インターン採用日程

「「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015」の公式webサイトで公開されていた採用日程は、下記のようになっています。応募者多数の場合は抽選となります。

  1. 10月31日・11月3日開催分申込受付(2015年9月28日~10月19日)
  2. 参加決定通知(2015年10月23日)

引用元:※4

インターン勤務情報

こちらのコースは、2日間にわたって開催され、各日程とも午前の部と午後の部に分かれています。各部の定員は、225名程度とされています。

  • 勤務期間:
    • 2015年10月31日
    • 2015年11月3日
  • 勤務時間:
    • 午前の部:9時25分~12時30分
    • 午後の部:14時25分~17時30分
  • 給与情報:記載なし
  • 勤務地:都庁第一本庁舎5階大会議場

引用元:※4

都庁のインターンシップ対策:採用対策

東京都を支えている都政を体験することができる都庁のインターンシップ。日本の中心地を支え、そして発展させていく事業の体験というのは、とても貴重なものですよね。都政に興味がある方であれば、ぜひ参加したいものではないでしょうか?

では、都庁のインターンシップ生として採用されるには、どのようにすれば良いのでしょうか?選考方法や倍率などを元に、対策を考えていきましょう。

インターンの倍率を知る

都庁のインターンシップの倍率について、詳しい数字やデータは見当たりませんでした。

しかし、募集定員については、各コースのwebサイトに掲載されています。「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」に関しては、147名(※3)でした。一見、定員数が多い印象を受けますが、都庁の部署や局は種類が多いので、実際には各部署に数名ずつの配属と考えられます。

また、「「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015」の場合は、2日間の開催で午前・午後の部があります。各定員は225名(※4)前後とされているので、「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~」と比較すると、採用されるチャンスとしては、こちらのコースの方が可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、都庁のインターンシップは多くの学生に注目されており、人気も高いようです。いずれにしても、倍率はかなり高いと考えておきましょう。

ES対策

過去の都庁のインターンシップ際ようの際は、ESによる選考があったようです。その際の質問は、「インターンシップを通して成し遂げたい目標」や「志望動機・意気込み」など。質問としては、シンプルなものですね。

しかし、都庁の場合は、民間の企業とは体質が異なる組織の為、答え方には気を付けた方が良いでしょう。市民を始め、さまざまな企業や集団、組織と向き合って業務をする必要がある為、広い視野と各分野や業界への知識を駆使して回答することをおすすめします。また、特定の業界や団体が有利になるような、偏った意見にならないようにも注意すべきです。

参考資料:※5

面接/ディスカッション対策

過去のインターン参加者の体験談によると、都庁のインターンシップの面接は3人1組で実施されたそうです。その際のポイントは、他の2人の回答にも、よく耳を傾けること。そして、その回答について、自分はどう感じたのか、考えながら聞くようにしましょう。

また、上記でも述べたように、幅広い分野や業界に対する知識・興味が求められるのが都庁の業務なので、社会情勢や最新のニュース、各業界に関する研究などもしておき、どんな話題が出ても対応できるよう、あらかじめ対策しておくことをおすすめします。

参考資料:※6

都庁のインターンシップ対策で大切なのは誠実さ

いかがでしたでしょうか?今回は、2015年に実施された東京都庁のインターンシップについて、実施内容や選考方法、倍率などをご紹介しました。

都庁は、たくさんの人が暮らす東京都を支え、動かしていく組織です。東京は人口が多いだけでなく、企業や組織も密集している土地なので、都政が背負う責任は大変重いもの。それ故に、都庁が求める人材には、誠実さが求められると考えられます。

例えば、インターンシップに参加するために、各業界について必死に勉強するのも、誠実さの1つと言えるのではないでしょうか?自分がどれくらいの熱量でインターンシップの選考に参加しているのか、都庁への就職にどれ程の熱意があるのか、しっかり伝えて誠実さをアピールしましょう。

[参考資料・引用元]
※1「東京都公式ホームページ
※2「東京都職員採用
※3「「都政」を体験する ~都庁インターンシップ2015~
※4「「行政」の仕事を考える 1dayインターンシップ2015
※5「キャリアパーク!就活
※6「インターンシップ体験談 「都庁インターンシップ2009」

面接官が使ってる評価シートをプレゼント!

インターンシップの選考や、終活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 上記2つがわかる資料をこちらに用意しました。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。無料でダウンロードできます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)