IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】ネット広告業界の現状・動向・課題について

更新日:2022年09月13日

就活の業界・企業研究

2014年のインターネット広告(ネット広告)市場ははじめて1兆円を超え、それにともないたくさんの企業が参入しているのがこのネット広告業界になります。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

業界の現状

2014年のインターネット広告(ネット広告)市場ははじめて1兆円を超え、それにともないたくさんの企業が参入しているのがこのネット広告業界になります。

インターネットにはさまざまなポータルサイトがあります。ニュース、天気、メール、検索辞書など、たくさんのサービスを集約して見られるようにしたものがポータルサイトですが、その情報やサービスはすべて無料で利用することができます。

では、ポータルサイトはどこから利益を出すのでしょうか。 答えは、ネット広告で収益を得るとなります。

サイト上に四角い画像を表示する「バナー広告」、利用者が検索した単語に関連する宣伝を表示する「検索連動型広告」、SNSなどのタイムラインに動画広告を埋め込んで再生する「インフィード広告」などがそのネット広告の主なものです。

「デジタル・アドバタイジング」「サイバーエージェント」「バリューコマース」「セプティーニ」「オプト」といった企業がネット広告業界の大手企業と呼ばれています。

基本情報

  • 市場規模:1兆1594億円
  • 労働者数:4290人
  • 平均年齢:31.2歳
  • 平均勤続年数:3.7年
  • 平均年収:524万円

労働者数4290人、平均年齢31.2歳、平均勤続年数3.7年という数字から、ネット広告業界ができて間もない若い業界であることがわかります。そして、市場規模の大きさと労働者数の少なさは、ネット広告業界がその市場規模をさらに拡大させていくことが可能であることを示しています。

仕事内容

ネット広告と名前がついているので、電通や博報堂といった広告代理店が扱っている広告のようなイメージを持ってしまいがちですが、ネット広告業界の広告と広告業界の広告は大きく違います。

広告業界の広告の場合、CMやコピーライティングといった仕事が主要業務の一つになりますが、それはコミュニケーションデザインとかブランディングとかと呼ばれるもので、それはネット広告の領域では一切必要とされていません。

ネット広告とは、ビジネスの進化やデジタル化していく過程において、ネットにおけるダイレクトレスポンスや投資対効果をより向上させ、精度を上げたもののことをいいます。

つまり、その業務は広告の「効果改善」業務が中心となるということです。複雑な計算式とA/Bテスト、さらに統計的な分析に基づいた分析作業がその効果改善業務のメイン作業になります。A/Bテストとは、インターネットマーケティングで行われる、施策判断のための試験の総称のことで、要は、ランディングページAとランディングページBを用意して、どちらがより成果をあげるかを比較するということです。

次のページ:業界シェア上位3位

アクセスランキング