IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自動車ディーラーのブラック事情6選|3つの職種とは

初回公開日:2018年12月12日

更新日:2020年11月06日

記載されている内容は2018年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の業界・企業研究

世の中にはブラック企業と呼ばれる会社がかなりの数ありますが、その中で自動車ディーラーにもブラックなところが多くあります。自動車ディーラーには3つの職種があり、それぞれ仕事は分担していますが、どの職種にもブラックな部分があるのか詳しくご紹介します。

ブラックだと感じたらすぐに転職しよう

ブラックだと感じたらすぐに転職しよう
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com
この記事のまとめ
  • 自動車ディーラーは大きく分けて営業職・事務職・自動車整備職の3つ
  • 給料が安い・ノルマが多いなど、ブラックと感じる待遇や業務内容が多い
  • 自動車ディーラーから転職するならサービス業以外の業種を探そう!

勤めている自動車ディーラーがブラックと感じたら、自分を守るためにも早く手を打つ必要があります。 特に自動車ディーラーは、車が好きでなければ勤まる仕事ではなく、仮に車が好きであってもその企業姿勢が理不尽であれば、仕事を続けることは身も心も持たなくなります。 企業がブラックであるかどうかは、その人の捉え方一つですが、仕事によるストレスがたまるのであれば、間違いなくブラックといえるので早めに転職しましょう。 実は時間のかかる転職をスムーズに進めるために、まずは「マイナビエージェント」に在籍するキャリアアドバイザーに相談してみましょう。あなたの条件に合う企業探しから、面接対策までさまざまなサポートをしてくれます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

自動車は、高額な買い物なので営業するのも非常に困難を極める仕事です。またどのように営業してよいのか壁にぶつかっている方も多いでしょう。 そんな時にはユーザー目線に立って、関連記事の情報をチェックしてみましょう。意外なところにヒントが隠されている可能性があります。

関連タグ

アクセスランキング