IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文系学生におすすめの営業以外の職業5つ|営業になりやすい理由

初回公開日:2018年12月12日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の業界・企業研究

文系の学部を出た社会人で営業に所属された人の中で、仕事が合わないと感じ、転職したい人は一定数います。この記事では、文系卒で営業から他の職業に転職したい人のために、文系出身者の営業以外でおすすめの職業や、営業以外の仕事に転職するために役立つ情報を紹介します。

公務員には国家公務員と地方公務員があります。国民や住人のために働くことにやりがいを感じる人、調整力やコミュニケーション能力に秀でている人が公務員に向いています。 試験は一般教養、専門科目、論文、面接の4つからなり、専門科目は法律や経済、行政に関する問題が多く出題されるため、法学部と経済学部出身者が合格しやすいです。一般教養は範囲が広いので、数的処理など出題数が多い科目を中心に勉強するといいでしょう。

文系におすすめの職業を参考にしよう

この記事のまとめ
  • 事務職の中で営業職の割合が多いことから文系学生は営業に回されやすい
  • 専門性の高い職業や、やりがいのある仕事も努力次第で就職可能
  • 営業以外の職業に確実に就きたい人はプロのキャリアアドバイザー相談しよう

いかかでしたか。この記事では、文系だけど営業職以外の職業につきたいという人のために、文系におすすめの職業や目指し方を紹介していきました。理系出身者ではなくても努力次第で専門性の高い職業ややりがいのある仕事をすることが可能だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 この記事を参考にして、ぜひ自分に合った、就職・転職を成功させましょう。実際の求人探しは、「マイナビエージェント」を活用しましょう。

この記事に関連する情報をチェックしよう!

この記事に関連する、より良い就職・転職のために有利な情報を紹介します。就職・転職に有利な資格や、企業が求めている人材の研究、自分の出身大学や学部が得意とする就職先などをチェックすることで、より自分に合った条件の良い就職・転職を成功させましょう。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング