IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文系学生におすすめの営業以外の職業5つ|営業になりやすい理由

初回公開日:2018年12月12日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の業界・企業研究

文系の学部を出た社会人で営業に所属された人の中で、仕事が合わないと感じ、転職したい人は一定数います。この記事では、文系卒で営業から他の職業に転職したい人のために、文系出身者の営業以外でおすすめの職業や、営業以外の仕事に転職するために役立つ情報を紹介します。

1分でわかるこの記事の要約
  • 事務職の中で営業職の割合が多いことから文系学生は営業に回されやすい
  • 専門性の高い職業や、やりがいのある仕事も努力次第で就職可能
  • 営業以外の職業に確実に就きたい人はプロのキャリアアドバイザー相談しよう

文系学生は事務職に就職する人が多く、その中の多くは営業職に配属される割合が多いとされています。営業以外の職種で就職したいと思っている方は、早めに資格やスキルを身に付けておくことをおすすめします。 営業職以外の求人もたくさんありますので、文系学生に向いている求人があるか転職エージェントに相談してみるのも一つの手でしょう。転職エージェント選びに悩んだら「マイナビエージェント」がおすすめです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

文系の学生は営業に配属されやすい?

民間企業における職種は大きく分けて事務職と研究職の2種類に分類されます。研究職は専門の分野を学んできた理系の学生が採用され、文系の学生は事務職に採用されます。そして、多くの文系の学生が、初めは事務職のうち営業に配属され、その割合は全体の約70%と言われています。

営業に配属されやすい理由

文系の学生が営業に配属されやすい理由として、事務職の中での営業職の割合が多いことが挙げられます。また、営業職がビジネスマナーや会社の事業内容を理解するのに適しているため、営業職での経験が、将来他の部署に異動したとしても役立つために、初めは営業職で採用されるということも多いです。

文系におすすめの営業以外の職業6つ

顧客との商談、受注、納品をし、会社の売り上げに貢献するのが、営業職の仕事です。実績を上げれば昇給や収入に直結しやりがいがある一方で、結果が出せないときのストレスは大きく、ノルマやクレーム対応で心身共に負荷がかかりやすい職業といえます。 ここでは、営業職が向いていないと感じる学生や、営業職から他の仕事に転職したい人のために、文系学生や文系出身者が目指しやすい営業職以外の仕事6つを紹介します。

職業1:経理

経理職は、決算、税務申告から資産管理まで、会社全般のお金にかかわる仕事です。文系のうち商学部、経営学部、経済学部の出身者は、経営学や簿記論など学んだことが生かせますし、実務も身に付きやすいでしょう。 経理職は社内外の人と円滑なコミュニケーションが必要ですので、営業で培った、コミュニケーション力を生かせます。転職の際には、簿記の資格を取得したり、経理や財務の専門書で勉強している努力を伝えましょう。

職業2:広報

広報は、商品やサービスを世間に広める仕事です。メディア媒体へ情報提供や自社メディアの情報発信、イベントの企画・運営などをします。営業から広報への転職は、顧客と向き合ってきた経験、消費者のニーズを意識してきたことをアピールしましょう。 文系のどの学部で学んだかに限らず、普段からSNSを使用していれば、知識を生かせるでしょう。また、同じ業界への転職であれば、商品・サービスに詳しいことから転職に有利です。

職業3:人事

人事は、社員の配置転換、採用、研修教育を担当する職業です。人と向き合う職業ですので、コミュニケーション力、交渉力や、求職者に自社の魅力を伝える力、聞く力が営業と共通しているスキルです。人材採用業務では、採用数を目標に達成することが重要なため、営業での目標達成の実績がアピールできます。 社員研修や教育も業務の一環ですので、文系の教育学部出身者は人事職での社員研修や教育が学んだことを生かせる分野です。

関連タグ

アクセスランキング