IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フォロバの意味と使い方・フォロバが使われているSNS

言葉の意味

皆さんは「フォロバ」という言葉をご存知ですか。SNSをする方にはなじみ深い言葉ですが、興味はあってもよく知らない方もいるでしょう。ここはそんな方に向けた「フォロバ」の意味や使い方について説明した記事です。興味のある方はぜひ読んでみてください。

更新日時:

フォロバの意味を考えよう

フォロバの意味を考えよう

皆さんは「フォロバ」という言葉をご存知ですか。 SNSやインターネットをやられる方は知っていて当然の言葉でしょう。しかし、なかにはよく知らないという方や聞いたことはあっても意味がわからない、という方もいるでしょう。 ここではそんな方に向けて、フォロバの意味やどのような場面で使う言葉なのか、などについて説明していきます。

フォロバの意味と使い方

フォロバの意味と使い方

それではまず、フォロバの意味と使い方についてです。 まったく意味を知らない方はもちろん、普段何気なく使っている方でも詳しい意味はよく知らないという方もいるのではないでしょうか。ここではそんなフォロバの意味について詳しく説明していきます。 それでは一緒に一つ一つ確認していきましょう。

後述しますが、フォロバはそもそも略語です。フォロバの意味を知るにはまずはフォローという言葉を知る必要があります。 それではフォローとは一体何でしょうか。 言葉としては、足りないものを補うという意味です。また、物事を追って支え続けるなどの意味もあります。しかし、SNSでは意味合いが少し違います。 SNSでのフォローとは、主に他人の投稿などを自分のページで見られるようにすることをいいます。ツイッターの場合でいえば、フォローをすることによって相手のツイートが自分のタイムラインにも流れてきます。鍵付きのアカウントなどもフォローリクエストをすることによって見られるようになります。 要は、興味を持った相手の投稿が自分のページからいつでも見られるようになる機能のことです。

フォローバック

それでは「フォロバ」とはなんの略で、正式名称はなんなのでしょうか。 答えは「フォローバック」です。 フォローされた相手に自分もフォローを返すことをいいます。最初に自分からフォローをした場合は、相手からフォローを返されるとフォロバになります。

FollowBack

英語の場合は「FollowBack」が正式名称です。 日本語と意味は一緒ですが、このハッシュタグがついているツイートの場合「フォローしたらこちらも必ずフォローする」という意味が含まれています。そんなつもりなかったという方は注意しましょう。

フォロー返しという意味

フォロバの意味について大体理解できたでしょうか。 気をつけないといけない点として、確かに「フォロバ」は「フォロー返し」という意味ですが、必ずしも強制的なものではないということです。なかにはフォローしたのだから返して欲しいという方もいるでしょう。 しかし、本来フォロバは「自分もフォローして相手の投稿が見たい」と思った場合にする行為です。こちらも返さないと悪いかな、という気乗りしない気持ちでフォロバしても後悔するだけです。フォローを返さないことよりフォローを外す方が気まずいのではないでしょうか。また、逆に義理でフォロバされてもあまり嬉しくはないのではないでしょうか。 フォロバ自体はどんどんやって楽しくSNSを利用できれば良いですが、強制的な意味はないということだけ覚えておきましょう。

フォロバが使用される場所とその意味とは?

フォロバが使用される場所とその意味とは?

それでは次に、フォロバが使用される場所についてです。 フォロバという言葉はさまざまなSNSで使用されていて、SNSでは欠かせない言葉です。しかし、どのような場所で使われているのか、またそれぞれの意味について違いがあるのか、よくわからないという方も実は結構いらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、ここからはフォロバが使われている主な場所について紹介していきます。

ツイッター

ツイッター

まずは、ツイッターです。 ツイッターとはアメリカに本社を置く有名なSNSです。英語で「twitter」と書き、ツイートと呼ばれる140文字以内のメッセージや画像などが投稿できます。ちなみに海外では280文字以内となります。ミニブログのようなもので、日々のちょっとしたことなどを自由に呟くことができます。 フォロバが使用される場所としてはかなりポピュラーで日本でもかなり普及しています。「フォロバ」と聞くとツイッターを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

インスタ

インスタ

次に、インスタです。 正式名称は「インスタグラム」で、英語では「Instagram」と書きます。無料の写真共有アプリとして有名で、芸能人などもよく利用しています。ツイッターと比較されがちですが、こちらは主に写真を投稿するためのサービスです。また、スマホでの投稿に特化したアプリで手軽にすぐに投稿することができます。 インスタでもツイッターなどと同じくフォロバ機能があります。また、意味合いもほぼ一緒です。違いといえばリツイートなどの拡散機能がなく、投稿が広まりにくいことです。ハッシュタグなどを積極的につけて、検索してもらいやすくする必要があります。

フェイスブック

フェイスブック

次に、フェイスブックです。 英語では「Facebook」と書かれ「FB」と略されたりもします。世界最大のSNSだといわれており、世界で最も多くの登録者数を誇るサービスです。特徴としては実名登録制な点です。主にビジネスシーンで使用されることが多く、利用者の年齢層も比較的高めです。 フェイスブックには「フォロー」のほかに、上記のSNSと違う部分として「友達」というものがあります。「友達」とは友達申請をした場合で、フォローも同時に行われます。フォローの場合はボタンを押すだけです。 このような機能の違いはありますが、フォロバに関しては特に意味に違いはありません。

ツイキャス

次に、ツイキャスです。 正式名称は「ツイットキャスティング」で、英語では「TwitCasting」と書きます。パソコンやスマホから手軽にライブ配信ができるサービスで、個人の他にも芸能人や企業などでもよく配信利用されています。 名前で誤解される方もいますが、Twitter社とは特に関係ありません。ただし、アカウントで同期させて登録することなどができますので両方使用している方も多いでしょう。ちなみにインスタやフェイスブックなどでも同期が可能です。 ツイキャスの場合はツイッターと連結しているので、フォロバはツイッターからということになります。ですので意味はツイッターと一緒です。

プロフィール

フォロバはプロフィールにもよく使われます。 特に、ツイッターアカウントでプロフィールを作成できるツイフィールなどのサービスは、ツイッターと連動しているためよく使われています。また、ブログなどでもSNSのアイコンを表示してフォロバする機能があるため、今やプロフィールには欠かせないものと言えるでしょう。

つぶやき

また、今は上記以外にもさまざまなつぶやきアプリがあります。 なかにはフォロー機能のない閉じられたアプリもありますので、必然的にフォロバもなくなります。似たような代替機能もありますが、上記SNSと比べるとやはりまだあまり普及はしていないでしょう。 しかし、あまりに開けたSNSが多い昨今ではそういう閉じた空間で呟きたい方も多くいるでしょう。フォローやフォロバに疲れた方は、そういったニッチなつぶやきアプリを探してみるのも良いのではないでしょうか。

フォロバと同じように使われる略語とその意味とは?

フォロバと同じように使われる略語とその意味とは?

次に、フォロバと同じようにSNSで使われる略語について見ていきましょう。 ネット上には略語がさまざまあります。SNSでは特にさまざまな言葉が略されて使用されることが多いです。正式名が長い場合はもちろんですが、略すほどでもない言葉も多々ありますので初見の方には理解できない言葉も多いでしょう。 ここではそんな初心者の方に向けて、よく使われる略語について説明していきます。

フォロー

まず、「フォロー」についてです。 意味については上述したとおりで、英語では「Follow」と書きます。この言葉単体では略したりはしませんが、ほかの意味も合わせて略されることはよくあります。 たとえば「FRB」です。これは「フォロー」「リムーブ」「ブロック」全て含めている意味として使われます。このように、フォローの場合は単体ではあまり略されることはないですが、ほかの単語と組み合わせて使う場合は略されることが多いといえるでしょう。

リフォロー

次に、「リフォロー」についてです。 略語というわけではありませんが間違いやすい言葉ですし、フォロバと似た意味も含まれているので最初にご紹介します。実際、フォロバと同じ意味だと思っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、実は少し違います。フォロバは「フォローを返す」という意味ですが、リフォローは「一度外したフォローをもう一度する」という意味です。混同して使用される方も多いのですが、一応頭の片隅にでも覚えておきましょう。

リプ

次に、「リプ」についてです。 正式名称は「リプライ」で、英語では「Reply」と書きます。意味は「返信」です。ツイッターでいうと、ツイートにコメントを付けることなどを言います。似たような意味で「メンション」というものもありますが、こちらはフォロワーのタイムラインにもやりとりが表示されます。 リプにはほかにもさまざまな種類があり、さまざまな略し方をされています。たとえば「空リプ」「空中リプ」「巻き込みリプ」などです。興味のある方はほかの略語の意味も調べてみてはいかがでしょうか。

リム

次に、「リム」についてです。 主に「リムる」などという使われ方をします。そもそも「リム」とは「リムーブ」の略語で、英語では「Remove」と書きます。意味としてはフォローを外すことです。 本来は「相手からのフォローを解除する」という意味なのですが、今では「フォローを解除する(される)」という意味が浸透しました。「アンフォロー」という名称もありますが「リムる」の方が言いやすいという理由もあるのでしょう。

ブロ解

次に、「ブロ解」についてです。 ツイッターでよく見られる記述ですが、「ブロック」と「ブロック解除」を合わせて略した言葉です。ブロックしたあとにそのブロックをすぐに解除するということです。 ちなみになぜこんなことをするのかといいますと、相手のフォローを外すためです。自分から外す場合はフォローを解除すれば良いだけですが、相手のフォローも解除したいという場合に使います。ブロックをすると相手のフォローが外れるためです。相互フォローの場合は特に「フォローを外す際はブロ解で」という方が多いです。 また、すぐにブロックを解除する理由の一つとしては、ブロックだけされると凍結の恐れがあるためです。大量のアカウントにブロックされると凍結リスクがでてきますので、すぐに解除して欲しいという理由もあります。

フォロバをしよう

フォロバをしよう

ここまでフォロバの意味や使い方などについてさまざま説明してきましたが、いかがだったでしょうか。 説明されるまでもなく知っていたよ、という方やこの記事で初めて知った、という方もいるでしょう。主にSNS初心者の方に向けて説明してきましたが、そうでない方にも確認の意味も込めて見ていただけたら幸いです。 もしかするとまだいまいちピンときていない、という方もいるのではないでしょうか。しかし、実際に利用してみることによって理解できるようになりますので、とにかく一度やってみることをおすすめします。 いきなりは不安という方もいるでしょう。しかし、誰でも最初は初心者です。たとえ間違ったことをしてしまったとしても、恥ずかしいことではありません。SNSは慣れるととても楽しいコミュニケーションツールです。 ぜひあなたもSNSに触れ、積極的にフォローやフォロバをしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング