IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストレンジの意味と使い方・ストレンジャーの意味|外国人

初回公開日:2018年04月17日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年04月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「ストレンジ」とはどういう意味があり、具体的にどう使うのかという疑問について説明しています。「ストレンジ」を日本語にすると類語が多数でてきますが、すべて「ストレンジ」と表現することが正しいのかということについても説明し、適切な英語表現を紹介しています。

「ストレンジ」の意味とは?

日本語として耳にする「ストレンジ」は、英単語の「strange」からきています。ここでは、日本語の「ストレンジ」での主な2つの意味をみていきましょう。 「ストレンジ」の具体的な使い方については、後半で説明しているので、参考にしてください。

「ストレンジ」の意味:風変り

ストレンジは、風変りを意味する言葉です。普通とは一風変わっているというニュアンスが含まれています。普段見慣れているものとは少し異なるということで、意味がわからない不可思議さなどとは少し意味が異なるので注意しましょう。

「ストレンジ」の意味:奇妙

ストレンジには、奇妙という意味もあります。理由がつかない不可思議な状況をみたときにストレンジを使えます。

「風変り」と「奇妙」の違いは?

「ストレンジ」の主な意味である「風変り」と「奇妙」という単語についてみてきました。2つの意味を見比べてみると、これらの意味は同じなのではないかという疑問が生まれてくるでしょう。「風変り」と「奇妙」は一見すると同じ意味のように思えますが、それぞれ言葉のニュアンスが異なります。 「風変り」とは、「一風変わっている」ということを表します。つまり、「普通のものよりも少し変わっている」というニュアンスになります。 しかし、「奇妙」とは、「普通のものと変わっている、異なっている」という点では「風変り」と同じ意味を持ちますが、そのニュアンスは「非常で、合理的な説明がつかない珍しいこと」という「特別な異なり方」という意味合いが含まれています。

「ストレンジ」の綴りは?

日本語として耳にする「ストレンジ」は、英単語の「strange」からきているので、綴りは記載のとおりになります。 日本語では「ストレンジ」と表記されることがあり、そのまま「ストレンジ」と発音することが多いですが、実際の英単語の「strange」の発音とは少し違います。英単語には発音記号というものがあり、「strange」の発音記号は「stréɪndʒ」と表記され、実際は「ストレインジ」と発音するほうが正しいといえます。

英単語「strange」の意味

strangeは形容詞で意味は変な、不思議なという意味になります。「strange」の発音は発音記号で「stréɪndʒ」と表記され、「ストレインジ」と発音することが最も近くなります。カタカナ表記を日本語の発音で読むものと、英語での発音で読むものはでは聞こえ方が異なるので注意しましょう。

「ストレンジ」の類語

日本語として耳にする「ストレンジ」は、英単語の「strange」からきていると説明していました。そのため、「ストレンジ」の意味である「風変り」や「奇妙」という意味について、日本語での類語は多数存在しますが、その意味すべてが「ストレンジ」と表現できるわけではありません。 では、それぞれの類語がどのような意味なのか、また英語表現する場合にはどのような表現が適切なのかを見ていきましょう。

珍奇

珍奇とは、奇妙なものという意味合いです。英語ではなく、Inexplicableという単語を使って表現することができます。この単語は、形容詞で、説明しがたいことというような意味になります。 「Inexplicable」の発音は発音記号で「ìneksplíkəbl」と表記され、「インエクスプリケブル」と発音することが最も近くなります。カタカナ表記を日本語の発音で読むものと、英語での発音で読むものとでは聞こえ方が異なります。

異常

関連タグ

アクセスランキング