IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ボーダーラインの意味と使い方・センター試験のボーダーライン

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「ボーダーラインの意味と使い方」と題して、「ボーダーライン」という言葉の意味や使い方、またさまざまな分野での用例などを多角的な視点からご紹介します。「ボーダーライン」とは果して、「境界」という意味だけを持つのでしょうか。

更新日時:

「ボーダーライン」という言葉の意味

「ボーダーライン」の意味は「境界線」や「何かと何かとの境目」、また「特定の区切り」や「あらかじめ決められていた線決め」などを言い、これらの意味合いをもって「どっちつかずの状態」を表す場合にも使われます。

「ボーダーライン」の意味にある「境界線」

「ボーダーライン」の意味で最も使われやすいのは「境界線」の意味合いで、たとえば合否を分けるライン(基準)や締め切りなど、特定の目的へ向けて行なわれることの分岐点を示す内容が認められます。 またスポーツ界でも「ボーダーライン」の意味は使われ、味方チームのフィールドと相手チームのフィールドとの境目や、ゲームの機能が活用される地点とそれ以外の地点とを分ける「コートライン」にも見受けられます。

「ボーダーライン」の意味にある「もの事の堺あたり」

この「境目あたり」について言う場合も「境界線」と同じ意味合いになりますが、特に大学入試で見られるセンター入試の足切り点(合否を分ける点数の境目)や、普通に学期ごとの試験で見られる「合格点と赤点との境目になる点数」を決める際に、この「ボーダーライン」の意味は活用されます。 つまりこの場合の「ボーダーライン」が意味するのは「合格するために取らなければならない最低点」のことで、入試難易度や成績基準、またその年度の偏差値推計を算出するための1つの指標とされる場合が多くあります。

「ボーダーライン」のスペルとその意味

「ボーダーライン」という言葉は外来語であり、もともと英語であるため、その言葉のスペルもしっかり覚えておきましょう。この「ボーダーライン」の意味を表す英単語は実に多くあり、「境目」や「境界」、また「国境」を表す単語は、それぞれ別の単語で表現される場合があります。 「ボーダーライン」そのものを英語で表記すると「borderline」や「border line」となり、他にも「boundary」や「end」、さらに単純に「line」や「partition」などとも表記されます。 【「ボーダーライン」の意味を表す他の単語と意味】 ・section(区画) ・division(区分け) ・compartment(仕切り) ・verge(際《きわ》) ・mete(領域) 「ボーダーライン」の意味合いをいろいろ示す際には、このように他の単語でも表記されます。

「border LINE」が「ボーダーライン」の意味を示すのに最適

先述でいろいろな英語表記での「ボーダーライン」をご紹介しましたが、やはり単純に「ボーダーライン」という言葉の意味を表現する場合にはこの「border line」が最も使われます。 英語では1つの単語にさまざまな意味合いが含まれますので、主に「それ」と特定した内容について言うときには「それ以外に派生しない(連想させない)表現」が最も適する表現になります。 この「ボーダーライン(境界線)」に最も近い英単語としては「boundary」があげられ、何かについて書かれた文章で「ボーダーライン」というその意味だけを表現する際には、「border line」かこの「boundary」を使用するとよいでしょう。

「ボーダーライン」の類義語とその意味

日本語や外国語を問わず、どの国の言葉にもそれぞれに類義語や対義語がありますので、1つの言葉を覚える際にはこの類義語や対義語もワンセットで覚えておくとよいでしょう。 【「ボーダーライン」の類義語とその意味】 ・境界 ・セグメント(分けられた物の一部) ・端 ・領域 ・限界 ・国境 ・地区 ・区画 ・区域 ・区分け ・仕切り ・仕分け ・分割 ・瀬戸際 ・デッドライン(締め切り) ・エッジ(きわめて端の方) これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「それ以上ない領域」や「境界線や区切り」を表す意味合いが含まれます。

「ボーダーライン」の意味にある「境目」

「境目(さかいめ)」という言葉の意味は「土地や空間の境界線」のことを言い、AとBという主権者がいた場合、そのAの土地や空間とBの土地や空間とを、ある取り決めや公の法律などによって分割することを指します。 また「物ごとの境目」を言う場合は、その「境目」をつける人の主観によって変わってしまうこともあるため、一般的に「ここが基準点」として分けることにはむずかしさがあります。

「ボーダーライン」の意味にある「国境」

「国境」という言葉の意味は「隣接し合う国同士それぞれの領域を、あらかじめ法律で取り決めた区切りによって得られる所有地」を言い、陸続きの国境である場合はその河川や山が両国にまたがることもあるため、その際でも河川や山の面積や体積を巡って所有地が決められます。 一般的にこの「ボーダーライン(国境)」は領空や領海などでも普通に使用され、他国がその空と海の所有国に侵入することは国際法違反となるため、必ずその行動を働いた国には必ずそれなりの罰則が与えられます。

「ボーダーライン」の意味にある「エッジ」

「エッジ(edge)」の意味は主に「橋」や「きわめて端の方にある点」を言い、その「端にある地点」という意味合いから「境界線」や「物ごとの限界」といった「それ以上ない地点や空間」に当てられた意味合いを持ちます。 「ボーダーライン」の意味合いは主に「境界線」を示すことから、この「エッジ」の意味と比較する場合、「それ以上ない地点」を指す意味はこの「ボーダーライン」の意味には含まれないため、両者間の境界や、2つ以上がつながった物を分割する形で図る区分けについて言う場合は、「エッジ」は使わず「ボーダーライン」の意味がそのまま使われます。

「センター試験ボーダーライン」の意味とはなにか

大学入試と同時期に行なわれるセンター試験ですが、このセンター試験では「ボーダーライン」というシステムがあらかじめ用意され、その意味は「足切り点」を指す言葉であり、「合格点と不合格点の境界となる点数」を意味します。 この合否を分ける境界の点数を基準にし、たとえばその年度の偏差値推計が算出され、各大学の入試難易度や学術レベルがそのまま図られます。 【簡単な「センター試験ボーダーライン」の意味】 ・合格点が60点であれば偏差値も60 ・合格点が40点以下であればいわゆる「フリーランク」 ごく簡単に言えばこのように、ボーダーライン(合格点)が高ければ高いほど入試難易度も上がることになります。たとえば「合格点が60点」というのを合格率に表す場合、「4割が合格し、6割が不合格する」という換算になります。

「ボーダーライン」の合格確率が50%の地点である意味

先述の「ボーダーライン」の意味合いから見て「合格確率が50%」であることは、「合格率が50%」となるため、不合格の確立も50%となります。絶対比(換算する絶対値の指標)が0/100点であることから、算出された合格点や合格率はそのまま100分率計算で行なわれます。

「ボーダーライン」の使い方と意味

「ボーダーライン」という言葉は外来語ですが、どの国の言葉も実際に使ってみて初めて覚えられます。そのため日本語でも外国語でも、「自分の言葉として使うこと」は大切で、どんな例文でもよいので、自分で例文などを工夫して実際に使うクセを身につけて下さい。

「ボーダーライン」の例「レギュラーをとれるボーダーラインの成績」

「レギュラー」とあることからスポーツ界で常用される言葉であるのがわかりますが、バスケットボールやサッカー、また野球などで扱われる「レギュラーをとれるボーダーライン」というのは、そのまま各スポーツでの成績や実績などに影響されます。 得点率だったり、パスの成功の多さであったり、打率だったりタイムリーの活躍実績だったりと、実際にそのスポーツをしていてスコア(記録)に記される個別の成績によってこの「ボーダーラインの成績」が認められる場合があります。 またスポーツ特待生などは、受験時の各教科の取得点数だったり、入学後の授業出席日数や学期ごとの試験の点数、さらにクラブ活動や課外活動への出席日数やイベントの参加時間数なども、この「ボーダーラインの成績」に含まれることがあります。

ボーダーライン上の複数名の中から選ぶ

先述の続きのようになりますが、レギュラーを取得するために「あらかじめ決められた合格ライン」がある場合、その合格ラインとして認められる「合格点」に到達しておかなければレギュラーは取れません。 たとえば「1ゲームで10点以上取った者は文句なくレギュラー、それ以下は3点以上取った者を基準にして、昇順でレギュラー確保者を決めていく」といった「得点率の高い者から順番にレギュラーに選ばれる場合」もあります。

「ボーダーライン」という言葉の意味や用法をしっかり把握しましょう

いかがでしたか。今回は「ボーダーラインの意味と使い方」と題して、「ボーダーライン」という言葉の意味や使い方について、さまざまな分野からご紹介しました。 外来語が非常に増えてきた現代の日本において、その外来語を覚える際には「その言葉の成り立ちや生い立ち、またその意味合いがどの分野でどのように扱われているか」といった詳細な言葉の覚え方が必要になります。 義務教育で日本語を覚えるときでも、その語句・言葉の成り立ちから学ぶことがされているように、その「言葉の覚え方や学び方」はどんな場合でも変わりません。そして覚えたら「実際にその言葉を使ってみること」が大切で、その反復によって言葉はさらに深く学ぶことができます。

関連タグ

アクセスランキング