IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「大変ありがとうございます」の意味と使い方・敬語・ビジネス

敬語

「大変ありがとうございます」の意味と使い方とはどのようなものでしょう。特にビジネスにおける「大変ありがとうございます」の使用について気になる人は多いと思います。そここで、「大変ありがとうございます」の使い方について記事にしてみたので、参考にしてみて下さい。

更新日時:

「大変ありがとうございます」の意味と使い方

「大変ありがとうございます」の意味と使い方

普段から使用する「大変ありがとうございます」の意味は、「本当にありがとうございます」と言った意味です。普通に「ありがとうございます」と言った場合と比べて気持ちをこめて「ありがとうございます」を言いたい時に使用します。 また、使い方としては、どのような状況で使用するかが大切です。例えば、電話や来訪された時に「大変ありがとうございます」と使用します。実際に使用する時は、「大変ありがとうございます」だけではなくて、他の言葉も一緒に言う事で、より上手な表現となります。 具体的には、「わざわざ遠いところ、来訪していただき大変ありがとうございます」となります。

どのような場面で「大変ありがとうございます」を使うか

会社などで、遠くから来訪された方に対して「大変ありがとうございます」と使用したりします。あまり使用頻度を多くないですが、気の利いた言葉を相手に言いたい時に使用するのが、「大変ありがとうございます」です。 これを聞いた側の人で嫌な気持ちになる人はほとんどいないでしょう。日本人は平素からこのように相手に感謝する言葉を使うことが習慣になっているので、タイミングを見て「大変ありがとうございます」を使いましょう。 また、自分が逆の立場で今「大変ありがとうございます」と言われたらうれしく思う時は、使って良いです。

「大変ありがとうございます」と「誠にありがとうございます」の違い

「大変ありがとうございます」と「誠にありがとうございます」の違い

「大変ありがとうございます」と「誠にありがとうございます」との違いとはどのようなものでしょう。考えてみればほとんど意味の違いはないでしょう。「誠にありがとうございます」の方が一般的に使用されている言葉ではあります。 ですが、「大変ありがとうございます」という言葉が違和感のある言葉だという事もないです。このあたりは使用頻度として、「大変ありがとうございます」の方が頻繁に使用するだけの話しでしょう。 使い分けを考えると、緊張感のあるような時に使用するのは、「誠にありがとうございます」で良いです。それに対して、「大変ありがとうございます」は少しくだけた表現となります。

「大変ありがとうございます」の敬語

「大変ありがとうございます」の敬語

「大変ありがとうございます」の敬語は、「誠にありがとうございます」となります。これは、もしも逆の使い方をしてしまっても、あまり問題になることはないです。あくまでも敬語としては、「誠にありがとうございます」となり、目上の人に対して使用する時にはこちらを使いましょう。 そのため、ビジネスなどで用いる機会の多いのも「誠にありがとうございます」となります。この言葉は使い慣れると無意識にでも使えるとても便利な言葉ですので、慣れない人も使ってみるのがおすすめです。 仕事などで、「誠にありがとうございます」は、色々な場面で使用できるのと、聞いていて相手も気持ちが良いものです。

ビジネスでの「大変ありがとうございます」の使い方

ビジネスでの「大変ありがとうございます」の使い方

ビジネスにおいて「大変ありがとうございます」という表現はかなり使用する機会があります。使用例としては、「先日は、弊社で打ち合わせに出席していただきまして大変ありがとうございます」などとメールで送信したりします。 使用する機会はとても多くて、ビジネスではある意味当たり前のように使用されています。その他では、電話などで提携先と話しをしている時に「わざわざお電話大変ありがとうございます」と言ったりします。 発言していて違和感がないのと、相手に自分の気持ちを伝えるために使用する事が多いでしょう。

「大変ありがとうございます」を頻繁に使うとどうなるか

「大変ありがとうございます」を頻繁に使用すると多少変な感じが残ります。考えてみれば、「大変ありがとうございます」とは、人に自分の感謝の気持ちを伝えるために使いますが、それが頻繁に使用すると感謝の気持ちも伝わりにくくなります。 このような事にならないためにも、普段から本当に必要な時に「大変ありがとうございます」と言うようにしましょう。そうすることで、相手にもスムーズに自分の感謝の気持ちを伝えることができます。 また、「大変ありがとうございます」を使用する時は、相手にしっかり一回で伝わるようにはっきりとした口調で言うと、大変伝わりやすいです。

「大変ありがとうございます」の正しい使い方

「大変ありがとうございます」の正しい使い方

「大変ありがとうございます」の正しい使い方としては、なぜ相手に自分の感謝の気持ちを伝えたいのかがポイントとなります。その気持ちも伝えるのに必要であると感じれば「大変ありがとうございます」という言葉は、有効でしょう。 逆にあまり必要でない場面で「大変ありがとうございます」と言っても意味がないです。場合によっては、相手になぜこの人は「ありがとうございます」と言っているのかと思われてしまいます。 せっかくの会話なので、お互い気持ちよく話しを終えることができれば、なお良いです。そうするためにも、どの場面で「大変ありがとうございます」を使用するか決めておくのも良いでしょう。

「大変ありがとうございます」を使うタイミング

「大変ありがとうございます」を使うタイミングは人によって違います。使うタイミングのポイントとしては、話しの後半あたりで相手に感謝の気持ちを伝えたいと思う時に、タイミングを見て言うようにすると良いでしょう。 感謝する必要のないタイミングで「大変ありがとうございます」と言われても、何を言っているのか分かりません。効果的に「大変ありがとうございます」を使用できれば、ビジネスなどにおいては、とても感じの良い人であると思ってもらえます。 特に営業などでは、このような印象を持ってもらうことが売り上げにつながったりするのでとても大切なことです。

「大変ありがとうございます」という言い方はおかしいのか

「大変ありがとうございます」という言い方はおかしいのか

「大変ありがとうございます」という言い方はおかしいことはありません。ただし、「誠にありがとうございます」と比べた場合に、使用する機会が少ないのは事実です。 また、厳密に考えてみても正しい日本語なのですが理解しない人もいるので、話している相手によって変わってくるところもあります。「誠にありがとうございます」とは、言い方が違いますが、およそ同じような意味で仕事などでは使用します。 また、もしもどちらの言葉を使えばよいか迷った時は、「誠にありがとうございます」を使用するようにすれば問題ないでしょう。

メールでの「大変ありがとうございます」の使い方

メールでの「大変ありがとうございます」の使い方

メールで「大変ありがとうございます」を使用する時は、文章の終わりの方で使用すると良いです。また、使用回数としてはメールであるので一回くらいで良いです。あまりたくさん使用すると逆に目立ってしまいます。 「大変ありがとうございます」は、メールで記載した内容について感謝の気持ちを最後の文章で言いたい時に使用するのが普通です。このような使用の仕方であれば、何も違和感はないでしょう。 もちろん、必要に応じて文章のはじめの方で「大変ありがとうございます」と使用する時もあります。このあたりは柔軟に対応しておけば問題ないです。

「大変ありがとうございます」という言い方は変なのか

「大変ありがとうございます」という言い方は変なのか

「大変ありがとうございます」という言い方は変ではないです。ですが、あまり使用しない言葉でもあるので、変に思えるだけでしょう。日本語として考えた場合「大変ありがとうございます」という表現は、一般的な言葉です。 大切なことは、「大変ありがとうございます」という言葉の意味をしっかりと理解しておくことです。そうすれば、「誠にありがとうございます」との違いについても分かっているので、しっかりとした使い分けができるでしょう。

「大変ありがとうございます」の上手な使い方

「大変ありがとうございます」の上手な使い方

普段何気なく使っている「大変ありがとうございます」ですが、どのように使ったら上手に使うことができるのでしょう。一つとしては、相手の立場に立って考えて、使用することでお互い気持ちの良いコミュニケーションがとれます。 「大変ありがとうございます」とは、感謝の気持ちを伝えるためのものなので、相手の聞くタイミングによってどのようにとらえるかは変わってきます。そのため、自分の気持ちに正直になってタイミング良く「大変ありがとうございます」を使えば、とても良い言葉の使い方となります。 また、相手により強調して自分の感謝の気持ちを伝えたい時は、複数回「大変ありがとうございます」を使用しても良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング