IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

楽しみですの敬語・丁寧語・類語・社交辞令なのか・返しの言葉

敬語

「楽しみです」という言葉は普段よく聞きますが、本当はどのような意味を含むのでしょうか。また「楽しみです」という言葉は、どのような使い方をすれば良いのでしょうか。ここでは、「楽しみです」という言葉の意味や使い方について感じのよい使い方を紹介します。

更新日時:

楽しみですの敬語・謙譲語・丁寧語について

楽しみですの敬語・謙譲語・丁寧語について

「楽しみです」という言葉は、正しくはどのような表現をするのでしょうか。ここでは、「楽しみです」の敬語、謙譲語、丁寧語について紹介します。 「楽しみです」の敬語、謙譲語、丁寧語は、「楽しみにしております」「楽しみに致しております」のような表現になりますが、「楽しみです」だけでは、敬語、謙譲語、丁寧語には大きな違いはありませんが、「楽しみです」の前に文章がつくと表現に違いが出ます。 ・敬語での使い方は「お会いできるのを楽しみにしています」のような表現になります。 ・謙譲語での使い方は「お目にかかれるのを楽しみにしております」のような表現になります。 ・丁寧語での使い方は「お目にかかれますのを楽しみに致しております」のような表現になります。 敬語も謙譲語も丁寧語も、相手に対して敬いを持ち使う言葉です。

楽しみですの言い換え・類語について

「楽しみです」という言葉は「楽しみにしています」と言い換えることができ、丁寧な言い換えは「楽しみにしております」と言い換えることができます。このように文章によって言い換えをすることによって、敬語的な文章に変えることができます。 「楽しみです」の類語は、「期待しています」などの言葉がありますが、「楽しみです」単体ではなく、それに付随する言葉を組み合わせることによって、類語になる場合があります。例えば、「今度食事に行けることを楽しみにしています」は「今度食事に行けることを期待しています」のようになります。 「楽しみです」という言葉は、相手に対して「期待」を持っていることを表現している場合が多いですが、ストレートに出してしまうと相手が不快になりますので、柔らかい表現として「楽しみです」と使うべきです。

男性が言う楽しみですは社交辞令なのか

男性が言う楽しみですは社交辞令なのか

男性が「楽しみです」というと、ほとんどが本気です。なぜならほとんどの男性は、女性の本気と社交辞令を区別できないからです。男性の性格から考えると女性に対してかなりの期待を持つので、相手の女性が言ったことを本気にしてしまいます。 例えば、女性が「今度お茶でもどうですか」と言った場合に、「楽しみです」と男性が返事をした時には、相手にかなりの期待をしています。しかし、誘った女性としては社交辞令の場合が多いです。女性は、相手に好意を持たなくても、社交辞令として接することができるからです。 男性は、このような女性の性格をわかっていないと、「楽しみだな」とずっとおもってしまいます。そうしてずっと待ち続けることになります。それだけ男性はかなりの期待感を持ちます。

女性が言う楽しみですは社交辞令なのか

女性が言う楽しみですは社交辞令なのか

女性が「楽しみです」というと、ほとんどが社交辞令です。なぜならほとんどの女性は、本気と社交辞令を使いわけているからです。女性は、相手への好意で返事をする場合が多く、好意のない相手には社交辞令で済ましてしまいます。 例えば、男性が「今度食事でもどうですか」と言った場合に、「楽しみです」と女性が返事をした場合には、相手に好意があれば本気ですが、好意がない場合は社交辞令でかわしています。女性が「楽しみです」と返事をした場合は、2つのおもいがあるという事です。 女性が「楽しみです」と言った場合には、普段の仕事でお世話になっているとか、ピンチを救ってくれている相手でも、ほとんどが社交辞令と考えて、あまり期待せずにいた方が良いでしょう。

楽しみですの意思表示におすすめの顔文字

メールなどで顔文字を送ることがありますが、これも意思表示によって内容が違います。相手に好意がある場合とない場合は顔文字も変わってきます。 ・相手に好意がある場合の顔文字はつぎのとおりです。『(*^-^)ニコ』、『(^▽^)/』 ・相手に興味がない場合の顔文字は次のとおりです。『( ̄w ̄) ぷっ』、『(⌒▽⌒)アハハ』 このように、相手への感情に対して顔文字も変わってきます。好意がある場合は、同じ笑顔でも穏やかな笑顔ですが、好意がない場合は、相手を笑っている感じになります。ここの見極めは難しいですが、メールなどに書かれていた場合の判断材料になります。 特に女性からの場合ははっきりわかる場合も多く、その場合は、社交辞令と判断することが良い場合もあります。

楽しみですのお返しの言葉や返信内容

相手から「楽しみです」と返信があった場合の判断ですが、自分が社交辞令だった場合には考えなければならない時もあります。相手は自分の誘いに「楽しみです」と返信してきたのですから、自分の言ったことは実行しなければなりませんので、社交辞令的な言葉を返すべきです。 自分が本気で誘った場合は、「じゃあ場所はどこがいいかな」などの具体的な言葉で返して、相手からの返事を待てば良いです。あまり多くの具体的な言葉を返すと、相手が混乱するので、少しずつ返して相手にも話す機会を持つようにすれば良いです。 「楽しみです」と返ってきた場合も、社交辞令なのか本気なのかを、その文章から読み取らなければならない場合もありますので注意が必要です。

食事が楽しみですは社交辞令なのか

食事において男性は、相手に好意があれば社交辞令ではありませんが、女性はほとんどが社交辞令である場合が多いです。これは社交辞令と考えるレベルが男性と女性は違うからです。 男性は、女性に対して警戒心が小さいですが、女性は男性に対して警戒心が大きいので、「食事でも」と言われても警戒してしまい、同じ職場の同僚でも危険を感じてしまいます。表向きは「楽しみです」と返事をしても、心の中は「大丈夫かな」と疑っている場合が多いです。 食事ではなく「お茶でも」と言われると、時間も早い場合が多いので、警戒心は小さくなりますが、食事の場合は昼ご飯を除いて時間が遅くなる場合が多いので、女性はどうしても警戒してしまう傾向にあります。そのため、「楽しみです」と言っても社交辞令になってしまいます。

楽しみですと楽しみにしていますの違い

「楽しみです」は、どちからと言うとラフな表現となりますが、「楽しみにしています」だと丁寧な表現に近くなりますので、相手に対する期待度が「楽しみにしています」の方が高くなります。 男性から食事などに誘われると、誘ってほしくない相手には「楽しみです」と返しますが、誘ってほしい相手なら、「楽しみにしています」と丁寧な言葉で返します。この言葉の違いで相手に対する心象は大きく違います。 「楽しみです」という言葉だけではなく、ほとんどの返事の言葉を丁寧な言葉で返した場合は、相手を敬っているので返事の本気度も違います。「楽しみです」と「楽しみにしています」との違いは、相手に対する心象や好感度の違いになると言えます。

楽しみですと言われたら脈ありなのか

男性が「楽しみです」と返事を返した場合は脈ありの場合が多いですが、女性が「楽しみです」と返事を返した場合に脈がある場合は、半分程度だと言えます。女性は男性に比べて相手を客観的に見ますので、返事だけでは判断できない場合が多いです。 女性は、誘ってくれた相手によって気持ちが違うので、「楽しみです」と返事をしても、相手に好意があるわけではありません。むしろ好意がない場合が多いですし、返事をした時の声のトーンなどで、ある程度の判断はつくことになります。 男性は女性に誘われると、少しずつでも相手に好意を持ち、色々なことを期待します。しかし、誘った相手の女性は社交辞令の場合が多いので、誘ったからといって相手に好意を持っているとは限りません。

楽しみですのメールの書き方

「楽しみです」とメールで送る時には、どのような件名が好ましいのでしょうか。ここでは、件名について紹介します。

件名

「楽しみです」のメールは社交辞令の場合もありますので、件名もそれに合わせた表現にしなければなりません。社交辞令なのに相手に過度の期待をさせてしまうと、大きな問題に発展しかねません。 ・相手に好意がない場合(社交辞令)の件名は次のとおりです。 1.「この間の件ですが」 2.「この間の返事ですが」 3.「この間の事ですが」 ・相手に好意がある場合の件名は次のとおりです。 1.「○○です。この間のお返事します」 2.「この間のお返事です」 3.「この間のお返事してもいいですか」 このように、件名を見ただけで相手の気持ちがわかる内容だと、本文を読まなくてもある程度社交辞令なのかどうかが判断できます。そのため、件名を考える際には注意が必要ですし、内容を十分検討することも必要です。

楽しみですの本当の意味とは

楽しみですの本当の意味とは

「楽しみです」は相手に自分の気持ちを伝える言葉です。しかし一方では、社交辞令でも通用する言葉です。そのため、使い方を間違えると誤解を招く時もありますし、トラブルになる場合もあります。 「楽しみです」を社交辞令の言葉にしたくない場合は、誘われた時にはっきり断るようにしなければなりません。特に男性から誘われた場合に曖昧な「楽しみです」を言うと、相手に過度の期待をさせることにもなりかねません。 言葉は、人と人を結ぶコミュニケーションです。だからこそ、正しい使い方をしていかなければなりません。「楽しみです」という言葉は、本当に楽しみだとおもえる時に使うべきですし、相手にその気持ちが伝わるようにしなければなりません。

関連タグ

アクセスランキング