IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

銀行の志望動機の書き方や例文|パート/転職/インターン/高校生

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

銀行は、預金したり振込みしたり公共料金の支払いなどでほとんどの人がお世話になっていると思います。銀行への志望動機を書く場合は、金融関係でも銀行を志望した理由、さらには、その銀行を志望した理由が求められます。この記事では、銀行の志望動機について紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

銀行の職種は?

銀行には、さまざまな職種があります。職種が分からなければ、どの職種を希望するのかも分からず、志望動機も書くことができません。 一般の人に一番なじみ深いのが窓口担当者(テラー)です。窓口業務として、預金の預かりや引き出し、お金の振込み、公共料金の支払いなどお客さんの対応業務をこなします。明るい笑顔や礼儀正しさが求められ、銀行の顔ともいえます。 また、ロビーでの案内係や、窓口の後方のサポート業務担当者もいます。窓口担当者と連携して来店したお客さんの対応をします。 渉外担当者は、営業として担当エリアのお客さんの職場や家を訪問し、定期預金や住宅ローン・年金などの相談に乗ります。 融資担当者は、銀行など金融業ならではの職種です。企業が資金を必要とするときに、先方の経営状態をチェックしたり将来性を分析したりしながら、融資が可能かどうかを判断するという大事な役割を果たしています。

銀行の志望動機の書き方や例文

銀行は、普段の生活に密着していて就職希望者も多い業種です。それだけに競争も高いです。また、銀行は数も多いので、他の金融機関よりも銀行を希望する志望動機、銀行の中でも他の銀行でなく、この銀行を希望する志望動機が重要なポイントになります。

パートの場合は?

銀行のパートで働くといってもさまざまな職種があります。ロビーの案内や窓口業務、事務業務などがあります。どの職務内容を希望するのかを明確にします。採用に有利な資格もいくつかあり、優先してその業務をさせてもらいやすくなります。未経験でも、資格取得を目指していることを、志望動機に書くのも好印象を与えます。 「貴行を常日頃から利用する中で、皆様の丁寧な接客を拝見して参りました。拝見していくなかで、いつか自分も働いてみたいと考えておりました。現在、現在は金融窓口サービス技能士の資格取得を目指して勉強中です。子育てが一段落したこの機会にぜひ、貴行で以前の接客の経験を活かして働かせていただきたいと考え、応募した次第です。」

転職の場合は?

転職で希望する場合の動機は、なぜこの銀行を志望したのかをはっきり述べるのと前職での経験と即戦力として何ができるのかをアピールします。 「正社員として銀行の窓口業務に3年間携わっておりました。お客様には迅速かつ親切な対応を心掛けるとともに、業務改善提案を積極的に行いました。お客様から感謝され、社内表彰を受けたこともあります。スキルにつきましても、3年間の窓口業務で身に付けた事務処理能力には自信があります。」

インターンでは?

インターンで応募する場合は、受身で教えてもらおうという学生よりも、何を学びたいかをはっきりしている主体的な学生の方が銀行からは評価も高く歓迎されます。自分が応募するインターンシップの業務内容を把握してそのインターンシップに参加して何を学びたいのかを志望動機に書きましょう。 「私は、多くの企業を財政面からサポートする金融業に以前から興味を持っていました。中でも銀行は、融資を通して財政面からの支援ができると思います。今回のインターンシップでは、社員様のご指導を賜り他のインターン生と切磋琢磨することで自身の思考能力や接客対応能力を向上させたいと思います。」

高校生の場合は?

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング