IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アンサンブルとは?音楽や服飾・舞台での意味や使い方を解説

更新日:2022年10月07日

言葉の意味・例文

アンサンブルという言葉をご存じでしょうか?この記事では、アンサンブルの意味や使用する各分野ではどのような意味で使用されているかなどを解説しています。それぞれの分野での使用方法、意味などを理解したい方はぜひこの記事を参考になさってください。

「アンサンブルって聞いたことあるけど、どういう意味?」 「アンサンブルって色んな意味があるの?」 「アンサンブルという言葉を使ってみたい」 このように、「アンサンブル」という言葉を聞いたことがあっても、このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 「アンサンブル」とはフランス語で「共に」を意味し、音楽・演劇・ファッションなどのジャンルで使われている言葉になります。またアンサンブルとは、2人(2つ)以上のものを合わせることを意味します。 この記事では、「アンサンブル」について詳しく説明しています。 記事を読むことで、「アンサンブル」という言葉の意味や正しい使い方を知ることができるでしょう。ぜひ参考にしてください。

そもそもアンサンブルとは?

そもそもアンサンブルとは?

「アンサンブル」とはフランス語で「共に」を意味し、服飾で材質・色調の調和がとれた組み合わせ、音楽用語では少人数の合奏・合唱、演奏の調和具合、演劇用語です。 主役級以外の共演者団、演技や歌の、全体の調和具合、またその効果などを意味し、「調和」という意味にも使われています。

フランス語で調和・統一・一緒にの意味

同じような意味を持つフランス語としては、「harmonie」「unité」などがあります。 「harmonie」は形・色などの調和・均衡・均整、音・言葉の調和・諧調、意見・感情などの一致、人間同士の協調・和合を意味し、「unité」は単一性、統一や単位とした意味であり、用途が異なってきます。

英語では「ensemble」

英訳においてもフランス語を語源とするため、意味としては少人数の合奏(合唱)団、共演する俳優・ダンサーなどの一団、助演者団、バレエの群舞団、各要素を1つにまとめたもの・全体・総体などを意味します。

音楽の分野

音楽分野では2人以上が同時に演奏することを意味します。一般的にオーケストラとは規定の楽器編成を満たした大人数の演奏団体(50~100人程度)を意味しており、これに含まれない室内楽の演奏団体を「アンサンブル」と呼ぶことが多いです。

服飾・ファッションの分野

服飾・ファッションの分野では組み合わせて着ることを前提として作られた衣服のことを指します。 組み合わせて着ることにより、全体的な調和が生まれます。組み合わせとしては、ジャケットとスカートの他にも、コートとドレスなどのバリエーションがあります。

舞台・演劇の分野

舞台・演劇の分野におけるアンサンブルとは、合唱、群舞などを担い、その場面に必要な森羅万象を演じる俳優たちを指します。 アンサンブルはフランス語で「調和」という意味で、ミュージカルでも同様の役割を持った俳優を指す言葉として定着しました。

音楽の分野でのアンサンブルの使い方と例文

ここでは、音楽の分野でのアンサンブルの使い方と例文を紹介しています。 音楽の分野でのアンサンブルの正確な使い方を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

少年達の合唱はアンサンブルが美しい

少年たちの合唱とは、混声合唱とは異なり、アルトやソプラノに女性を置かず、声変わり前の少年を利用したものを言います。 テノールやバリトン、バスなどの低い声域は、成人男性が担当することもあれば、声変わりを終えて声域の安定した青年男子が担当することもあります。

器楽曲や弦楽のアンサンブル

次のページ:ファッションの分野でのアンサンブルの使い方と例文
初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング