IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

季節柄の意味と使い方・時節柄との違い・時候の挨拶の例

言葉の意味

手紙やなどの結びの挨拶に「季節柄」と書かれているのを目にする機会が多くあります。「季節柄」にはどのような意味があり、また「時節柄」との違いどこにあるのでしょうか?「季節柄」をどんな時にどのように使ったらよいかについて例文を交えてご紹介します。

更新日時:

「季節柄」の意味と使い方って?

「季節柄」の意味と使い方って?

「季節ですから」に込められた美しい言葉

「季節柄」という表現は、日本ならではの美しい言葉だと言えます。日本には四季があり、それぞれに特徴があることで、その季節に受ける印象が異なります。そのため、手紙や葉書などでの挨拶表現では、この「季節柄」が極めて豊かに変化します。 「季節柄」の「季節」は「四季の季節」を指し、この季節にふさわしい物事や事柄、この季節だからこそという意味が込められています。つまり「季節柄」全体の意味としては「こういう季節ですから」となり、春には春らしい物や事、夏には夏らしい物や事、秋には秋らしい物や事、冬には冬らしい物や事を指す、日本らしさのある美しい言葉です。

「季節にふさわしい」という奥ゆかしさ

「季節柄」と書かれたのが春先である場合には、「まだ肌寒さが残り、寒暖の差も大きい頃ですから」というニュアンスとなります。また、「季節柄」に続き相手の健康を気遣う一文を添えるのは「まだ寒さが残りますので、どうぞお体に気を付けてください」という意味合いを持たせるためです。 このように、「季節柄」は使う季節によって含まれるニュアンスが異なるので、季節にふさわしい一文を添えることで、奥ゆかしさを表現することができます。

「季節柄」と「時節柄」の違いは?

「季節柄」と「時節柄」の違いは?

「時節柄」の「時節」は、風景や気象の変化から感じられる「時季」や「今の季節」という意味と、今現在の社会状況や人々の意識、風潮を表す「時世」や「時代」「世の中」という意味の2種類味があります。その後に続く「柄」はその状態を意味する接尾語で、時節の名詞に接続しています。 そのため、「時節柄」は「時節柄を考え」のように目的語として使われるだけでなく、「多事多難の時節柄ですから」のように理由や原因について表現する意味合いで使う方法もあるので、季節だけに限定した「季節柄」とは使い方や目的が大きく異なります。

「季節柄」と「時節柄」の使い分けはどうすべき?

「季節柄」に似た言葉に「時節柄」があります。「時節柄」の意味については前述のとおりですが、実はこの時節柄も季節柄と同様の使い方をする美しい言葉で、時節柄と書かれた後には「相手を気遣う一文」が続きます。 しかし、時節柄は季節柄と異なり、別の使われ方をされる場合もあります。それは、「時節柄、お早めにお召し上がりください」など、発送された食品などに添えられている場合です。特に夏は食品が傷みが早いので、贈呈品への注意を促すという意味で使われることが多々あります。 また時節柄は「今の季節」に限った表現ではなく、その時代の「社会の風潮」や「時世」を表現するなど「このような時代ですから」という意味で、季節に留まらず幅広く使われています。

時候の挨拶に使える美しき日本の言葉

時候の挨拶に使える美しき日本の言葉

「時下」を記す場合

時下は「じか」と読みます。目下と同じ意味を持つ言葉で、「ただ今」「この頃」「現在」という意味です。元来、漢籍に書かれた漢語として日本語に取り入れられた言葉なので、漢文を読む時の音読みのまま「じか」という読みで定着しまし、現代の中国語でも「今」という意味として使われています。 末尾に「下」が付く似ている言葉に戦時下・状況下などがあり、これらは現在も日常的に使われている言葉です。しかし、時下は書簡文の時候の挨拶に代える言葉として使われるのがほとんどです。 時候の挨拶は、四季折々の季語を使ったり、季節感のある修辞表現ををすることにより、風情を感じさせるところが良い点ですが、華美な表現を抑えた簡素な文面にしたい時、書簡の前置きを手短に済ませたい時、単刀直入に本題に入るのは失礼と感じられる時などには、時下で始まる挨拶文によって時候の挨拶に代えます。

「時分柄」を記す場合

時分柄は「じぶんがら」と読みます。時節柄と同じ意味を持つ言葉で、「今の季節」や「時季」という意味と、現在の社会状況や人々の意識や風潮を指す「時代」や「世の中」や「時世」という意味の2種類味を持つのは、時節柄と同様と言えます。 また、「その時分にふさわしいこと」や「その時期らしい特徴を備えている様子」を表すので、「時分柄、早めにお召し上がり下さい」 などとして使われることも多くあります。

「時候不順の折柄」を記す場合

「時候不順の折柄」を記す場合

時候には「四季折々の気候、天候」という意味があるので、「季節それぞれの気候や天気」という意味で使われます。 不順には「順調でないこと、順序が狂うこと」という意味があるので、「不順な天候」という表現になりますが、「時候不順」としては「予想しづらい天気、順調ではない天気」という意味となります。つまり、天気予報で晴れだと言われていたのに雨が降ったり、雨の予報が降らなかったり、雨の日が続いたと思えば晴れたりと不安定な天気であることを示します。 「その季節の気候や天候が予想しづらく、安定しない」という意味から、気温の変動が激しいこと、梅雨が近づくことで天気が不安定になること、気候や天候が予想しづらい時期であるという意味で、「時候不順」は6月にに使われる挨拶文とされています。

季節ごとで使い分けたい挨拶例文

ここでは、季節柄ごとに使い分けができる挨拶例文についてご紹介します。日本特有の四季折々の事柄を書くときの参考にしてください。

春・花冷えの折り、くれぐれもご自愛ください

春・花冷えの折り、くれぐれもご自愛ください

春先は強い気温差を感じる時期に当たるだけではなく、体調に合わせるように心のバランスも崩しやすくなる頃です。また、紫外線が強くなり始め、1年で最も強く風が吹く季節でもあるので、春先に体調を崩す方は少なくありません。春に多く見られる体調の変化に、花粉症、風邪、寒暖差アレルギー、百日咳、麻しん、風疹が挙げられます。 【春におすすめの挨拶例文】 ・花冷えの折り、くれぐれもご自愛ください。 ・過ごしやすい季節となりましたが、ご自愛ください。

夏・季節柄、お身体を大切に

夏・季節柄、お身体を大切に

夏は、強い紫外線や日差しと高い気温の影響で体内の水分が奪われやすく、その影響で体調を崩す方が非常に多くなります。夏に多く見られる体調の変化には、夏バテや体の疲れ、だるさ、熱中症、食中毒、手足口病、ヘルパンギーナなどです。特に夏は体調を崩す方が多いので、手紙を書く際は相手の健康を思う一言添えてください。 【夏におすすめの挨拶例文】 ・旬の食材を見つけましたので、お贈りします。季節柄、お早めにお召し上がりください。 ・季節柄、夏バテにならぬようご自愛ください。 ・暑い日が続きますので、くれぐれもお体を大切にしてください。 ・炎暑の折、くれぐれもお体お大事に。 また、「ご自愛ください」よりもさらに丁寧な言い回しにすることも可能です。 ・酷暑の折、ご自愛のほどお願い申し上げます。 ・暑さ厳しき折、ご自愛なされますようお祈り申し上げます。

秋・季節柄、木々の色の移り変わり

秋・季節柄、木々の色の移り変わり

熱中症や夏バテの夏のリスクから解放されたと安心していると、実にさまざまな病気が流行する季節が秋だといえます。秋に気をつけたい病気はインフルエンザ、秋バテ、喘息、花粉症で、夏の暑さの影響でで免疫力が落ちた身体は、特にウイルスや細菌の影響を受けやすいので、体調管理に気をつけたい季節です。 【秋におすすめの挨拶例文】 ・季節柄、木々の色の移り変わりにとても美しく思い、心を動かされました。 ・季節柄、肌寒くなってきましたのでお風邪をひかぬようご自愛ください。

冬・季節柄、風邪など召されませんように

冬・季節柄、風邪など召されませんように

冷たい外気と暖房の効いた室内との温度差で、自律神経が乱れやすく健康バランスを崩しやすい冬。体調管理を徹底しているつもりでも、風邪を引いてしまうことが多くなるのが冬という季節です。冬に気をつけたい病気は感染性胃腸炎、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、急性上気道炎、心筋梗塞で、寒さが関係する疾病も多くあるので、手紙を贈る相手を思い一文を添えてください。 【冬におすすめの挨拶例文】 ・季節柄、お体ご自愛下さい。 ・季節柄、お風邪など召されませんようご自愛ください。 ・まだまだ寒い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。 ・酷寒の折、ご自愛のほど、お祈り申し上げます。 ・ご多忙とは存じますが、くれぐれもご無理をなさらぬよう、お体にお気をつけてお過ごしください。 ・ご多忙の由、ご自愛のほどお願い申し上げます。

「季節柄」はどんなシーンで使うもの?

「季節柄」はどんなシーンで使うもの?

葉書や手紙の文末に想いを添えて

「季節柄」は葉書や手紙を送る際の結びの挨拶として、手紙を締めくくる言葉と共に記します。「季節柄」に続く一文に選ぶと良いのは、プライベートシーンでは相手の健康や幸せを願うものを、ビジネスシーンであれば繁栄や活躍などを祈る気持ちを書き記し、最後まで思いやりの気持ちを添えてください。 この手紙の締めくくりを丁寧に、心を込めて書くことで、より印象の良い手紙として、相手の心に届けることができます。

気を付けたい「季節柄」と「ご自愛」の間違った使い方

「季節柄、ご自愛ください」は手紙の結びで使われることの多い一文です。「ご自愛ください」の「自愛」は「自分を大事にする」という意味で、「このような季節ですから、ご自分の体を大切にしてください」という意味となります。 とても丁寧で美しい言葉なので、目上の人に対しての使用も問題がなく、親しい間柄である場合に限っては、ビジネスシーンでメールの文末に使用することも可能です。 たった二文字の「自愛」にはは「体」という意味も含まれるので、「お体ご自愛ください」という表現は「重複表現」えとなり、間違った使い方に該当します。 この「季節柄、ご自愛ください」は誰に対しても使える便利で美しい表現ではありますが、特に目上の人に対して使う際には、この点に注意してください。また、すでに体調を崩している人に使うことは大変失礼なので、相手の方の健康状況を把握した上で使用する必要があります。

「季節柄、ご自愛ください」という思いやりと美しさと

「季節柄、ご自愛ください」という思いやりと美しさと

普段の生活の中で口にすることがほとんどない「季節柄、ご自愛ください」という言葉は、葉書や手紙やなどでは、文末の挨拶文として使われることが多い言葉の表現として知られています。 基本的にはどのようなシーンでどなたに対しても使うことができる便利なこの言葉は、四季のある日本ならではの言葉であり、日本人故の奥ゆかしさから生まれた言葉でもあります。 また、日本には四季折々の美しさがある反面、その季節によって受ける体調への影響も異なります。また、普段の会話で交わされることがないからこそ、文章で相手を思う一文を書き添えてください。「季節柄、ご自愛ください」という短い言葉の中に、今現在の季節だけでなく、相手の健康を気遣い祈る思いが込められています。 「季節柄、ご自愛ください」と一言添えられているだけで、相手を思いやる気持ちが伝わるのは、日本人が持つ奥ゆかしさと美しさが表れた素敵な言葉だと言えます。

関連タグ

アクセスランキング