IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電子書籍端末とタブレットどちらがおすすめ?・メリットの比較

ガジェット

電子書籍を読むためには端末が必要です。専用のものかタブレットが主流です。ではどちらが電子書籍を読むにふさわしいか。それは人によって違うようです。専用端末とタブレットにおける電子書籍の見え方の違いなどがわかれば、どちらを選ぶか見えてきます。

更新日時:

電子書籍を読むなら専用端末とタブレットのどちらがいい?

電子書籍が登場してからだいぶ定着した日本の市場。依然使っていない人には疑問点の多いものですが、電子書籍は一度使い始めると紙の本よりも便利なものでもあります。 例えば、電子書籍を読むための専用端末などでは、気になった単語を指で押さえるだけで辞書機能が起動し、その言葉の意味を教えてくれます。特に優れているのは、時事問題や最新のカタカナ語なども網羅していることです。 電子書籍を読むには専用の端末か、パソコンの代わりや動画視聴などで利用するタブレットがベストです。タブレットはアプリをダウンロードすることで利用できますので、普段使いの中で電子書籍のリーダーとしても利用可能になります。 ここではそんな電子書籍を読むために、果たして専用端末がいいのか、タブレットがいいのかを比較検証していくことにします。

電子書籍専用端末に見るメリット・デメリット

電子書籍専用端末はなんといっても電子書籍を読むために特化した機能が付いている点は大きなメリットです。最も機能的なのは、電子ペーパーと呼ばれる画面はまるで本物の紙のようになっています。 デメリットは専用端末はその電子書籍のブランドしか利用できないことが多いところです。AmazonのKindleならKindleの電子書籍しか読めません。そのため、読みたい電子書籍が専用端末のブランドでは読めないこともあります。 ただ、専用端末で電子書籍をダウンロードする際は、ちゃんとそのブランドと紐付けられたシステムになっているので、入手性には問題がない点はメリットです。

一般的なタブレットの場合の長所と短所

タブレットを電子書籍のレーダーとして利用する場合、まず大きなデメリットは、画面が電子書籍に向いていないことです。電子ペーパーを使用しているタブレットはありませんから、通常の液晶画面が使われています。そのため、電子書籍を読むにはやや目が疲れます。 しかし、メリットはタブレットだとほかの作業もできることです。電子書籍専用端末ですと、そのブランドの電子書籍しか読めません。タブレットであれば、メールや動画視聴などなんでもできますから、使い勝手の幅が広いです。 また、最近はすでにタブレットを保有している人も多いですから、わざわざ電子書籍のために端末を買い足す必要もないのはコスト的にも有利です。

番外編としてスマートフォンなら?

アプリをダウンロードするという点では、スマートフォンでも電子書籍の閲覧は可能です。文字の大きさの調整もできますし、拡大ができる設定の漫画や雑誌もあるにはあります。 ただ、やはり大きな問題は画面が小さいことです。ズームで読めたとしても、それでもそもそも画面が小さいのでかなり見にくいです。電車などの移動中では振動でちゃんと読むことはできません。 ですので、電子書籍を緊急で確認するのならともかく、電子書籍を読むためにスマホを使うのはやや難があると言えます。

メーカー別に見るおすすめ電子書籍端末

それでは電子書籍専用端末で気になる主力メーカーのリーダーの特徴を見てみましょう。日本の市場では専用端末はまだ大きく普及していないので、大きく分ければAmazonと楽天のものになると見ていいでしょう。 ここではそんな2大電子書籍主力端末メーカーを調べてみましょう。

電子書籍の雄 Amazon Kindleの各種シリーズ

日本の電子書籍市場が熱くなったのは、このAmazonが日本に満を持して進出してきたことがきっかけと言っても過言ではありません。 すでに、電子ペーパーで白黒画面しか見ることのできないシンプルなものですとペーパーホワイトや漫画に適したもの、ボヤージ、オアシスといくつものグレードが用意されています。端末上にあるマーケットでもいいですし、パソコンなどからAmazonで電子書籍を買っても、すぐさま自動でダウンロードされる便利さがあります。 カラー液晶のバージョンではファイアーがあり、こちらであればタブレットと同じ使い方ができるものとして、一定のファン層が存在しています。 さすがAmazonというだけあって、電子書籍関連の端末は充実しているのが特徴です。

楽天のKoboはどれくらい?

楽天の電子書籍はKoboです。こちらにも専用端末が存在しています。 楽天Koboの電子書籍を読むには、スタンダードのkoboオーラH2O、初心者向けのkoboオーラがあります。それから漫画向けのkoboオーラONEも人気が出てきています。 市場としては世界的にもAmazonの方が大きいですが、楽天の電子書籍も日本人好みの書籍がたくさん電子書籍化されていますから注目したいところです。

その他の電子書籍専用端末

一応、電子書籍を読むための専用端末はほかのメーカーからも発売されています。例えば、東芝やソニーなどから出ていて、ほとんどタブレットと同じような機能としても使えるものになっています。 人気としてはどうしてもAmazonや楽天といった自社で電子書籍のプラットフォーム自体を運営しているところに集中しますが、他社製のものでも使いやすい電子書籍専用端末はありますので、興味があれば探してみるといいでしょう。

メーカー別おすすめタブレットをチェック

ここでは電子書籍をタブレットで読みたいユーザーにはどんなタブレットが向いているのかを調べてみました。 タブレットで電子書籍を読むメリットはその画面の大きさと、主にカラー液晶であることから、雑誌などの画像が多い系統の電子書籍に特に適していると言えます。データ上、電子書籍とは言っても雑誌はほとんど画像のような扱いですので、カラーの方が読みやすい特性が元からあります。 では、以下で特徴別にタブレットがいかに電子書籍に向いているのかどうかを見ていきます。

Androidのタブレットなら?

タブレットの中でAndroid系のものであれば、スマートフォンと同じように普通に電子書籍用のアプリをダウンロードすることで、電子書籍をそのタブレットで読めるようになります。主にAmazonがAndroid端末のアプリとしては人気です。 ただ、多少のセットアップが必要です。パソコンのAmazonのアカウントと、タブレットのアカウント、それから電子書籍のダウンロード先(どの端末に落とすか)などをしっかりと設定しておかないと、うまく読むことはできません。 ですが、基本的にはどのタブレットでも電子書籍を問題なく読むことができるので、画面などのサイズを考慮しさえすれば、ストレスなく電子書籍を読めることでしょう。

タブレットならやはりiPadがいいかもしれない

タブレットなら、電子書籍に限らずすべての作業や利用方法において、アップル社のiPadはおすすめです。好き嫌いはあるにしても、売れている製品はそれなりに理由があるもので、ロングセラーとも言えるiPadはタブレットとしてはかなり優位です。 iPadで電子書籍を読む場合、このときもAndroid版と同じようにアプリのダウンロードは必須です。ですが、その点はまったく問題はありませんし、画面のサイズやタッチへの反応なども電子書籍向きです。 後述しますが、なにより重量の点でも電子書籍リーダーとして、iPadは上位に来ることでしょう。

Windows系のタブレットは電子書籍向き?

タブレットの中では電子書籍リーダーとしてはあまり向いていないのがこのWindows系のOSが入っているタブレットです。Androidのアプリも落とせるものもありますから、機能的には問題はないのですが、電子書籍にはやや不利であることは否めません。 ただ、紀伊國屋の電子書籍部門がこのWindowsのOSにおけるオンラインショップでアプリを用意してくれているようなので、紀伊國屋の電子書籍を読みたい人には逆にいいと言えます。 Windowsのタブレットで電子書籍が読めないわけではありません。読めます。ただ、Android版やiPadと比較するとやや不利というだけの話です。

電子書籍端末orタブレット?機種選択の選ぶ決め手とは?

電子書籍端末orタブレット?機種選択の選ぶ決め手とは?

最終的に電子書籍リーダーとして電子書籍専用端末を購入するか、タブレットでもいいと言うかは自分次第です。自分がどう電子書籍に関わるかで、タブレットでも十分と思うでしょうし、専用端末で白黒の電子ペーパーの方がいいと考えることもあるでしょう。 そこで、ここでは自己判断で専用端末にするか、タブレットにするかを決めるための、大切の選択のコツを紹介していきます。

電子書籍は読むものなのでサイズ感は重要!

なによりもサイズ感です。 サイズと言っても、電子書籍で大切なのは画面の大きさ、端末自体の大きさのふたつです。これは専用でもタブレットでも同じです。 まず、画面は大きいに起こしたことはありません。しかし、持ち運びを考えると、限度があります。普段のカバンの大きさや、どこで利用するかです。また、画面が小さいと漫画や雑誌は読みにくいです。ですので、ある程度、最低限と上限のサイズを考えておくのは大切です。 端末自体も同じで、大きすぎると取り回しに不便があります。端末自体のサイズ感は次の項で紹介します。

負担になってくる重量もチェックも忘れずに

電子書籍専用端末でもタブレットでも、そのものの大きさは重要です。タブレットは特に電子書籍を読むために作られていないので、全体のサイズ感はしっかり見ておきたいです。 画面の選び方のように、自分の生活に合わせてサイズが決まります。ですが、大きくなればなるほど重くなり、小さいほど軽いけれども画面が小さいとなります。 ですが、重すぎると、読んでいる時間が長くなるほどに肘や手に負担がかかってきます。持っていること自体に疲れてしまいます。どれくらいの重さが適度かは、男性と女性、普段の運動量などで変わりますが、自分で持てないものはやめておくべきです。 この中では、専用端末よりもタブレットの方が画面にガラスを使っていたりなどで重くなる傾向にあります。

案外見落としがちなのが端末やタブレットの容量

専用端末やタブレットには必ずデータ保存できる容量が決まっています。 そもそも、端末でもタブレットでも、大きさ的に言えば自宅のデスクトップパソコンなどよりメモリーは小さいのが普通です。同時に、電子書籍はデータ化された書籍情報の集合体ですから、それなりに容量があります。特に漫画や雑誌はデータ的には画像と同じような存在なので、重くなる傾向にあります。 電子書籍のプラットフォームを用意する各社が、オンライン上のクラウドを用意しているので、いくらでも電子書籍をダウンロードしても削除しなければならないことはありません。しかし、端末上ではデータの上限があるので、特に漫画や雑誌を読みたい人はすぐにいっぱいになるので注意が必要です。 ただ、小説くらいであればかなりの数を保存できるので、容量は無視してもいいです。

画面がカラーであることを重視したい読者像

電子書籍を読む場合、例えば小説などであれば電子ペーパーで十分。つまり、各社の端末の最低グレードで問題はないと言えます。しかし、カラーの漫画や雑誌であれば電子ペーパーでは読みにくいことは確かです。 この点で言えば、タブレットがやや有利です。そもそもカラー液晶を採用しています。AmazonがKindleファイアーを用意していますが、結構重いです。また、元々パソコンメーカーでもないですから、電子書籍以外の機能はタブレットメーカーの方が上になると言えます。 ですから、漫画や雑誌を読みたい人はカラーのタブレットを選択するべきです。

寝る前に読む人は特に目に優しいことを考えて

日中は本を読む時間がないので、就寝前や移動中などに電子書籍を読みたい人もいることでしょう。そんな人には電子ペーパーのタイプをおすすめします。 まず電子ペーパーは目に優しいです。本物の紙のようですし、バックライトが調整できるので、目が痛くなりません。昼間であれば完全にバックライトをオフにすることで、まさに紙を読んでいるようになります。就寝前は液晶のバックライトが脳を刺激してよくないので、電子ペーパーはおすすめです。 さらに、電子ペーパーは機能上、ページを変更するときだけ通電されます。読んでいるときはバックライト分しか電池を消費しません。つまり、バッテリーが長持ちするので、より長く電子書籍を楽しむことができます。

電子書籍の漫画は読みやすい端末がグッド

電子書籍で漫画や雑誌を読む場合、画面が大きいこととカラーであることをおすすめしましたが、漫画であれば必ずしもカラーである必要はありません。漫画の大半が白黒ですから、電子ペーパーの端末でも十分となります。 もし雑誌や、カラーばかりの電子書籍を読みたい場合はタブレットが絶対的におすすめです。タブレットなら画面が大きいですし、カラーで読み進めることができるからです。 ただ、最近はAmazonも楽天も専用端末に漫画に特化したものをリリースしてきていますから、タブレットを検討するのと同時に、目的別としてはこの2大メーカーを注目してもいいでしょう。

電子書籍だけでなくリーダーの値段も大切

電子書籍の専用端末も段々と機能がアップしてきて、値段も高くなってきました。タブレットも同じように高いですが、それは元からというか、ほかの昨日などを考えれば妥当であるとも言えます。 いずれにせよ、2017年の電子書籍専用端末は8000~2万円超が相場になりつつあります。小説などを読むだけであれば、専用端末の一番安いもので問題ありません。ほかに気に入った機能、それからそのブランドへの思い入れがあるのであれば、高い端末でもいいでしょう。 もしタブレットがあればわざわざ端末を買う必要もないので、アプリで試してみるのもひとつの手です。

電子書籍端末orタブレット?年度別の売れ筋人気機種トップ10

電子書籍端末orタブレット?年度別の売れ筋人気機種トップ10

ここでは人気の電子書籍の専用端末にどんなものがあるか、具体的に見ていきます。 ランキング形式にして、2017年度に人気だった電子書籍の端末にはなにがあったのか。これから電子書籍デビューをしたい人、端末を買い替えたい人、必見です。

2017年人気機種第10位 東芝 BookPlace DB50/25E

東芝 電子ブックリーダー BookPlace DB50/25E PDB5025ENAW
東芝 電子ブックリーダー BookPlace DB50/25E PDB5025ENAW

無線LANの環境があれば、BookPlaceストアの電子書籍がカラーで読めます。低価格であり、7インチの大画面フルカラーが大きな特徴で、Androidのタブレット型なので、使いやすさもあります。

2017年人気機種第9位 Amazon Kindle Oasis

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー
Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Amazon Kindle OasisはKindleシリーズの最高峰の端末です。読書のための機能が満載で、画面は高解像度ではっきりと文字が見えますし、目に優しいライトで読みやすさはばっちり。 ただ、高いです。電子書籍リーダーとしてはかなり高額で、持ち運びやすさ、軽さ、ボタン設計など、細かいところにまで配慮したデザインではあっても、なかなか手が出せず、ランキングは下がってしまいます。

2017年人気機種第8位 ソニー 「Reader」 PRS-T3S

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ホワイト PRS-T3S/W
ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ホワイト PRS-T3S/W

ソニーの電子書籍リーダーはReader Storeや電子書店パピレスで利用できる端末です。このモデルは解像度が高く読みやすいです。 ただ、ソニーは電子書籍の端末生産を終了する方向にあります。ストア自体は存続しているようですが、今後はランキング外になりそうな製品です。

2017年人気機種第7位 Rakuten Kobo Aura H2O N250-KJ-BK-S-EP

Rakuten 電子書籍リーダー Kobo Aura H2O ブラック N250-KJ-BK-S-EP
Rakuten 電子書籍リーダー Kobo Aura H2O ブラック N250-KJ-BK-S-EP

Rakuten Kobo Aura H2Oは写真を見るとわかりますが、防水機能があります。ですので、通勤通学など、外で使う分にはまったく機能的な電子書籍専用端末であると言えます。防塵性も高いので、旅のお供にも優れた製品です。

2017年人気機種第6位 BookLive Lideo BL-121

BookLive!Reader Lideo BL-121 - シャンパンホワイト(電子書籍専用端末 ブックライブリーダー リディオ BL-121 - シャンパンホワイト)
BookLive!Reader Lideo BL-121 - シャンパンホワイト(電子書籍専用端末 ブックライブリーダー リディオ BL-121 - シャンパンホワイト)

BookLive Lideo BL-121は超低価格ながらも、電子ペーパーを搭載した、まさに電子書籍専用端末です。重量がわずか170gですので、片手でも疲れにくいのは、電子書籍リーダーとしてはメリットの高いポイントです。 WIMAX搭載ですので、BookLive! へ通信料無料で接続可能です。

2017年人気機種第5位 Rakuten Kobo Glo HD N437-KJ-BK-S-EP

Kobo Kobo Glo HD Black ブラック N437-KJ-BK-S-EP
Kobo Kobo Glo HD Black ブラック N437-KJ-BK-S-EP

楽天Koboのモデルのランクインが再び。このモデルは読みやすさに特に定評があります。 まず、解像度が300ppiと高く、文字がぼやけて見えるようなこともなく、本物の紙を直接見ているように読むことが可能です。さらに、フロントライトも採用されています。これは指向性の高いLEDライトをスクリーン下に置き、上部を照らす仕組みです。一般的な液晶ディスプレイと違って目に直接光が入らないので、目が疲れないと言われています。

2017年人気機種第4位 Amazon Kindle Voyage

Kindle Voyage Wi-Fi、電子書籍リーダー
Kindle Voyage Wi-Fi、電子書籍リーダー

このモデルはKindleシリーズの上から2番目の機種になります。高機能ながら、上位モデルのオアシスよりはリーズナブルであることがまず第一のセールスポイントです。明るさの自動調整も付くなど、Kindleユーザーの憧れの端末です。

2017年人気機種第3位 Amazon Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindleシリーズの標準モデルと言っていい機種になります。実質的にKindleで最も注目され、最もユーザーが多いのがこの機種であると言っても過言ではありません。解像度も高く、それでいて値段も手頃。この機種であれば買って失敗だったということはないと断言しましょう。

2017年人気機種第2位 Amazon Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

3位のペーパーホワイトのモデルとの違いに悩む人もいるようですが、機能的にはまったく同じです。唯一違うのが、商品名にありますように、容量の問題です。漫画はどうしてもダウンロードの容量が重くなる傾向にあります。このモデルは漫画読者のために保存できる容量をアップしたバージョンです。 もし小説やエッセイなど、文字のだけの本しか読まない人は、3位のペーパーホワイトか、1位のKindleで十分です。

2017年人気機種第1位 Amazon Kindle

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

栄えある第1位はこのAmazon Kindleです。ペーパーホワイトのモデルからすべてを取り払ったような廉価版と言えるモデルで、バックライトがない、解像度がやや低めなど、最低限のリーダーとなっています。 しかし、1万円を切るコストパフォーマンス。それから、小説などであればまったく問題なく読める点など、魅力が大きいのも事実です。 まず今から電子書籍を始めたいという人には間違いなく最適なモデルです。

タブレットで読むための電子書籍専用アプリおすすめ10選

タブレットで読むための電子書籍専用アプリおすすめ10選

電子書籍をタブレットで読みたい人はアプリをダウンロードすることは絶対です。そこで、タブレットに向いた、電子書籍用のアプリを調べてみました。どんな種類のアプリがあるのか、ぜひとも楽しみにしていてください。 では、人気のタブレット向け電子書籍アプリを紹介します。必ずしもタブレットだけでなく、スマートフォンでも利用できるアプリもあります。

タブレット用電子書籍アプリ1 BOOK☆WALKER

株式会社ブックウォーカー運営の、漫画やライトノベルなどのジャンルが豊富なアプリです。購入した電子書籍に特別冊子やゲーム・アイテムが付属する特典がある場合もあって、漫画、アニメ、ライトノベルが好きな人に向いています。

タブレット用電子書籍アプリ2 Doly

タブレット向けの電子書籍アプリでは珍しく、IT系雑誌やビジネス書に強いアプリです。IT系雑誌は特に解像度の高い画面で読むべきものですので、タブレットのカラー液晶&大画面に向いています。 特徴的なのは家電量販店のヨドバシカメラの買いもので付与されるヨドバシカメラポイントで電子書籍が買えることです。

タブレット用電子書籍アプリ3 Renta!

無料漫画のほか、48時間108円で漫画を借りることができる、オンライン上の貸本屋的な存在です。漫画ですので、タブレットだとより読みやすいことは間違いありません。配信漫画は10万冊と多いのも魅力です。

タブレット用電子書籍アプリ4 honto

複数の大型書店との提携した電子書籍アプリで、ジャンルはオールジャンル、かつ紙媒体と電子書籍をシームレスに管理できる環境が提供されます。 具体的には、提携した実店舗でもアプリ内でも、1冊買えば同じポイントが付与されます。これを1ポイント1円で利用できますし、情報が共有されるので、実店舗でもアプリでも同じ本を間違って2冊買うことがないなど、いろいろな機能が用意されています。

タブレット用電子書籍アプリ5 LINEマンガ

タブレットにLINEのアプリを入れている人ならかなり使えるのがこのサービスです。掲載されている漫画はすべて無料で自由に読めますし、限定のスタンプがプレゼントされるなどメリットもたくさんあります。

タブレット用電子書籍アプリ6 紀伊国屋書店 Kinoppy

タブレットかスマートフォン、ソニーの電子書籍専用端末で利用できます。ご存知のように大手書店ですから、特に文芸作品に品揃えが豊富です。大人向けの電子書籍アプリといったところです。

タブレット用電子書籍アプリ7 BookLive

タブレットでも読めますが、このアプリは電子書籍専用端末として「Lideo(リディオ)」も販売。じっくりと読みたい人にはタブレットではなく専用端末がおすすめです。凸版印刷グループが運営し、漫画に最も強く、ほかには小説や雑誌、写真集、楽譜と広範囲に扱っています。そのため、配信本は実に50万冊以上と非常に豊富です。 また、三昭堂書店と連携しているので、三昭堂書店店頭で電子書籍を購入できますし、なにか問い合わせがあれば三昭堂書店に投げかけることでサポートされます。

タブレット用電子書籍アプリ8 楽天マガジン

これは楽天ではありますが、Koboではありません。定額制の電子書籍サービスです。特に雑誌に強く、車や趣味の関係のものが多いと言われています。

タブレット用電子書籍アプリ9 kobo

専用端末があるので、日本でかなり人気のある電子書籍のアプリです。配信数も日本国内最大で、Amazonにも引けを取りません。定期的に開催される楽天のセールでも電子書籍は対象商品ですので、本が安く手に入るのは大きなメリットです。

タブレット用電子書籍アプリ10 Kindle

世界的に展開しているAmazonの電子書籍ですので、日本だけでなく、世界中のあらゆる本が(電子書籍化されていれば)入手できる魅力は大きいです。蔵書は多数ですし、しかも、楽天と同じようにセールも定期的に開催され、利用価値は大きいです。

結局のところタブレットにするか電子書籍専用端末にするか

結局のところタブレットにするか電子書籍専用端末にするか

電子書籍を読むにはタブレットでも専用端末でも一長一短があります。どちらにするかはライフスタイル次第ですが、正直、電子書籍は使い方に慣れる必要があります。ですので、最初は一番安いものでもいいので、専用端末をおすすめします。 その後、タブレットと専用端末の2台持ちが面倒であればタブレットに集約してもいいですし、電子書籍専用端末で読書を楽しんでもいいでしょう。 電子書籍はそういった自由さがあるので、自分に合わせてぜひ選んでみてください。

関連タグ

アクセスランキング