IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

木炭/鉛筆でのデッサンの描き方・手や風景画を上手く描くコツ

更新日:2023年01月24日

趣味

デッサンを上手く描くコツは何を使うか、どういう物を描くかで変わってくるからしっかりとそれぞれを確認しておくと良いです。実際にデッサンをする時に役立つコツばかりだから、特に初心者には有効とされています。できる限り上手く描きたいならば参考にする方が適切です。

人の顔を上手く描くコツはできる限り輪郭を大切にする事です。しっかりと輪郭さえ描けていればそれぞれの人の顔の特徴を掴む事が可能だから、もし人の顔を上手く描けなければ実際にやってみれば良いです。最初は上手くいかなかったとしても段々と感覚が掴めるようになってきて、どんな人の顔でも充分に表現できます。

花を上手く描くコツは実際にデッサンする前にどんな特徴を持っていて、どこから描き出せば良いかを観察する事です。何も考えずに描く人がたまにいるが、それだと花の特徴をしっかりと掴む事ができないため、描き出す前にどんな行動をするかが大事になってきます。ちゃんと事前に観察できていれば、どんな花を描こうとしても大丈夫で充分に表現する事が可能です。

木を上手く描くコツは夏の木を描こうとする事です。その理由としては夏の木は葉っぱがたくさん生い茂っていて、他の季節に比べると一番躍動しているためです。そして夏の木は生命力に溢れている部分もあるので、実際に描く側としても描きやすいです。だからもし木を描く事があった時にはなるべく夏の木を描くようにすると良いです。

石膏

石膏を上手く描くコツは石膏のごつごつした感じをどこまで出せるかです。特にデッサンではごつごつした感じを出す事は難しいけれど、模試本当に出せれば石膏の良さも絵にしっかり出す事ができます。だから石膏を上手く描きたい場合には、どうなってごつごつした感じを出せるかに着目してデッサンをしていくと良いです。

目を上手く描くコツはとにかく練習をする事です。特に目に関してはテクニックを使用するというよりは練習を意識的にする方が早いため、なるべく取り組んでいく方が良いです。その際にただ単に取り組むのではなく、自分が描いた目を見て、どこが悪かったかを探すべきです。そうすれば今後目を描く時の注意点に成り得て、しっかりと対処できます。

初心者のためのデッサンの描き方のコツ

初心者のためのデッサンの描き方のコツは、誰でも簡単に描けるような対象物から始めていく事です。最初から難しい物を書こうとしたとしても上手くいかず、デッサンに対して苦手意識を持ってしまう可能性もあるからです。そのため、なるべく描きやすい物から実践するようにして、デッサンの感覚を養っていくと良いです。

デッサンとクロッキーの違い

デッサンとクロッキーは同じような物であるが、厳密に言えば違う物とみなされるので、もし分からない人がいれば早めに内容を確認しておくと良いです。そうすれば実際にデッサンとクロッキーをする時にも全く困らないです。

デッサン

デッサンは時間をほとんど決める事は無く、自由気ままに自分の描きたい物を描く事になっています。特に周りの目を気にする事も無いので、本当に自分がしたいように絵を描ける利点があります。

クロッキー

クロッキーは短時間で絵を描く事で、時間制限が設けられているので瞬時の判断や実際に描くスピードが求められています。絵を描く能力を上げたい人がいれば積極的にクロッキーを実践していくと良く、何回もやっていけば充分な効果が見込めます。

絵を描く事は奥深い!

次のページ
初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング