IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

木炭/鉛筆でのデッサンの描き方・手や風景画を上手く描くコツ

更新日:2022年09月20日

趣味

デッサンを上手く描くコツは何を使うか、どういう物を描くかで変わってくるからしっかりとそれぞれを確認しておくと良いです。実際にデッサンをする時に役立つコツばかりだから、特に初心者には有効とされています。できる限り上手く描きたいならば参考にする方が適切です。

道具別デッサンの描き方

デッサンの描き方はそれぞれの道具で違ってくるので、何を使うかによって変えていくと良いです。それはやはり道具別でデッサンの描き方を変えなければ上手く描けずに、思いどおりに表現できなくなるからです。 そのため、可能な限り実際に使用する道具で描き方を変えるようにして、少しでも表現に幅を出す工夫をすると良いです。

木炭

木炭でデッサンする時にはまず自分に合っている物を探す所から始めると良いです。その理由としては木炭にもさまざまな種類があり、それぞれで描き方にも変化が出てくるためです。もし自分に合っている木炭を探し出す事ができれば、描きたい絵をしっかりと描けて、満足する絵に少しでも近づけるようになります。

鉛筆

鉛筆でデッサンをする事は細かい絵のタッチまで表現できるから、自分がどれだけ絵を描く能力があるかを判断したい時になどに有効です。特に他の道具と比べて絵を描く上手さがどれだけあるかで周りと差が出やすくなるので、鉛筆で描く際には注意が必要です。 そうは言っても鉛筆で描くからこその楽しみもあるから、積極的に描いてみる事も決して悪くは無いです。

コンテ

コンテでデッサンをする時にはあまり細かい事は気にせずに、まず大まかな枠組みを捉えると良いです。コンテでは描ける範囲が他の物よりも広いので、それを上手く使っていけば少しでも描きたい絵をきちんと描けるようになります。 そのため、描きたい対処物を大きく捉えたい場合には、コンテのような物が特に合っていて、実際に表現する時にも難しくは無いです。

シャーペン

シャーペンでデッサンをする場合にはより細かい所まで鮮明に描ける利点を持っているため、細部までしっかりと描けます。特に対象物を捉えにくかった際にはシャーペンを使って、今までとは違った視点で描いていけば上手くいく可能性も大いにあります。 このため、シャーペンも使いようによってはデッサンをする時に役立つので、使い時を考えてみると良いです。

デッサンを上手く描くコツ

デッサンを上手く描くコツはさまざまにあるので、それらを一つずつ詳しく見ていくと良いです。その理由としてはしっかりとコツを見て、頭の中に入れなければ実際に描いている時にそのコツを活用できなくなるためです。 そのため、デッサンを上手く描くコツを見る際には意識的に見るようにして、少しでも覚えていく方が良いです。

コツ1 質感

デッサンを上手く描くコツの一つ目は質感を大事にする事です。その理由としては描いている対象物の質感をどういう風に出すかで、その絵の雰囲気も変わってくるためです。しっかりと質感を出す事ができていれば、その絵が見ている人に訴えかける物が大きくなり、高い評価を受ける部分にも繋がってきます。だから一つ目のコツとして質感を大切にすると良いです。

コツ2 構図

デッサンを上手く描くコツの二つ目は構図をしっかりと組む事です。なぜなら前もって構図をはっきりとさせていなければ、描いている途中でどういう風にすれば良いかが分からなくなり、描きたい絵を描けなくなるためです。このため、二つ目のコツの構図がどれほどできあがっているかで、絵の完成度も少なからず違ってきます。

コツ3 影

次のページ:描く物別デッサンを上手く描くコツ
初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング