IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

木炭/鉛筆でのデッサンの描き方・手や風景画を上手く描くコツ

更新日:2023年01月24日

趣味

デッサンを上手く描くコツは何を使うか、どういう物を描くかで変わってくるからしっかりとそれぞれを確認しておくと良いです。実際にデッサンをする時に役立つコツばかりだから、特に初心者には有効とされています。できる限り上手く描きたいならば参考にする方が適切です。

デッサンを上手く描くコツの三つ目は影を意識する事です。絵を描く際に影をつける事は本当に大事になってきて、絵全体の雰囲気を決定づける物になりえます。だから影のつけ方が上手いと絵の雰囲気も良くなってくるため、どういう風につけるかを意識しておくべきです。そうすれば三つ目のコツの影を意識する事もしっかりとできて、良い絵に少しでも近づけます。

コツ4 明暗

デッサンを上手く描くコツの四つ目は明暗をはっきりとさせる事です。特に明暗はその絵の印象を決める事になっていく部分もあるので、重要度は非常に高いです。実際に見る側の印象も変わってくるため自分が明暗のどちらで描きたいかを事前に決めて、できる限り表現できるようにしなければいけないです。 そうすれば四つ目のコツの明暗をはっきりさせる事も充分にこなせて、良い絵を描けます。

描く物別デッサンを上手く描くコツ

デッサンを上手く描くコツは描く物で変わってくるため、それぞれの描く物でコツの使い方を変えていく方が良いです。むしろそうしなければ上手く表現できない部分も出てくるため、コツをどういう風に使っていくかが鍵になってきます。だから自分が何を描きたいかをまず明確にして、そこからどんなコツが必要かを調べて実践していけば良いです。

コツ1 手

手を上手く描くコツはそれぞれの人の手をどういう風に表現するかを考える事です。なぜなら手の大きさや指の長さは人それぞれで違っているので、それに合わせて表現の仕方にも幅が必要になってくるためです。 そのためにはできる限り多くの人の手を描くようにして、いろいろな手に慣れていくしかないです。そうすれば徐々に手の描き方も上手になっていき、表現の仕方も広がっていきます。

コツ2 風景画

風景画を上手く描くコツは全体をしっかりと捉えるようにして、頭の中でどこから描いていけば良いかを想像する事です。特に風景画は描かなければいけない事が多いため、コツを充分に使っていかないと難しいです。 そうは言っても全体を充分に捉えられていればちゃんと表現できて、自分の想像どおりに描けるようになります。よって風景画を上手く描けない人はコツを活用していけば良いです。

コツ3 猫

猫を上手く描くコツはなるべく猫が描きやすい恰好をしている所を想像する事です。特に猫は動き回っている事が多いので描きにくい所があるけれど、中には描きやすい格好もあります。それを意識的に狙っていけば猫を描きやすく、実際にデッサンをする時にも困らないです。だから猫を描きたい際にはコツをしっかりと利用する方が良いです。

コツ4 果物

果物を上手く描くコツはその対象物がどういった形状をしているかを充分に見極める事です。その理由としてはデッサンをしっかりとするには、対象物の特徴を掴んでおかなければいけないためです。特に果物に関しても特徴を掴む事は大切なので、取り組む方が良いです。そうすればどんな果物でも上手く描けて、納得のいくデッサンをできます

コツ5 立方体

立方体を上手く描くコツは奥行きをどれだけ残せるかです。それはやはり立方体を平面だけ描いてしまうとあまり上手に表現できないけれど、奥行きを意識して描けば立体的に表現する事が可能になってくるためです。このため、立方体を上手く描けずに困っている人は、奥行きの視点を取り入れるとデッサンをしっかりとできます。

コツ6 野菜

野菜を上手く描くコツは果物と同じ部分があるが、なるべく形状を意識するべきです。特に野菜の場合は丸い物以外にも長細い物や太い物がたくさんあるので、それをしっかりと描こうとすれば形状をどれだけ意識するかが大切になってくるためです。だから野菜を上手く描きたければ、コツの形状を意識する事を実践してみると良いです。

人の顔

次のページ:初心者のためのデッサンの描き方のコツ
初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング