IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「なので」の正しい言い換え/書き換え・ケース別の例文

更新日:2022年05月30日

書き方・例文

日常会話で頻繁に使われる「なので」はあくまでカジュアルな言葉ですが、その使いやすさから改まった場でもついうっかり口にしてしまうこともあるのではないでしょうか。「なので」を敬語表現にするためにはどのように言い換えればよいのかをご紹介します。

会話で「なので」を敬語表現にするには?

「なので」は日常的にとてもよく使われる言葉です。しかし、「なので」はあくまでも親しい間柄、対等関係か目下の相手に対して使われるカジュアルな接続詞であることに注意が必要です。 日頃の友だちや家族との会話の延長線上で、改まった場面でもつい「なので」と言ってしまうこともあるのではないでしょうか。 ビジネスなどの公の場ではより改まった表現へと言い換えなくてはなりません。では、言い換えるために「なので」の代わりにどういった言葉を使うべきなのでしょうか。 ここでは「なので」の敬語表現への言い換え方をご紹介します。

「ですので」を使う

「〜なので」と言う代わりに「〜ですので」と言い換えることができます。 「ですので」は敬語ではありませんが、目上の相手に対して用いることのできる丁寧語です。丁寧語である「ですので」を使うことにより敬語表現となります。

「ですから」を使う

「ですので」と「ですから」はほとんど同じようにも感じられます。実際に、「〜ですので」と言う代わりに「〜ですから」と言うことに問題はありません。しかし、逆に「ですので」ではNGで「ですから」でなくてはいけない場合があります。 「なので」という言葉を文頭に持ってくるのは文法的に誤りです。(ただし、昨今は主に会話の中で文頭に使う例も見られます。)文頭であれば「なので」ではなく「だから」が自然でしょう。そしてこの「だから」を丁寧語に言い換えたものが「ですから」に当たると言えます。 「だから」も「なので」同様に対等関係か目下の相手に対してのみ使うべき言葉です。したがって、ビジネスなどの改まった場で「だから、〜です」と言うのはふさわしくありません。この場合、「ですから、〜です」と言い換えるのが正解です。

「ですので」と「ですから」を使い分ける

「ですので」に比べ「ですから」は因果関係を強く特定する言葉でもあります。 「AですのでB」という文章であれば単に「A→B」という流れとしての因果関係を示しますが、「AですからB」という文章では「BであるのはAが原因だからである」とより強く原因を特定する意味合いが発生します。(「なので」と「だから」についても同様の比較が成り立ちます。) こうしたニュアンスの違いも考慮した上で「ですので」と「ですから」を使い分けられれば、怖いものなしです。

「なので」の敬語表現はどんな風に使うの?

「なので」を「ですので」と敬語表現で言い換えるべき場面はたくさんありますが、初めての言い換えに頭を悩ませることになるのはなんといっても面接でしょう。 「なので」一辺倒でもほとんど問題のなかった学生時代から、敬語表現スキルが求められる社会人へと移っていくその入口が面接です。それでなくても緊張する面接の場において、敬語表現への言い換えに対する自信のなさからしどろもどろになってしまうことは避けたいです。 また、ビジネスは敬語表現への言い換えがマストとされる場面です。取引先や顧客といった社外の相手はもちろんのこと、社内であっても上司や先輩に対しては敬語表現が求められます。カジュアルな話し方が許されるのは同僚や部下が相手である場合に限られることを考えれば、「なので」を適切に敬語表現に言い換えることの必要性は高いです。 ここでは面接の場とビジネスにおける「なので」の言い換え方を、それぞれの具体例でご紹介します。

面接での言い換え方の具体例

「私の専攻がまさにバイオメカニクスですので、ぜひ御社で頑張りたいと考えております。」 「御社が第一志望ですので、内定を頂けましたら○○の資格取得の勉強を始めます。」

ビジネスでの言い換え方の具体例

「グラフが示すとおり新興国での需要の伸びは急速です。ですから、2か月前に現地人員を増員いたしました。」 「本日お受け取りになられました製品は遅延していた一昨日発送分ですので、残りは昨日発送分だけということになります。」

書き言葉で「なので」を敬語表現にするには?

次のページ:さまざまな書類での「なので」の敬語表現は?
初回公開日:2017年11月16日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング