IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

はんなりの意味と正しい使い方(イントネーション/誰に使うか)

更新日:2020年11月20日

言葉の意味

「はんなり」は京美人や舞妓さんを形容するときによく使われる言葉です。「はんなり」の正確な意味を知っていますか。この記事では「はんなり」の意味や語源、使われ方について説明します。京都に住んでいる人もそうではない人も、ぜひ読んでみてください。

京都弁「はんなり」の意味

「はんなり」という言葉は日常生活で馴染みのない言葉かもしれませんが、京都に関する情報誌やインターネットなどではよく用いられることで知られている言葉です。 京都で生活をしている方の多くは「なんとなく女性などを形容する言葉」として認識していますが、はっきりとした意味を知らないという人も多いとされています。 こちらの記事では「はんなり」という言葉の意味や使い方について詳しく解説していきます。

京都弁とは

京都弁は「京ことば」と言われることもあり、関西弁の中でも特に独特の響きがある言葉として知られています。 京都弁には「炊いたん(煮物)」「かなん(困る)」など、標準語から意味を連想し難い言葉が多くあります。これらは大阪などでは使わないので、同じ関西でも地域により方言が異なることがわかります。 京都人は京都弁が関西弁として一括りにされることを嫌う傾向があるので「京都弁=関西弁」という認識は控えましょう。

「はんなり」の意味

はんなりは「華やかで上品さと気品も兼ね備えている様子」という意味があります。他にも「粋で知的な様、明るく鮮やかである様、陽気な明るさ、すかっとした様、落ち着いた様」など広い意味を含む京都弁です。 元来、着物の色合いを表現する時に使用した言葉とされていますが、現在は色合い以外にも使われます。 京都は呉服文化が発展し、舞妓や芸者など着物を召した女性が活躍する都市ということが、この言葉の誕生背景にあります。

「はんなり」の語源

「はんなり」には「華あり」が転じた言葉という説と「華なり」が転じた言葉という説の2つがあります。 「華」は「はなやか/あでやか」という意味があるので、はんなりの意味にも一致しています。つまり、華やかで美しい女性に対して「華がある」というのと同じ意味合いだといえるでしょう。 今現在は、断定系の「華なり」よりも「気取りない/控え目ながも華やか」を表す「華あり」が語源という説が有力だとされています。

はんなりの使い方

「華やかで上品さと気品も兼ね備えている様子」という意味があるはんなりは、どのようなシーンでどのように使うと良い言葉なのでしょうか。 ここからは、はんなりの使い方や使う対象について詳しく解説していきます。

使う対象

現在の「はんなり」は多様な意味で使われています。 ■人に使う場合 ①転校してきた子、はんなりしてて可愛らしいなあ ②はんなりとした京の品位が漂う美人 ■物に使う場合 ①はんなりとした趣のある日本画 ②お土産にはんなりとしたハンカチを買った ■味に使う場合 ①はんなりとした塩加減が絶妙です ②白みそにははんなりとした甘さがある ■動きに使う場合 ①彼女は、はんなりと微笑んだ ②はんなり咲いた花のように可憐だ

イントネーション

京都弁には特有のイントネーションがありますが、「はんなり」も京都らしい美しい響きがあります。 「はんなり」の場合、「は」に強くアクセントを置いて発音します。これは「おおきに」の発音に似ていますので、京都らしい響きのイントネーションを真似てみましょう。

京都人にはんなりと言われたら

マッチングアプリ(with)は単なる出会い系サイトではありません。マッチングアプリ(with)では共通点でマッチングするので、運命よりも確実に運命の人とめぐり逢うことができます。 京都を愛する気持ちや京都弁などの共通点から、本当の運命の相手を見つけてみませんか。

初回公開日:2017年11月15日

記載されている内容は2017年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング