IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「サテライト」の意味・様々な場面での「サテライト」の使い方9つ

更新日:2020年05月12日

言葉の意味

最近、『サテライト』という言葉を頻繁に耳にします。ただ、『サテライト』という言葉は、色々な場面で使われるため、意味がよく分からなくなってしまうことはありませんか。そこで、今回はあらゆる業界や場面における、『サテライト』の意味をご紹介します。

本社でこなせる業務が別の場所でもこなせるように、通勤しやすい場所に情報関連設備と通信関連設備を整えたオフィスのことです。大手企業数社もサテライトオフィスを作ることで、都内にオフィスを持たなくてもよくなり、通勤距離も短くなります。 サテライトの中心は都市だけでなく、稀に郊外にある会社が都心にサテライトオフィスを設置することもありますので、意味としては本拠地とは別の場所に作られた遠隔勤務場所と言えます。

使い方3:サイトでの「サテライト」

サイト運営の戦略として、「サテライトサイト」というものがあります。この場合の「本拠地」はメインのサイトです。 サテライトサイトは、メインのサイトの運営者と同じ人物が運営していることが多いです。なぜなら、サテライトサイトはメインサイトへの訪問者を増やす目的で作られているからです。以下に詳しく説明します。

サテライトサイト

サテライトサイトとはサテライトの意味の衛星のままで、衛星サイトとも呼ばれます。これは狙っているサイトのリンクを増やすために作られたサブサイトのことで、メインサイトへのアクセス数を伸ばすために使われる手法の一つです。 サテライトサイトを一つではなく複数用意して大量の衛星軌道を作らせることもあります。しかし検索エンジンも進化しており、このようなサイトは検索にひっかからないようになりつつあります。

使い方4:サッカーでの「サテライト」

サッカーにおけるサテライトの意味は2軍に近いでしょう。サッカーの施設においてサテライト向けの施設という言葉が出てきた場合は、2軍やユースといった今現在の主力メンバーではない人たち向けに作られた施設であると考えてください。 サッカーにおけるサテライトとは2軍や主力以外のメンバーではありますが、少年サッカーでは1軍と2軍と区分けすることは少なく、サテライトという言葉は使っていない所の方が多いです。

使い方5:スピーカーでの「サテライト」

スピーカーにもサテライトスピーカーというものが存在します。この場合の「本拠地」は、自動車に標準装備されている運転席のメインスピーカーです。 つまり、車内にもう1つスピーカーを備え付けると、これが「サテライトスピーカー」となります。サテライトスピーカーはドライブ中の音響の質を向上させてくれるという意味があります。

サテライトスピーカー

サテライトスピーカーとは車のリア側に配置することで高音質サウンドを味わうことができる音響機器です。意味は同じく衛星なのでメインスピーカーが車のフロントにあり、衛星として後ろ側に配置するスピーカーのことです。 車内空間は金属とガラスに囲まれた音響的に不利な環境なので、衛星の意味を持つサテライトスピーカーを使うことで聞こえにくい音を拾いやすくなり音響効果が劇的に向上するようになります。

使い方6:空港での「サテライト」

空港におけるサテライトとはサテライトターミナル方式という言葉で使われます。こちらも衛星という意味で空港から離れた場所に存在する駐車場といった使い方をします。つまり「本拠地」は空港ということになります。 空港と駐車場が離れていることは、決して便利なことではないので、空港業界ではこの距離をうまくつなぐ方法がいろいろと考案されてきました。

サテライトターミナル方式

基本的な空港におけるサテライトとは、離れにある駐車場を意味します。サテライトと空港までの距離が長いと不便と感じるでしょうし、便数が多くなりすぎるとその間を結ぶ方法も色々と考える必要性が出てきます。 成田空港の場合は1992年から2013年まで成田空港第2ターミナルシャトルシステムと言われていた空気浮上式移動システムが導入されていて、離れていたサテライトを結ぶ方法として用いられておりました。

使い方7:病院での「サテライト」

病院にもサテライト病院という言葉が用いられますがここでも衛星という意味合いで考えて問題ないでしょう。ここでの「本拠地」は、古くからある大きな病院のことです。 どこかを拠点としている大病院の衛星として何らかの意図を持って作られた拠点を意味していると考えましょう。病院は数多くあるのに越したことはないですが、人手不足や、他の病院との競合を考えると、別経営の病院をいくつも建てられないという背景があります。

サテライト病院

次のページ:サテライトはいろいろな場面で使われる
初回公開日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング