IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お気軽に」の意味・ビジネスでの使い方・類語|ご気軽に

初回公開日:2017年11月10日

更新日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「お気軽に」という言葉をテーマにして、意味や使い方をご紹介しています。また、「お気軽に」を使用した、ビジネスシーンで頻繁に使う言い回しやフレーズについても、例文や考察をまとめています。社会人としての正しい言葉遣いを勉強したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

正しく使いたい!「お気軽に」の意味と使い方

ビジネスシーンでは、いかに正しい言葉遣いや敬語でコミュニケーションを取ることができるかが重要なポイントとなります。言葉遣いや敬語などが間違っていると、無意識のうちに相手に対して不快感を与えていたり、無知な印象を与えていたりする可能性があります。また、時には言葉遣いが原因で契約や取引に影響を与えてしまう可能性もあると予想できます。 ビジネスシーンで頻繁に使用される言葉や敬語は、いくつかありますが、「お気軽に」という言葉もまた、ビジネスシーンでよく耳にする言葉の1つと言えるでしょう。今回は、そんな「お気軽に」という言葉の正しい意味や使い方について見ていきましょう。

「お気軽に」の意味

日常生活でもビジネスシーンでも比較的よく耳にする「お気軽に」という言葉ですが、そもそもどのような意味やニュアンスを含んでいる言葉について、確認していきましょう。 「気軽」という言葉について、「コトバンク」を参考に意味を調べてみたところ、以下のような解説が掲載されていました。

こだわったり面倒がったりしないで行動に出るさま。また、堅苦しくなくて、気がおけないさま。

「お気軽に」という言葉は、上記のような意味を持つ「気軽」という言葉に対して、「お」という言葉を付け足すことで、丁寧な表現にしていると予想できます。 「お気軽に」という言葉の構成について、「weblio辞書」にて以下のような仕組みが解説されています。

「気軽」に丁寧の「お」をつけた表現。気構えることなく。

上記の解説から、「お気軽に」の「お」は丁寧語ということが読み取れます。ですから、「お気軽に」という言葉は、相手に気軽に接することを勧める「気軽に」という言い回しを、より丁寧に表現しているものだと考えることができます。

「お気軽に」の使い方

「お気軽に」という言葉の意味や構成について理解したところで、続いては「お気軽に」という言葉の基本的な使い方について見ていきましょう。 「お気軽に」という言葉は、相手の自分に対しての接し方や言動について、かしこまらないで接することを勧める言い回しとなっています。ですから、相手に変に気構えずに接してもらいたい時や、相手とフランクな関係を作りたい時などに使用されることが多い言い回しだと言えるでしょう。 日常生活やビジネスシーンでよく耳にするフレーズとしては、「お気軽にご相談ください」「お気軽にお問い合わせください」といった言い回しが挙げられます。

「お気軽に」と「ご気軽に」の違い

今回のテーマである、「お気軽に」という言葉は、「気軽」という言葉に丁寧語の「お」を付ける形で成り立っています。言葉や単語には、「お」や「ご」を付けると丁寧な表現になるケースが複数存在します。「気軽」の場合は、「お」とは別の丁寧語である「ご」を使い、「ご気軽に」と表現することはないのか、気になるところです。 結論から言うと、「お気軽に」と「ご気軽に」では、「お気軽に」という言い回しの方が、より使われることが多い言い回しとなっています。場合によっては、「ご気軽に」という言葉を使用している人や企業は存在しますが、辞書などに掲載されているのも、「お気軽に」となっているため、「お気軽に」を使用した方が無難だと言えそうです。

「お気軽に」の類語

相手に気を遣わせたくない時などに使用する「お気軽に」という言葉は、さまざまな言葉と組み合わせて幅広いシーンで使用することができる、大変便利な言葉です。そのため、日常会話でもビジネスシーンでも、使用頻度はかなり高いと予想できます。 続いては、「お気軽に」の類語や同義語をご紹介していきます。使用する機会が多いであろう言葉だからこそ、類語や同義語などを増やしておくことで、表現や言い回しのバリエーションが増えて、会話ややり取りの幅が広がる可能性もあるでしょう。 ・ご遠慮なく ・お気兼ねなく ・どうぞ楽に

「お気軽に」の敬語

関連タグ

アクセスランキング