IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トリップの意味を使われ方9例から学ぶ・トラベルとの違いは?

社会人常識

あなたも「トリップする」といった表現を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。実はこの言葉は2つの意味を持ち合わせており、使い方によって全く別の意味をもっているのです。今回は「トリップ」という言葉の本来の意味と合わせて状況別の使い方をご紹介します。

更新日時:

トリップとは

トリップの意味を使われ方9例から学ぶ・トラベルとの違いは?

あなたも一度は「トリップする」といった言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。「トリップ」と聞くと真っ先に麻薬が想像されますが、実はトリップという言葉は2つの意味を持っています。 今回は「トリップ」という言葉に着目して、意味や、状況別での使い方についてご説明していきましょう。早速この言葉が持つ意味について説明したいと思います。

トリップの意味

「トリップ」という言葉の第一の意味として「短期間の旅行」が挙げられます。旅行の意として使われていることが多く、旅行雑誌の名前にも使用されています。そしてトリップは「短時間の旅行」という意味を持つだけでなく、「麻薬などによって引き起こされる幻覚症状」や「陶酔状態」になることを指しています。

トリップを英語にすると

トリップを英語にすると「Trip」になります。名詞として使う場合は、海外旅行だと「trip abroad」、世界一周旅行は「trip around the world」と使います。動詞とになると、「つまずく」「よろける」といった違う意味になります。

トリップの使われ方・使い方

トリップの意味を使われ方9例から学ぶ・トラベルとの違いは?

ここでは『トリップ』が使われているそれぞれの状況別に、その意味を解説していきたいと思います。一度は耳にしたような言葉が中にはあるのではないでしょうか。自身の思いつくものと一つずつ照らし合わせながら見ていきましょう。

例1:トリップメーター

トリップメーターとは、車の区間走行距離を表示するもので、燃費の計算をするときにも使用されます。ガソリンを満タンにした際にトリップメーターを「0」にリセットし、トリップメーターに表示された距離を、次にガソリンを満タンにする際に入った給油量で割れば計算できるようになっています。

例2:タイムトリップ

「トリップ」には「旅行」という意味をもちますが、「タイムトリップ」の場合「ちょっとした短期旅行」という意味合いになります。SFなどの映画で、時空を超えて違う時代行くストーリーも、「タイムトリップした」というフレーズを使い、よく耳にするでしょう。

例3:ワンデートリップ

「ワンデートリップ」は「旅行」という意味の「トリップ」と「1日」という意味の「ワンデー」を組み合わせたもので「日帰り旅行」という意味合いになります。各旅行会社が「日帰りワンデートリップ」と題した旅行ツアーを企画し案内していて、1日で非日常が味わえると人気があります。

例4:ショートトリップ

ショートトリップは「短時間の旅行」という意味も持ちますが、車を毎日使うけど、1日に走行する走行時間及び距離が短いという使用方法のことを指し、ショートトリップといいます。ショートトリップを繰り返すと燃費が悪くなるというデータがあります。

例5:トリップする

「トリップする」は、薬での幻覚症状を表す言葉として使われてはいるものの、「二人だけの世界に酔いしれている=陶酔状態である」場合も「二人だけの世界にトリップする」と使うことができます。こういった使い方での「トリップ」はほとんどの人が一度は耳にしたことがあるでしょう。

例6:トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは世界最大の旅行サイトで、旅をしている世界中の人から、旅行者の体験談やご当地グルメ情報、旅に特化した人気スポットなどを口コミ情報から知ることができます。

例7:幻覚

麻薬などは、あるはずのないものが見える症状である幻覚や、陶酔状態を引き起こします。そのような状態のことを「トリップ」と表現し、「麻薬でトリップしちゃった~」というような使い方をします。

例8:パワー/ギター/エゴ・トリップ

「パワートリップ」はテキサス出身のクロスオーバー・ハードコアバンドで、正確な演奏力と、怒声でがなり立てる男くさい熱さが「パワートリップ」の特徴です。 他にも、早弾きギタリストで有名なポール・ギルバートによる「恐怖のギタートリップ」という教則DVDでもトリップが使われています。 また、カートゥーンネットワークの「デクスターズ・ラボ」の長編作品に「デクスターズ ラボ エゴ・トリップ」という題名が付けられています。

例9:トリップ電流

発電機や機械においても「トリップした」という表現を使うことがあります。この表現は、機器へ負荷がかかりすぎること(過電流)で強制停止や安全装置が作動することを指します。

トリップとトラベルの違いは

トリップの意味を使われ方9例から学ぶ・トラベルとの違いは?

トリップは余暇を存分に楽しむための「短時間の旅行」であることに対してトラベルは「一般的な旅」のことを意味しています。これらの大きな違いはトリップは名詞であり、トラベルは動詞であるという点も挙げられます。 ・go on a trip⇒旅行(名詞)に行く ・travel around⇒あちこち旅行してまわる(動詞) このように意味は似ていてもそれぞれの使い方があるので状況に応じて使い分けると良いでしょう。

スラングに気を付けて使おう

トリップの意味を使われ方9例から学ぶ・トラベルとの違いは?

トリップは本来の意味が「旅行」に関連するものであること、そして「陶酔、幻覚状態」であることから普段と違った何か、を意味する表現として他の言葉でも応用されていることが分かります。 どの言葉も「トリップ」の本来の意味から来ているものばかりですが、意味の捉え方が変わってくるのでそれぞれの使い分けをマスターしてスマートに使えるようになりましょう。

カタカナ用語「ブルジョア」「チルアウト」の使い方

アクセスランキング