IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

返信メールでの上手な引用方法とマナー・記号の使い方

更新日:2022年11月21日

メール・手紙

ビジネスで必ずやり取りをするといっていいメールですが、届いたメールへどう返信したらいいのだろうか、わかりやすい返信メールにするにはどうしたらいいのかと悩んだことはありませんか。できる「返信メール」として受け取ってもらえるためのマナーなどをご紹介します。

アプリとして最近よく使われるようになってきたなってきたGmailも、もちろん返信ができますので、上手く使いこなしましょう。返信の仕方はとてもシンプルです。 【返信方法】 ①届いたメールの右上にある矢印を押す ②返信メールの画面になるので、メール内容を書く ③右上の紙飛行機を押す なお、gmailでも返信するときはメールが引用されています。引用したくない場合には、 返信の作成画面の本文に・の点が3つ(三点リーダーマーク)がありますので、このマークを長押しします。「元のメッセージを削除」という項目が出ますのでそれを押せば引用されなくなります。

返信メールを使いこなそう!

ビジネスで使う色々な連絡ツールがありますがその中でもメールは主流です。ビジネス上メールへの返信は必ず必要になってきます。メールは必須のツールですので、返信メールをうまく使いこなすことにより、きっと「仕事のできる人」として一目置いて見られるようになるでしょう。

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング