IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スマホへの磁石の影響・磁石が原因で壊れることもあるのか

更新日:2022年11月11日

雑学・歴史

スマホの手帳型ケースやスマホホルダーなどには磁石が使われているものがあります。その磁石がスマホに影響しないか心配されている方も多いのではないでしょうか。今回は、スマホへの磁石の影響や磁石が原因で壊れることもあるのかをご紹介します。

手帳型ケースのように磁石が使われているスマホケースを使うときには、注意が必要です。それは、クレジットカードなどの情報が消えてしまう恐れがあるためできればスマホとは別に。例えばお財布やバックに入れて持ち歩くことをお勧めします。 また磁気を使用するアプリもマグネットの磁力の影響を受ける可能性があります。代表的なものだと方位磁石などがあります。

ICカードも磁気の影響をうけるか?

ICカードはICチップを埋め込んだカードで読み取る情報量が磁気カードより多いです。そしてICカードは磁気の影響を受けることはありません。代表的なICカードは、電車やバスにお金を持たずに乗れる便利な交通系ICカードです。Suicaなどが知られています。 他にもイコカ、ナナコ、ワオンなどの非接触型のICカードなら磁気の影響は関係ありません。ただ非接触で電波で読み取り機と更新するのでスマホの電波には要注意です。

おすすめマグネットレス手帳型スマホケース

スマホケースのマグネットの影響が心配な方は、いっそマグネットが使われていない手帳型ケースを使われてみてはいかがでしょう。手帳型スマホケースも革製のものやキルティング素材など今やさまざまなものが市販されています。次におすすめのマグネットレスの手帳型スマホケースをご紹介します。

フリップノートケース ブラック TR-FNPIP164-BK

フリップノートケース ブラック TR-FNPIP164-BKは、フタにマグネットを使用しておらずSuicaやPASMOなどのICカードが入れられるカードホルダーつきです。フタをしたままボリュームボタンの操作が可能です。

フリップノートケース ゴールド TRA-FNPIP164-SGD

フリップノートケース ゴールド TRA-FNPIP164-SGDは、マグネットを使わない構造でクレジットカードも安心して収納することができます。画面を開けるとメイクをチェックできる画面を拭けるミラークリーニングカードがついています。

マグネットレスフリップケース ネイビークロスライン TR-LIBIP164-NXL

マグネットレスフリップケース ネイビークロスライン TR-LIBIP164-NXLは、磁気カードを入れたいからマグネットは嫌、だけどフタがパカパカ空くのも困るという方におすすめのケースです。フタはゴムバンドで閉じることができます。またこのゴムバンドに手を入れて落とさないように持ち歩くことも可能です。

背面クリアフリップケース シャインコーラルピンク TRA-FSIP164-KCPK

背面クリアフリップケース シャインコーラルピンク TRA-FSIP164-KCPKは、背面クリアのノート型ケースです。スマホ本体のカラーを楽しみたい方にお勧めです。マグネット不使用でクレジットカードを収納できます。

車の磁石のスマホへの影響

スマホはじめiPadなどのタブレットをカーナビのモニター代わりに使われている方は多いのではないでしょうか。車内で使用するスマホホルダーですが、マグネットタイプのスマホホルダーを多く見かけます。マグネットタイプはスマホを片手で手軽に着脱できるので大変便利ですが、磁石のスマホへの影響が気になる方もおられるでしょう。 スマホ自体は、磁石に弱いものではありません。またホルダーに使用されている磁石は磁力が小さいため、スマホへの影響は心配ありません。

取り外し簡単!車載ホルダー

スマホはだいたい持ち歩かれる方が多いかでしょう。通勤など毎日車を利用される方は、できるだけ取り付けと取り外しが簡単な方がストレスも少なく使いやすいでしょう。 アームや爪で固定するスマホスタンドも市販されていますが、取り付けや取り外しがやや面倒に感じられる方も少なくないでしょう。そこでお勧めなのが取り付け取り外しが簡単なマグネットタイプのスマホホルダーです。

磁石のスマホホルダーを使うときの注意

次のページ:スマホケースやホルダーくらいの磁石なら心配なし!
初回公開日:2017年11月13日

記載されている内容は2017年11月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング