IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

久しぶりのメールの書き方・相手別/ケース別のメール例文

更新日:2022年07月03日

メール

様々なシーンで使われる「メール」ですが、そんなメールにもマナーがあり、特にビジネスの場では、書き方に戸惑った経験もあるのではないでしょうか。この記事では、シーン別や久しぶりのメール、返信の書き方などご紹介します。メールを書くのに困ったら、読んでみて下さい。

久しぶりにメールを送る際のマナーって?

久しぶりってなんだか緊張する

今やどんな場面でも欠かせない「メール」ですが、久しぶりに送るメールとなると、「送る内容はどうしよう」「こういう時のマナーとかあるのかな」など尻込みしてしまう人もいるではないでしょうか。 また、メールは活字で伝えるツールのため、内容によっては伝わらなかったり、かえって不愉快にさせてしまうケースもあります。しかし、メールは電話より気軽さがあり、手紙よりリアルタイムにやりとりできる素敵なコミュニケーションツールです。うまく活用できれば相手との関係性も円滑なものになります。

久しぶりのメールに添えたい「言葉」

「久しぶり」というのも、とらえ方を変えると「せっかくの機会」です。「久しぶり」だからこそ伝えられる想いがあり、それはワクワクするものでもあります。 「んっ、メールのマナー・・・」と難しく考えず、相手に「○○さんから久しぶりにメールがきて嬉しい」「久しぶりだけど元気にしているかな」と思ってもらえるような、もらって嬉しいメールのつくり方を身に付けましょう。 ここでは、様々な相手やケースごとに、おさえたいポイントと、さっそく使えるメールの例文をご紹介していきます。

さっそく使える!相手別・ケース別のメール例文

失礼は許されない!ビジネスシーン

特に失敗の許されないビジネスシーンです。この場合はまず、「早い段階で」自分を思い出してもらえるような心がけが必要です。件名には必ず用件に加えて、自分の社名と氏名を入れましょう。 ・【○○のお取引について】△△株式会社の□□です ・【○○の資料について】お久しぶりです、△△株式会社の□□です また、メールの本文の書き出しでは、下記のような挨拶から入りましょう。また、季節や状況に合わせた気遣いの一言があると、定型文っぽさが無くなり好印象です。 ・ご無沙汰しております。 ・ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 ・暑さが厳しい毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 ・残暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか。 ・今年も余すところわずかとなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 加えて、前回の接触についても触れておくと、相手にも思い出してもらいやすくなります。 ・昨年○○の講演会でご一緒した~ ・以前○○の件で担当につかせていただいておりました~ 前回の接触より変わった状況(部署や役職など)があれば、そこにも触れておいた方が親切です。

意外と考えてしまう!異性の相手には?

異性の相手へ送る久しぶりのメールでは大切なのは、「何を伝えたくて」久しぶりにメールを送ったのかがきちんと伝わることです。また、久しぶりにメールを送った「キッカケ」を加えると好印象です。書き出しの挨拶で、下記のような言葉がひとことあると、突然のメールであってもスムーズに受けとってもらいやすいでしょう。 ・お久しぶりです。先日○○さん(共有の知人など)との会話で、△△さん(異性の相手)の話が出たので、久しぶりに連絡してみました。 ・お久しぶり。元気にしてる?前に話してた○○のことが気になって連絡してみたよ。 ただ1つ注意したいこととして、異性の相手となると、万が一誤解を招いてしまった場合は大変です。送るメールの文面も、「誤解を招く内容ではないか」「きちんと趣旨がそのまま伝わる内容か」など気を付けましょう。

返信もドキドキ!恋愛中の相手

恋愛中の相手に久しぶりにメールを送るのは、緊張しますし特に勇気がいります。ここで心がけたいことは、やはり「気軽さ」ではないでしょうか。意中の相手なだけに、伝えたい想いはたくさんありますが、1通でも多いメールのやりとりのためには、相手が返信しやすい内容のメールが必要です。 これまでのやりとりを話題にしたり、近況を気に掛けるような言葉があるとスムーズです。 ・久しぶり!前に話してた○○、その後どうなったの? ・お久しぶりです!最近、○○の調子はいかがですか? ただ1つ注意したいこととして、異性の相手となると、相手の状況もありますので、相手を気に掛けながら自分本位なやりとりにならないようにしましょう。

交際中の彼に送るメール

なかなか交際中の彼と「久しぶり」になる可能性は少ないかと思いますが、普段マメに連絡をとらないというカップルもいるでしょう。交際中の彼となれば、ある程度の信頼はありますが、ちょっとした心がけで、今までよりもっと良い関係が築けるでしょう。 彼の近況を気にかけたり、心遣いの一言などがあると彼も嬉しいでしょう。一緒に自分の近況なども添えると、彼もイメージできて安心でしょう。 ・毎日お仕事お疲れさま!最近はこっちは○○だけど、どう? ・お仕事は無理してない?忙しそうだから心配してるよ! 交際期間が長くなればなるほど、ついつい馴れ合いになってしまいがちですが、こうした気遣い・心遣いの一言があると「支えられてるな」「やっぱり必要だな」と改めて、存在の大きさを感じてくれるでしょう。

マナーってあるの?友達へのメール

気の知れた友達だとなかなか「メールのマナー」はピンときませんが、「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、末永く付き合っていきたいからこそ、礼儀を持って接することは大切です。 ビジネスシーンのように、かしこまる必要はありませんが、相手の近況を気にかける一言や、気遣う言葉があると相手も嬉しくなります。 ・久しぶり!仕事忙しそうだけど、元気にしてる? ・久しぶりだね!前に○○って言ってたけどその後大丈夫? ・お久しぶり!こっちは○○だけど、そっちはどう? どんな相手も「自分を気にかけてくれる」ことは嬉しいことです。お互いの状況を知った上でのやりとりになると、話もスムーズになります。

返信のメールを送る際のマナーとは?

次のページ:メールのマナーでワンランク上の”できる女”!
初回公開日:2017年09月12日

記載されている内容は2017年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング