IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

三線と三味線の違い・初心者が初めるならどちらが良いか

趣味

三線と三味線。「どちらも似たような見た目で違いがわからない」と思う方は多いのではないでしょうか。また「やってみたいけど、どっちを始めたらいいかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。これから始めたい!という方に三線と三味線の違いを紹介します。

更新日時:

三線と三味線。三線は主に沖縄民謡や奄美民謡。三味線は民謡、浪曲等で使われる楽器ですが、ロック・ポップス等のジャンルで使われる事も多々あります。どちらも三本の弦で構成される弦楽器で独特の響きが魅力的です。ぱっと見て、どちらが三線でどちらが三味線か見分けがつかないという方も多くいるのではないでしょうか。 この記事ではよく似ている三線と三味線の違いについて紹介します。違いがわからない方、これからどちらかを始めてみたい方は参考にしてみて下さい。

三線と三味線はどう違うの?

歴史

所説ありますが、元々は15世紀頃に中国の「三弦(サンシェン)」という楽器が琉球王国に伝わったのが三線の起源とされています。その後16世紀頃に三弦が日本に伝わり、そこから三味線が生まれたと言われています。三線の胴はニシキヘビの皮でできており、別名蛇皮線(じゃびせん)や蛇味線(じゃみせん)とも呼ばれます。沖縄民謡や奄美の島唄等、歌いながら演奏する「弾き語りスタイル」がメインです。 一方、三味線の胴は主に犬や猫の皮でできています。日本ではニシキヘビが住んでおらず、皮の調達が難しかったため改良を重ねて犬や猫の皮が使われるようになったと言われています。民謡や長唄等の歌いながら演奏する「弾き語りスタイル」で演奏も可能ですし、箏や尺八等の楽器と合わせて演奏される事も多々あります。

音域

通常三線も三味線も歌い手の声に合わせます。本調子と呼ばれるチューニング方法が一般的で、3本の弦をそれぞれド、ファ、ドとなるように合わせますが、歌う時に歌いにくいようであれば音の高さを調節します。カラオケで歌いにくい時にキーを上げたり下げたり変更しますが、このキー変更と同じ要領です。どちらも大体2オクターブ半程度の音が出せます。

さわり

三味線では「さわり」と呼ばれるビリっとした感じの独特な響きを出す事ができます。一の糸(三味線を持った時に一番手前にくる太い弦)の開放弦をわずかに棹に接触させることによって、ビりっとした感じの音を出します。倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす効果があり、このさわりを使う事で三味線独特の響きを出す事ができます。 一方、三線にはこうしたさわりはありません。

勘所

三味線も三線も勘所(かんどころ)と呼ばれる弦の上を押さえて音を鳴らします。ドレミの音を鳴らすポジションの事です。ギターでいうフレットに相当するものですが、三味線も三線もギターのようにフレットがないのでポジションを間違うと正しい音が出ません。 各音がどこにあるのかポジションを覚えておく必要がありますし、慣れるまで練習も必要になります。ちなみに三味線も三線も勘所の違いはありません。同じチューニングの場合は同じ位置で同じ高さの音が出ます(三線の方が棹が短いため、相対的にポジション間隔が狭くなります)。

サイズ

三味線のサイズは大体全長三尺二寸(約100cm)程度ですが、胴と棹(さお)は種類によってまちまちです。一方、三線は全長76~80㎝程度なのでサイズは三味線の方が少し大きいです。重さも三線が1Kg前後に対し、三味線は2~3Kg程度の重さです。三味線の方がサイズが大きい分重さもやや重くなります。 先述の通り、胴は三線がニシキヘビの皮、三味線が犬猫の皮を使用していますが、近年は合皮製のものも製造されており、本革製のものよりも安価です。弦はどちらも絹製ですが、近年テトロン製やナイロン製の弦も多く販売されています。

価格

初心者向けのもので三線が大体2~3万円程度から販売されています。三味線については初心者向けで大体3~4万円程度から販売されています。どちらも上を見たらきりがないですが、全体的に三味線よりも三線の方がやや安価です。 どの楽器でもそうですが、興味のある楽器はネットで購入するより、実際に店舗に行って一度手にしてみる事をお勧めします。実際に見て、手にしてみた感覚で選ぶのが一番良いですし、わからない事を店員さんにどんどん聞いてみましょう。楽器選びの参考になるでしょう。尚、楽器店で勝手に楽器を触ると店員さんに怒られますので、楽器を触ってみたい時は必ず店員さんに声をかけましょう。

弾き方

三味線も三線もギターのように左手で弦を押さえ、右手で弦を弾いて音を出しますが、三味線ではイチョウのような形をした「ばち」を右手に持って弦を弾きます。一方三線は義甲という爪のようなばちを人差し指にはめて弦を弾きます。三味線も三線も必ずこれらの道具を使わなければならないわけではなく、奏者や、曲のジャンル等により指(爪)やギター用のピック等で弦を弾く事もあります。 また三味線では左手の親指と人差し指に「指すり(指かけ)」というものをかけて演奏します。1つの弦の上で高音と低音の行き来をスムーズにさせるためです。三線では指すりは使用しません。

音色

どちらも似たような音色ですが、三線がやや丸い印象の音に対して、三味線は少し尖ったような印象の音がします。また、三味線にはさわりの響きも加わって三線よりもやや厚みのある音になります。 どちらも基本的に歌やメロディに合わせて単音で弾きますが、三味線はそれに加えて速弾きやコキ(ビブラート)、ウチ、ハジキ等の左手の奏法も豊富です。参考までに三線と三味線を使った楽曲を紹介します。三線と三味線、二つの楽器の音色の違いを聴き比べてみて下さい。

三線と三味線のチューニング方法

三線では、抱えて一番手前側の弦から「男絃(ヲゥーヂル)」「中絃(ナカヂル)」「女絃(ミーヂル)」と呼びます。三味線は手にして上の弦から一の糸、二の糸、三の糸と呼びます。どちらも歌い手の声に合わせてチューニングをしますので、ギターやバイオリンのようにこの弦がこの音と決まっているわけではありません。 最も一般的なチューニングは本調子と呼ばれるチューニングでしょう。一の糸(男絃)、二の糸(中絃)、三の糸(女絃)をそれぞれ、C(ド)、F(ファ)、C(ド)と合わせます。もちろん、歌い手の声の高さにより、D(レ)、G(ソ)、D(レ)やB(シ)、E(ミ)、B(シ)となることもあります。他にも、二上げ、三下げと呼ばれるチューニング方法があります。 尚、チューニングにはピッチパイプ(調子笛)やチューナーを使うのが一般的です。

初心者に向いているのは三線?三味線?

楽器を触ってみたり、音色の好みがあったり、弾いてみたい曲のジャンルが決まっている等、明確な目的があれば好きな方を選びましょう。ただし、三味線の方が左手の奏法が多く、独特のさわりもあるため、三味線の方が三線よりも難易度が高いといえるでしょう。三味線で三線の曲を弾く事はできますが、三線で三味線の曲を弾く場合は難易度が上がります。 絶対ではありませんが、初心者の方でどちらにしようか迷っている方や、どちらにすればよいかよくわからないという方には難易度がやや低い三線を始める事をお勧めします。

まずは始めてみよう!

三線も三味線も素晴らしい楽器で、どちらも心地良い音色を出してくれます。これから始める場合は三線の方が難易度が低いでしょうが、どちらを選んでも全く問題ありません。好きな方で始めるのがいいでしょう。 ただし、「沖縄民謡を弾きたい」「Beginのような曲を弾いてみたい」「津軽三味線の音に憧れる」「尺八や箏と合奏する」等、明確な目標がある場合はこの限りではありません。それぞれに適した楽器を選びましょう。 これを機に三線や三味線を始めてみるのはいかがでしょうか。是非三線や三味線の素晴らしい響きを楽しんで下さい。

関連タグ

アクセスランキング