IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

本数によって花言葉がかわる?白バラの花言葉の意味と由来

更新日:2020年06月24日

自己啓発

「愛」と「美」を花言葉にもつバラの花ですが、バラ全般における花言葉以外にも、色や状態、ほかの色、花との組み合わせで、違った花言葉があるのはご存知でしょうか?今回は、いろいろな色のバラの中でも、ロマンチックな白バラの花言葉について詳しく紹介していきます。

白バラの花言葉の意味と由来

バラの中でも優雅でしっとりとした色気を感じる白バラは、結婚式の装飾や花嫁のブーケ、髪飾りでも人気の色です。そんな白バラの花言葉は見た目と通り、美しい言葉が並びます。 まず色に関係なく「バラ」の花言葉は「愛」と「美」です。白バラ限定の花言葉は「純粋」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「約束を守る」「無邪気」「恋の吐息」です。情熱的な花言葉を持つ赤いバラとはまた違った、おしとやかな印象があり、結婚式で使われる花として納得の花言葉です。 美しい花言葉を持つ白バラですが、実は裏の花言葉は少し怖いものもあります。

白バラの花言葉の由来は?

西洋では多くの花の中でも、バラ、ユリ、スミレは聖母に捧げる花として特別に扱われてきたと言われています。バラは美しさを、ユリは威厳を、スミレは謙虚と誠実を表すとされており、この三つの要素を備えた女性こそが理想といわれています。 バラは「愛」の花言葉を多く持ちます。その由来はギリシャ神話にありました。美の神であるアフロディーテが生まれた時に、他の神様たちがバラの花を作り誕生を祝ったとされています。 白バラの花言葉にも愛に関係する花言葉が多く、さらに他の色よりも純粋な思いが込められています。それは白く輝き揺れる姿から付けられたといわれています。

白バラには伝説がある!?

多くの人に愛されているバラは、約5000年前の中国、そして現在のイラクで栽培が始められたといわれています。そして白バラにはこのような伝説が残されています。 先に記述して美の神であるアフロディーテが瀕死の状態になった時、恋人であるアドニスに駆け寄ります。その時アフロディーテは白バラの生垣につまずいてしまい、バラのトゲで傷を作ってしまいます。 その傷から出た血が落ちたところには、白バラではなく、赤バラが育ったといわれています。アフロディーテの愛を白バラが受け止め、赤バラが生まれたこの伝説は、バラの印象を一層ロマンチックなものにしています。

怖い花言葉も持っているバラ

バラには色ごとの花言葉が豊富なだけでなく、花の「状態」での花言葉もあります。蕾や小輪など咲いている状態によっても花言葉が違うというのも、他の花にはない魅力です。しかし、中には怖い花言葉もあります。 例えば、黒赤バラには「死ぬまで憎みます、化けて出ますよ」などという非常に恐ろしい花言葉があり、また小輪の黄色いバラには 「笑って別れましょう」というどこか悲しく、受け取り方によってはゾクッとしてしまう怖い花言葉があります。白い花言葉にも怖い花言葉がありますが、それは、花の「ある状態」に付けられています。続いては白バラの状態ごとの花言葉を紹介します。

白バラの状態別の花言葉

折れた

白バラが折れた状態の花言葉は「純潔を失い、死をのぞむ」です。折れる前はとても美しい輝くような花言葉が折れたとたんに恐ろしい花言葉に変わります。これは白バラのもつ「純粋」という花言葉が失われた状態から生まれました。 プレゼントする白バラのブーケが渡す際に、もしも何かの拍子で折れてしまったら、貰う側が折れた状態の花言葉を知らなくとも気持ちが良くないので、すぐに取り除いておいたほうが良いです。

枯れた

白バラが枯れてしまった時の花言葉は「生涯を誓う」です。プロポーズのような言葉です。または、何か生涯をかけて進む道を選んだ方に伝える花言葉としても素敵です。 美しく咲いている状態で「私はあなたにふさわしい」という花言葉があり、白バラが枯れてしまった後にも「生涯を誓う」という素敵な花言葉が付いている白バラは、どこまでもロマンチックな花です。

しおれた

次のページ:バラの部分ごとにも花言葉がある
初回公開日:2017年09月05日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング