IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【色別】スイートピーの花言葉|紫/赤/白/オレンジ/青/黄

更新日:2022年12月08日

自己啓発

スイートピーの花言葉を知っていますか。スイートピーという名前は知っていても、なかなかその花言葉までは知る機会は少ないでしょう。この記事では、スイートピーの花言葉についてご紹介します。この記事を読めば、スイートピーの花言葉について詳しくなれます。

スイートピーの花言葉

スイートピーという花を知っていますか。スイートピーは、原産地は地中海沿岸の花です。和名は、スイートピーと言います。英名は、sweet peaと言い、ほのかな甘い匂いを持っていることに由来します。 peaは、エンドウ、エンドウ豆のことで、実際にスイートピーは、マメ科レンソソウ属の植物です。学名は、lathyrus odoratusと言います。和名の別名は、ニオイエリンドウ、麝香レンソソウ、麝香エンドウです。麝香と付いているように、よい匂いがする花であることが名前から分かります。 花の色は、赤、ピンク、白、黄色、オレンジ、青、紫とあります。多くは、品種改良を経て作られた色であります。開花は、4~5月で、出回り時期は、12~5月です。最盛期は、3~4月なので、卒業式や入学のお祝いの花束に加えるのに、よく用いられています。誕生日花は、2月15日、3月15日、3月20日、6月9日です。花は、大体5日程持ちます。

スイートピーの花言葉にはどんな言葉があるのでしょうか。スイートピーの花言葉は、全体では、「門出」「別離」「永遠の別れ」「さようなら」があります。全体的に悲しく別れの言葉が多いです。

門出

「門出」という花言葉は、何だかもの悲しく寂しい感じがしますが、この「門出」はいい意味で用いられていて、主にスイートピーの出回り時期が3月なので、卒業式や会社の送別などの別れの時期と被っているためです。 スイートピーを卒業式などで贈るのは、日本で特に見られる現象で、西洋のスイートピーの花言葉にはありません。「新しい場所でも輝いてね」と言う気持ちを込めて贈る言葉です。

私を忘れないで

「私を忘れないで」という花言葉は、「門出」や「別離」という花言葉から派生した花言葉です。別れの時期に、「私を忘れないでね」という思いを込めて、仲の良い友人や親しい先輩、先生などに贈るとよいでしょう。スイートピーのほのかな甘い匂い共に、贈られた相手もあなたの事を忘れないで覚え続けてくれるでしょう。

永遠の別れ

「永遠の別れ」は、西洋のスイートピーの花言葉から来ています。Good-byeという花言葉が付いています。永遠の別れとは、死別やかなり遠く離れていく友人へ向けて送られる言葉であります。 悲しい出来事でも、スイートピーの花を贈れば、少しはその悲しみも癒えるかもしれません。贈られた方も、スイートピーのような可愛らしい素敵な花を贈られるのなら、きっと嬉しいでしょう。

さようなら

「さようなら」も、西洋のスイートピーの花言葉から来ています。これも、別れを意味する花言葉です。こちらは軽い感じの花言葉なので、旅先で出会った人などに、「さようなら」の気持ちを込めて、スイートピーの花を贈るのによいでしょう。スイートピーの可憐な花の雰囲気と甘い匂いで、別れも悲しいものでなく、良いものに変わってくれることでしょう。

色別のスイートピーの花言葉

スイートピーには、たくさんの色があります。紫、赤、白、オレンジ、青、黄色とあります。 それぞれの花には、特別の花言葉が付いているのでしょうか。

紫のスイートピーには、どんな花言葉が付いているのでしょうか。紫のスイートピーには、「永遠の喜び」という花言葉が付いています。

赤のスイートピーは、「門出」「別れの春」という花言葉があります。これは、スイートピーの全体の花言葉と同じもので、赤のスイートピーは、品種改良を経て出来上がった花なので、同じ花言葉が付けられました。

次のページ:スイートピーの花言葉の由来
初回公開日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年09月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング