IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マリーゴールドの花言葉7つ・マリーゴールドの花言葉の由来

更新日:2023年01月24日

自己啓発

学校の花壇や役所などで良くみかけるマリーゴールド。このマリーゴールドには良い意味と悪い意味の両極端の意味をもつ花言葉ももっています。「嫉妬」などの悲恋からきた花言葉や「変わらなぬ愛情」その両極端の意味をもつマリーゴールドの花言葉について調べてみました。

マリーゴールドとは

マリーゴールドの由来はある女性が恋人のいる人を好きになってしまい嫉妬に狂ってしまいます。その後マリーゴールドに転生したとされ、「嫉妬」「悲しみ」などの花言葉が生まれました。 マリーゴールドは観賞用やハーブティとして利用されたりします。

マリーゴールドの花言葉

マリーゴールドの花言葉は全体の意味として良く使われているのは、「嫉妬」「絶望」「悲しみ」「健康」「生命」「真心」などがあり、悲恋の花言葉が有名です。ただ、色別では全く真逆の良い意味を持っています。 ちなみに、白色のマリーゴールドは品種改良で誕生したばかりで、まだ色別の意味は持っていません。それでは、マリーゴールドの花言葉の1つ1つの意味を見ていきましょう。

花言葉1:絶望

「絶望」という悲しい花言葉をもつのが「マリーゴールド」です。 よく学校の花壇や、役所、また家でも栽培している人もいます。 日本では「菊」のような役割を果たしているのがマリーゴールドです。

花言葉2:健康

よく学校などで見かける黄色のマリーゴールドですが、花言葉には「健康」という意味をもっています。 マリーゴールドは普段贈り物として適しませんが、黄色のマリーゴールドは健康の意味を持つため、敬老の日などに「長生きしてね」の意味を込めて贈ることができます。

花言葉3:別れの悲しみ

マリーゴールドには良いイメージの花言葉と悪い意味の花言葉があります。両極端の意味合いの花言葉をもつのがマリーゴールドです。 マリーゴールドが「健康」を意味し敬老の日にぴったりとされる一方で、マリーゴールドのもつ花言葉が贈り物にはふさわしくないとされていることが多いです。 悲しい意味合いが多く、「嫉妬心」や「別れの悲しみ」「絶望」「悲哀」な意味合いをもつからです。

花言葉4:変わらぬ愛

悲しみの意味合いを持つマリーゴールドですが、「変わらぬ愛」や「濃厚な愛情」「可憐な愛情」など深い愛を表す良い意味をもつ花でもあります。 一見すると悲恋のような気もするのですが、変わらず想い続ける、その深い愛情から「変わらぬ愛」との花言葉がつけられたそうです。 その他にも良い意味としては「健康」や「信じる心」「生命の輝き」などがあります。

花言葉5:嫉妬

エキゾチックで明るい色の花、そして身近でよく見かけるこのマリーゴールドには悲恋の他にも「嫉妬」という花言葉もあります。 「嫉妬」は恋人関係だけではなく、女性同士の妬みや嫉み、人間の醜い部分が出るのが「嫉妬心」です。

花言葉6:生命

マリーゴールドの花言葉も悪い意味ばかりではありません。マリーゴールドの良い意味に「生命の輝き」という花言葉もあります。由来はギリシャ神話からですが、「生命の輝き」という力強く素敵な言葉から来ています。

花言葉7:真心

次のページ:色別のマリーゴールドの花言葉
初回公開日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング