IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
388

就活ノウハウ

「就活ノウハウ」に関する記事一覧です。履歴書の書き方や、面接対策といった、初めてのことばかりの就活を有利に進めるための記事が勢揃い。不慣れな就活で戸惑うときや、就活を有利に進めたいときにご覧ください。

    Pickup就活ノウハウのピックアップ

    【履歴書】証明写真の服装はスーツ?私服?正しい写真の服装選び

    就活でもバイトでも証明写真は履歴書の印象を決める大きな要素となってきます。今回はその証明写真の正しい服装について見ていきましょう。証明写真の撮影は写真館で撮るとそれなりにお金のかかるもの。そのため、後で写真の服装を間違えたなどとならないように正しい写真の服装についてしっかりと確認しておきましょう。

    作者名 | GG Media編集部

    【履歴書】生年月日は西暦?和暦?正しい生年月日の書き方・例

    名前や住所の記入の仕方で迷うことは少ないと思いますが、生年月日や学歴の欄で、年号は和暦と西暦のどちらで記入すれば良いのかご存知ですか?今回は、履歴書やエントリーシートにおける、生年月日の書き方についてご紹介するので、今後の履歴書記入の参考になさってください。

    作者名 | GG Media編集部

    【履歴書】学生は「扶養家族」をどう書けばいい?書き方と例

    履歴書には扶養家族について記入する欄があります。なんとなく、家族について書く欄であるということはわかると思うのですが、扶養家族とはどういった意味なのか、決まった書き方があるのかなどの疑問点があると思います。今回はそんな疑問点をなくすために、扶養家族の書き方についてご紹介いたします。

    作者名 | GG Media編集部

    【男性編】人事の好感度を上げる、就活の「髪型」3つ

    就活は数回の面接で採用者を決めます。一度だけ印象があまり良くなかった、それだけであなたの今後が決まるんです。人事担当者の選考の目はそれだけ厳しいのです。好印象を与える事が厳しい就活面接で生き残るための方法なのです。そこで今回は就活で好感度をUPする髪型をご紹介して行きます。

    作者名 | GG Media編集部

    【女性編】人事の好感度を上げる、就活の「髪型」3つ

    女性にとって髪は命と言われるほど大事な物ですが、,就活の場に相応しい身だしなみにする必要があります。人事担当者の厳しい選考を乗り越えるためにはどのような髪型が好感度が高いのでしょうか。今回はそんな好感度UPするための髪型のポイントと好感度UPする髪型を3つご紹介していきます。

    作者名 | GG Media編集部

    就活を考えだした「理系就活生」におすすめの就活サイト7選

    就活サイトには、リクナビやマイナビといった幅広い企業を扱った総合系のサイトもあれば、ベンチャーや金融、理系職種などジャンルに特化したサイトも数多くあります。そこで、理系就活生におすすめのサイトをまとめてみました。どのサイトを使えば良いか迷っている方は参考にしてみて下さい。

    作者名 | GG Media編集部

    就活の前髪は客室乗務員を見習え!就活女性におすすめの前髪は「斜め分け」

    出かける時の身支度で一番大変なのって髪型のセットですよね。就活においても身だしなみは気を遣うので前髪はどうしてもしっかり決めていきたいものです。そこで今回は就活女性の前髪をテーマにしていきます。あなたにぴったりのおすすめの前髪を見つけていきましょう。

    作者名 | GG Media編集部

    履歴書は手書き?パソコン?どっちがいいの?

    現在履歴書の作成方法は手書きとパソコンで作成する方法と二種類あります。パソコンで作成するとなんだか気持ちが伝わらないんじゃないかと不安になり、手書きで書き直した経験はありませんか?二種類の書き方があるのに本当はどっちが正解なのか、誰も教えてくれませんよね。今回はそんな履歴書のお悩みを解決していきます。

    作者名 | GG Media編集部

    【履歴書】失礼のない正しい折り方&封筒への入れ方

    履歴書を応募先企業に送る時、履歴書を封筒にどのように折って入れるのが正解なのか疑問に思った事はありませんか?三つ折りにして入れるのが正解?それとも二つ折りのまま封筒に入れて送るべきなのでしょうか?そこで今回はこの履歴書の正しい折り方と封筒への入れ方を説明していきます。

    作者名 | GG Media編集部

    【就活】グループディスカッションテーマ例5つと苦手でも突破するコツ

    最近、書類選考、筆記、面接(個人 or グループ)と並んで、グループディスカッションが新たな選考手段として活用されています。今回は、グループディスカッションの傾向から多く取り上げられるテーマを、筆者の独断で選んだテーマを5つをピックアップし、それら突破していくコツについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

    作者名 | GG Media編集部