IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「経験を積む」の意味・類義語・言い換え・例文|経験を積む方法

更新日:2021年04月26日

言葉の使い方

皆さんは「経験を積む」という言葉をご存知ですか?おそらく知らない人はほとんどいないと思います。しかし、この「経験を積む」という言葉の意味について深く考えたことはなかなかないと思います。今回は、そんな「経験を積む」という言葉に注目して少し考えてみたいと思います。

誰もが聞いたことのあるであろう「経験を積む」というなじみ深いワードですが、「経験を積む」という言葉がそもそもどういった意味を持っているのでしょうか? 今回は、そんな「経験を積む」という言葉に注目してみたいと思います。

「経験を積む」という言葉の意味

「経験を積む」とは、 実際に物事を見たり、聞いたり、行ったりすることを通して、知識や技能などを徐々に身につけて行くことを言います。 また 哲学的には、人間の感覚や知覚によって直接与えられるもののことを表します。

「経験を積む」の使い方

「経験を積む」の言葉の意味が分かったところで、今度は「経験を積む」という言葉の使い方について見て行きたいと思います。

「経験を積む」の例文

・もう少し経験を積ませてからの方がよい成績を収められたはずだ。 ・練習生として経験を積んだ後、彼はついに選手としてデビューした。 ・飲食業に従事し、現場だけでなく管理職や経営者としての経験を積んだ。 ・若い学年の内から、より多くの試合経験を積ませる動きが始まっている。 ・若い学年の内から、より多くの試合経験を積ませる動きが始まっている。

「経験を積む」の類義語・言い換え

以下に、「経験を積む」の類義語・言い換え例をいくつか挙げてみました。 ・ 経験を重ねる ・ 経験値を得る ・ 場数を踏む ・見聞を広める 「経験を積む」の「積む」という部分を「重ねる」という言葉に変えたり、逆に「経験」という方を「経験値」という単語に変えて言うことが多いです。

「経験を積む」の対義語

「経験を積む」の対義語は、「経験が浅い」です。 よく目上の方が「君はまだまだ経験が浅いのだから、もっと経験を積みなさい」と言ったりします。

「経験を積む」の敬語表現

「経験を積む」を敬語表現に当たる表現の仕方にすると、「研鑽(けんさん)を積む」になります。 「研鑽」という言葉の意味はというと、学問の研究によく励んだり知識を深めたりするといった意味があります。

「経験を積む」方法

初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング