当社/弊社と貴社/御社の正しい意味と違い・メールでの使い方

ビジネスの場でよく使われるフレーズに「当社」「弊社」「貴社」「御社」などがあります。これらには正しい意味や細かな違いがあるのをご存知ですか? 取引先の相手に対して「当社」か「弊社」のどちらを使う方が正しいのか。正しい使い方をまとめてみました。

ビジネスの場でよく使われるフレーズ:「当社」「弊社」「貴社」「御社」

ビジネスにおける商談の席やメールでのやり取りなどで、自社と取引先との間で「当社」や「弊社」、「御社」や「貴社」という言葉がよく使われますよね。自分の会社のことを「当社」「弊社」と呼び、取引先の相手を「御社」「貴社」と呼びます。

あなたは、それらの言葉の正しい意味や細かな違いをご存知ですか? 知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。今回は「当社」「弊社」「貴社」「御社」の正しい使い方をまとめてみました。

「当社」の正しい意味

当社とは、自分の会社を指す言葉です。「当」には「この」や「私たちの」という意味が含まれています。敬語の種類としては「丁寧語」に分類されます。自分の会社を客観的に表現するときに使います。

当社は、その会社の社内で一般的に用いられる表現です。例えば「会社の管理職から従業員に向けて発信する」「新入社員の説明会やセミナーなどの挨拶」のときなどに使われます。また、訴訟やクレーム、報道などに対して自社の見解や方針を示したり、異議を申し立てたりするときなどにも用いられます。

「当社」が使われる主なケース

・同一会社の社員間で話をする場合
・広告などで自社製品の性能比較を出す場合
・自社の取り組みや実績報告などを開示する場合
・訴訟やクレーム、報道などに対して回答する場合

「当社」のメールでの使い方

「当社」のメールでの使い方の例を以下に挙げてみました。「当社」「弊社」を使い分ける際には、相手との関係性を考える必要があります。「当社」は使う相手と対等、もしくは自分が上の立場である場合に多く使われる表現です。

・「今期の当社の経営目標は~」
・「当社が独自に調査したアンケートの結果によると~」
・「新製品に対し、当社比によると~」
・「当社といたしましても~」

「当社」の同義語には「我社」という表現もあります。こちらも社内でのやり取りに多く用いられます。

「弊社」の正しい意味

「弊社」とは、自分の会社を指す言葉です。「弊」は、訓読みでは「弊(つい)える」と読みます。「減少する」「無駄に使われる」という意味を含みます。敬語の分類では、「謙譲語」に分類されます。主に社外に対して自社を紹介する際に用いられます。

「弊社」が使われる主なケース

「弊社」は、自分や自分の会社にとって有益なことをしてくれる相手を敬う意味が込められています。その際は「当社」ではなく「弊社」を使うことが基本となります。「弊社」は自社の商品を紹介したり、勧めたりするとき、交渉の場面など相手の立場を立てつつ会話をする際に用いることができます。

「弊社」のメールでの使い方

「弊社」の使い方の例を以下に挙げてみました。「弊社」は、自分の会社を相手(取引先やエンドユーザーなど)の立場より格下に置いたへりくだる場合に多く使われる表現です。取引先やエンドユーザーとのメールの場合は、「弊社」を使用した方がよいでしょう。取引先などとの関係性を考えると、「当社」と表現するのはよくない印象を与えてしまう可能性もあります。

・「こちらは弊社が特に注力する商品となります」
・「こちらの案件については一度持ち帰りまして、弊社内で検討いたします」
・「弊社の意向としましては~」
・「弊社といたしましても~」

弊社の同義語には「小社」という表現もあります。「小社」は、相手の会社よりも規模の小さい会社であるというへりくだった意味合いが含まれています。

「当社」「弊社」のメールでの使い方に注意!

これまで見てきたように、「弊社」は自社のことをへりくだって表現する言葉です。自分の上司や社長に使ってしまうと、逆に相手に不快感を与える可能性もあります。また、取引先やエンドユーザーに「当社」「我社」を使った場合、そのメールの内容次第では相手に威圧的な印象を与えてしまうこともあります。メールでの使い分けには、十分気を付けることをお勧めします。

「貴社」の正しい意味

「貴社」は、社外の人に向けて相手の会社を示す言葉です。人を敬う気持ちの表現として用いられます。人の名前に「様」「先生」を付けたり、社名に「御中」を付けたりすることを総称して「敬称」と言います。「あなたの会社」と伝えるときに、その会社に対する敬意を表す言葉として「貴社」「御社」を使用します。

また敬称は、尊敬の気持ちをもって表現する「尊称」とも言われます。尊称は企業のみならず、団体や協会、組織に対しても使用されます。

「貴社」は主に文章における書き言葉として用いられます。貴社(きしゃ)の読み方は、「帰社」や「記者」、「汽車」などの同音異義語が多くあります。そのため、話し言葉には向いていないとされています。そのため、「貴社」は文章における書き言葉で使用し、「御社」は話し言葉で使用することが一般的になっています。

書き言葉で用いられる「貴社」

先述したように、貴社は書き言葉で用いられます。そのため、メールや書面などでは「御社」ではなく、「貴社」を用いるとよいでしょう。

またメールでは、企業はもちろんのこと、団体や組織に対する敬称(尊称)の使い方が重要となってきます。以下に例を挙げてみました。覚えておいて損はない表現です。

・株式会社・有限会社 → 貴社
・幼稚園・保育園 → 貴園
・学校 → 貴校
・学院 → 貴学院
・病院 → 貴病院・貴院
・お店 → 貴店
・大学 → 貴学
・信用金庫 → 貴庫
・銀行 → 貴行
・法律事務所・会計事務所など → 貴所・貴事務所
・協会 → 貴協会
・組合 → 貴組合
・社団法人、財団法人など → 貴法人

「貴社」のメールでの使い方

以下、貴社のメールでの使い方の例をまとめました。

挨拶文で使われる場合の例

・「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」
・「貴社ますますご隆栄のこととお喜び申し上げます」
・「貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます」
・「貴社ますますご隆昌にてお喜び申し上げます」

文面で使われる場合の例

・「明日までに貴社のWebサイトを確認いたします」
・「この企画へは貴社もぜひご参加願います」
・「貴社の求人を拝見いたしました〇〇と申します」
・「貴社に大変ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません」
・「貴社とのお約束をたがえました件につきまして~」
・「弊社と貴社との取引に際して」

締めの言葉で使われる場合の例

・「末筆ながら貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます」
・「末筆ながら貴社のますますのご繁栄をお祈り申しあげます」

メールなどで見かけることもある「貴社様」という表現。「貴」という字で既に相手を敬っており、「様」を付けると重複して敬う表現(二重敬語)になってしまいます。そのため「貴社様」という表現は正しくありません。使い方に注意しましょう。

「御社」の正しい意味

「御社」とは、相手の会社を敬った表現で「あなたの会社」という意味です。元来、「御」という字は、異境の地や天からの神を迎える意味を持ち、御社は尊敬語に分類されます。先述したように、話し言葉で相手の会社を表現する際に用いられます。

企業以外の「御」の付け方例

「貴社」と同様、「御」にも団体や組織に対する敬称(尊称)の使い方ができます。以下のように使われます。

・株式会社・有限会社 → 御社社
・幼稚園・保育園 → 御園
・学校 → 御校
・学院 → 御学院
・大学 → 御学
・病院 → 御院
・お店 → 御店
・信用金庫 → 御庫(御金庫)
・銀行 → 御行
・法律事務所・会計事務所など → 御所・御事務務所
・協会 → 御協会
・組合 → 御組合
・社団法人・財団法人など → 御法人

「御社」を使うケース

「御社」は取引先での交渉や就職(転職活動)などの面接といった場面で多く使われます。メールではあまり使われません。ただ、何度もやり取りをしている気心の知れた相手に対しては、「御社」を用いても失礼には当たらないケースもあります。

・「御社佐藤様宛に郵送いたしました」

しかし、「貴社=書き言葉」「御社=話し言葉」と解釈する人が一般的に多いので、メールでは「貴社」と書いておいた方が無難だと言えそうです。

また、「御社様」という表現は、重複して敬う表現(二重敬語)になるため、正しい使い方ではありません。気を付けましょう。

基本的な使い方を押さえれば問題ない

いかがでしたか? ビジネスにおける商談の席やメールでのやり取りなどでよく使われる「当社」や「弊社」、「御社」や「貴社」などの意味の違いや使い方を覚えていただけたでしょうか。一見、難しく思えるビジネスシーンでの言葉遣い。基本さえ押さえておけば問題ありません。ぜひ正しく使い分けてビジネスに活用してください。