IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己紹介のテンプレートまとめ|面接/合コン/交友関係など

初回公開日:2017年05月29日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

色んな場面で自己紹介をする機会があるでしょう。自己紹介は自分をアピールする為のものです。今回は場面によって最適な自己紹介テンプレートをご紹介します。ユニークな自己紹介テンプレートや合コンで活かせる自己紹介テンプレートまで幅広くご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自己紹介のテンプレート

自己紹介のテンプレート
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

学生でも社会人でも、自己紹介をする機会は度々訪れます。突然自己紹介をすることになったときにどんなことを初対面の人に伝えれば良いのか悩むことがあるでしょう。自己紹介は初対面の人に自分のことを分かってもらう為に行うことが多いです。最低限相手に伝えなければならないことを考えてみると意外と簡単です。 1.名前 2.出身地 3.自分の職業 4.年齢 5.得意なこと・趣味 6.家族の紹介 上記の内容を参考にテンプレートとして利用してみても良いですが、状況に合わせて使い分けたり、内容を増やしたり減らしたりしながら、自己紹介をした方が良いでしょう。面接のときは特に自己PRが重要ですので、何に重点を置けば良いのか、考えながら自己紹介をしましょう。

自己紹介のポイント

自己紹介で特に外せないのは名前です。名前を覚えて貰うために、名前に関する情報を織り交ぜて話すと効果的です。自分の名前の由来や漢字に関する豆知識などを言うだけでも、聞いている側の印象に残りやすいです。 ■名前の紹介例 木邑〇〇と申します。よろしくお願いします。キムラという苗字はたくさんありますが、私の苗字のキムラのムラという字は、上に口という字を書いて下に巴(ともえ)という字を書きます。この字は「ムラ」と読んだり「クニ」と読んだりでき、里や村を意味します。少し間違えやすい漢字ですが、どうぞこの機会に覚えて帰ってください。 このように少し豆知識を入れて話すと聞いている側の印象に残りやすく、「木邑さんという名前」ということを覚えてもらいやすくなります。

自己紹介する状況に合わせる

様々なシーンで自己紹介をする機会があるでしょう。面接のときにはユニークな自己紹介の仕方をすると、ふざけているような印象を持たれる恐れもあります。合コンや友達の紹介の席で、あまり堅苦しい自己紹介をしてしまうと近づきがたいイメージを持たれてしまいます。その状況や目的に合う自己紹介を考えた方が良いでしょう。 どんな状況のときにも言えるのは、得意分野や趣味などの自己PRの部分が肝だということです。異なるのは自己PRの内容で、面接のときには自分が今できることや会社に役立っていける自分の長所などをアピールする必要があります。合コンや友達の紹介など、少し砕けた状況のときは、自分がどういう人間なのか分かってもらえるような趣味の話や興味を持っていることなどを楽しく話していくことがメインになります。

おもしろい自己紹介のテンプレート

おもしろい自己紹介のテンプレート
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

社会人としてデビューするときに、堅苦しい自己紹介でもOKですが、会社の人達に対して、少しでも印象に残したい、覚えてもらいたいというときには、ユニークな自己紹介をすることをお勧めします。そうすることによって仕事のチャンスを貰える可能性もあるのです。 また合コンなどで、つまらない人だと思われない為にも楽しい自己紹介をしてアピールしないといけません。どの状況においても自分を覚えてもらうということは、今後長く付き合っていく人達に対して、第一印象が決まる大事なことなのです。ここで、どんな面白い自己紹介のテンプレートがあるのかご紹介していきましょう。

おもしろい自己紹介のテンプレート
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

パワーポイント・エクセル・ワードで自己紹介テンプレート

Microsoftのサイトで、PowerPointやExcel、Wordなどのソフトを使った自己紹介テンプレートを掲載しているページがあります。ExcelやWordのテンプレートは、そのまま面接などでも使えるようなものもあります。PowerPointのテンプレートは、自分自身をプレゼンするようにムービーで自己紹介できるものまであります。就職活動に使えるものから、サークルやプライベートな時にでも使えるものなど幅広くテンプレートが掲載されているので、自分の状況に合ったものを選んで作ってみてはいかがでしょうか。

合コンで有効な自己紹介テンプレート

合コンの目的は恋人を探すことです。相手に自分を知ってもらわなければ好意を持たれることもありません。自分に興味を持ってもらえるような楽しい自己紹介を心がけましょう。自分の趣味や興味のあることを話しておけば、気が合いそうだと思った人から近づいてもらえるでしょう。 ■趣味紹介テンプレート 私は読書が好きで、特に村上春樹を好んで読んでいます。本だけではなく映画化された作品も見るくらい好きで、所謂ハルキストだと自覚しています。 あとで話題にしやすいことを自己紹介のときにしておくと会話がスムーズに進みます。趣味もできるだけ詳しく話しておくと、興味を持ってもらいやすいです。「ハルキスト」というワードを用いることで、「ハルキストの人だ」と覚えてもらいやすくなります。

目立ちたい人の自己紹介テンプレート

ただ単に目立ちたいという人は、みんなと自分がどう違うのかという点に着目してみましょう。自分が他の人と違うところは何なのか、みんなが自己紹介のときに言わなかったことを意識してみましょう。自分の特殊な特技を披露してみるとかなり目立つことができます。けん玉が得意なら、けん玉を持参して、みんなの前で披露してみましょう。また冒頭でも説明しましたが、名前をただ言うだけではなくて、名前に関することを話すと覚えてもらいやすくなります。 ■名前のテンプレート 初めまして。〇〇あさみと言います。みんなからは、あ~ちゃんと呼ばれています。普段はPerfumeとして活動しています。 あまり適当なことを言うと悪い印象を与えてしまいますが、冗談だと分かる程度に有名人との共通点をアピールすると面白い印象を持ってもらえます。そうすることによって目立つことができ、名前も確実に覚えてもらうことができます。

目立ちたい人の自己紹介テンプレート
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

キャリアアップに活かす自己紹介テンプレート

面接のときの自己紹介で、自分が将来どういう風になりたいのかを伝えると採用されたときに希望の部署に配属される可能性が高くなります。目標が高くても気にしなくて大丈夫です。すぐには無理だけど、徐々に実力をつけてきたときにキャリアアップの機会を与えてくれることがあるからです。将来自分がどうなりたいのか、できるだけ具体的に話しておいた方が、採用する側から見て良い印象を持たれます。 ■将来展望のテンプレート 私は将来企画部長になりたいという目標があります。今は営業で商品の知識や顧客のニーズを勉強していき、その知識を基に商品開発の場で役立ちたいと考えています。

好印象な自己紹介テンプレート

とにかく好印象を持たれる為の自己紹介をしたいという人は、目立つことを考えてはいけません。目立つことは悪いことではありませんが、敵を作りやすいという点は否めないからです。協調性や社交性が分かるような自己紹介だと好印象を持たれやすいでしょう。 好印象は話す内容よりも、表情などから伝わることが多いです。笑顔を絶やさずに自己紹介を落ち着いた口調で話していきましょう。そして自己紹介の終わり方に気を付けましょう。自己紹介の終わり方で、好印象を持たれるかどうかが決まるのです。 ■自己紹介締めのテンプレート 皆さんと仲良く、末永く付き合っていきたいと思っています。至らない点が多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

他の人の自己紹介を参考にしてみる

他の人の自己紹介を参考にしてみる
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

自己紹介をするときに、他の人の自己紹介の仕方を参考にしてみましょう。自分で思いつかないようなことをしている人もいるはずです。また、声のトーンや口調、話すスピードも注目してみましょう。自分がもし聞き取りにくいと感じたら、自分が自己紹介するときにはもっと大きな声で話そう、もう少しゆっくり話そう等と最適な条件を見つけられます。 そして、相手の話す内容を参考にして、自分の場合はどういう風に言い換えられるかを考えると自己紹介の内容が思いつきやすいです。他の人の自己紹介を聞く状況になったときは、そのような点を意識して聞いて、自分が自己紹介する状況になったときに活かしていきましょう。

他の人の自己紹介を参考にしてみる
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

良いところを盗もう

他の人の自己紹介を聞いて、改善するべき点を見つけることも自分の為になりますが、それ以上に良い点がないか注目して聞いてみましょう。自己紹介の内容が面白かったのなら、どんなところが面白いと感じたのか分析してみましょう。趣味の話で、興味のない分野だったけど、勉強になるような内容を入れていたので興味を持って聞くことが出来たのなら、自分が自己紹介するときに取り入れてみましょう。 分析していくことで大切なのは、理由を考えていくということです。なぜ興味のない話だったのに興味を持ってきくことができたのか、理由を考えていきましょう。そうすることによって、いかにして興味を持ってもらえるように話せるか分かるようになり、自己紹介するときに効果的に使うことができます。

自己紹介が良いと気にかけてもらえる

自己紹介が良いと気にかけてもらえる
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

自己紹介が良いと、たくさんの人に覚えてもらうことが出来ます。そうすると、色々と気にかけてもらえるようになり、仕事のチャンスや趣味のお得な情報などを提供してもらえることが多くあります。自己紹介で印象が良くないと逆に避けられてしまうこともあります。難解な趣味や近寄り難そうな自己紹介をすると、あまり関わらないようにしようと思われることもあります。誰が聞いても分かりやすい内容の自己紹介をするように心がけるようにしましょう。

印象的な自己紹介

印象的な自己紹介をすると、早く自分のことを覚えてもらえます。聞いている人にとって印象が残るような内容を話すように意識してみましょう。これまで述べてきたように、名前の豆知識や由来を話してみたり、他の人にはないような特技や趣味の詳しい内容を話したりなど、少し意識するだけでも随分と印象が違います。 日本人の性質として、あまり目立ちたくない、自己主張したくないという人が多いでしょう。しかし、何も主張しなければ、何も印象には残りません。何の為に自己紹介をするのか確認してみましょう。自己紹介の目的が分かったら、その目的に沿った自己PRができるように努力していきましょう。

逆の立場を想像する

自己紹介を受ける側の気持ちを想像してみましょう。自己紹介をするシーンによってそれぞれ異なるでしょうが、聞き手がどんな情報を欲しているのか想像することによって、興味を持ってもらえるような自己紹介ができるようになります。 面接なら、面接官の気持ちを想像してみましょう。面接官はこの仕事に合っているのか判断していきます。自己紹介によって、どんなことが得意な人間なのか、どんな仕事に向いているのか、会社に貢献してもらえるのかどうかを見極めます。そのことを想像すると、どういう内容の自己紹介をすれば良いのか分かってきます。 合コンの時でも同じように考えてみると良いです。自分だったら相手がどんな人なのか知りたいと思うでしょう。自分の性格や趣味の話から、その人がどういう人なのかを想像します。できるだけ相手に伝わるように分かりやすい自己紹介を心がけましょう。

自己紹介は「自分をよく知る」が大切

自己紹介は「自分をよく知る」が大切
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

自己紹介をする前に、自分がどういう人間なのかを知る必要があります。自己PRしたくても自分の長所が分からないという人は多いのです。そんな時は、自分が親しくしている友人や家族から自分の良いところを聞いてみましょう。自分自身で分からなかったことをたくさん教えてもらえるでしょう。 自己を知るにはたくさんの人と話すことが大事です。自分の内面は自分にしか分からないこともありますが、自然と周りの人に伝わっていて、周りの人からの客観的にみた自分の姿からも、自己を形成していくことができます。たくさんの人と関わることで、たくさんの価値観と様々なものの見方で自分を投影でき、広いものの見方ができる自分になれます。そうすると、自己紹介するときに柔軟な言い方ができ、短所も長所として話すことができるようになるでしょう。

これまでとこれからの自分

今までの経験から、自分がどんな人間なのか分かったら、今度はどんな自分になっていきたいのか考えてみましょう。一度形成されてしまった人間性はそう変わることはありません。しかし、自分の意識の持ち方で十分変えていくことはできるのです。現在の自分に満足しているのなら、無理に変えていく必要はないです。そういう人はどう維持していくかに意識を変えてみましょう。 これまでの自分が好きになれず変えていきたいと思っている人は、どんな人間になりたいのか考えてみましょう。有名人でも身近な人でも目標とできるような人を探してみることで、具体的な人物象が分かります。自身を持って自己紹介できるような自分になれるように、努力をすることを惜しまないようにしましょう。

個性とは?

個性が大事だと言われる時代ですが、個性的になろうとする必要などありません。もともと人それぞれ個性は備わっているので、そのまま個性を活かせるように生きていけば良いのです。同じ人など一人もいないということを頭に入れておきましょう。他の人よりも目立とうと思って自分を偽ると後々苦労します。自然体のままでいることで自分の個性が見えてくるはずです。大切なのは、もともと備わっている自分の個性に気付くことです。自分の個性が分かったら、自己紹介に取り入れていきましょう。

自己紹介テンプレートは参考程度にしておく

自己紹介テンプレートは参考程度にしておく
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

これまでテンプレートをたくさん紹介しましたが、ほんの一部に過ぎません。そして、テンプレートをそのまま使うことはしないようにましょう。あくまで参考程度に利用しましょう。テンプレートを多用すると、自分の個性がなくなってしまう恐れがあります。テンプレートをそのまま使わずに、自分の言葉で自己紹介をしていくように心がけましょう。 インターネットで調べるとたくさんの自己紹介テンプレートが出てきます。簡単に調べられるということは、たくさんの人が同じテンプレートを見ている可能性があるということです。そのままテンプレートを多用すると、感の良い人だとすぐにテンプレートを利用しているとバレてしまいます。面接の場だと採用されるかどうかに関わってくるので、テンプレートの文章をそのまま使うことは避けましょう。

自己流の自己紹介

敢えて自己紹介テンプレートを見ずに文章を書いてみましょう。そうすると自己流の自己紹介ができるようになります。それからテンプレートを参考程度に見るようにしてみましょう。後からテンプレートを見た方が、修正ポイントが分かり、自分の言葉での文章が書けるようになります。 自分のアピールポイントは何なのかが分かれば、何も見ないで文章が書けるはずです。また、普段から本や新聞を読むことをお勧めします。そうすることによって語彙力が身につきます。語彙力があればテンプレートを見ずに文章が書けるようになるのです。 どのように表現すれば良いか分からないときに、テンプレートを見ることがあるでしょう。表現方法などはテンプレートを参考にして良いと思いますが、特に面接の場だと、堅い表現で話すことが多いので、どんな言い方があるのか調べることは悪いことではありません。ビジネス用の自己紹介テンプレートもインターネット上にたくさんあるので、参考にしてみると良いでしょう。

自己PRの大切さを理解する

自己PRの大切さを理解する
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

自己PRが苦手な人は多いでしょう。アピールすると嫌悪感を持たれるのではないかと危惧する傾向が日本人には多いのです。もちろん言い方によっては嫌悪感を持たれる可能性もあります。そんな時は悩まずにテンプレートを参考にしてみて良いでしょう。上記で説明した通り、テンプレートをそのまま利用することはお勧めできません。あくまで参考程度に利用しましょう。自己PRが上手くできれば、相手に好印象を持ってもらうことができます。そして、自分を良く理解してくれてる人から、色んなチャンスをもらうことができます。

交友関係がある程度決まる

自己紹介でどんな人なのかが分かると自分と長く付き合っていく人がある程度決まってきます。第一印象でどんな人なのか殆ど決定付けられてしまうのです。その人の印象と価値観と興味の分野で、「この人となら仲良くなれそうだ」と思ってくれる人達が寄ってくるでしょう。そして、そこから長いお付き合いになる可能性が高いので、自己紹介はとても大事なことだということが分かります。 悪い印象を持たれないように、自分で書いた自己紹介文とテンプレートを見比べてみましょう。どんな表現が適切なのか、あまり堅くなり過ぎていないかどうか、色んなポイントを見比べて修正していきましょう。

人生も左右する

交友関係で人生が左右されます。悪い人達と関わっていると自分にも災難が降りかかってきます。よく似た者同士が集まると言われますが、自分に似た人達が周りに自然にいると感じている人も多いのではないでしょうか。 自己紹介の時にどんな人なのかが分かったら、自分と似た匂いの人に近づこうとします。自己紹介が良い印象であったのなら、良い人達が集まってくるでしょう。逆に悪い印象を与えてしまうと、自分にとって良い影響を及ぼさない人達が集まって来やすくなります。自分の人生を明るい展望にしたいのなら、自己紹介も明るくできるように心がけましょう。

テンプレートを参考に自分だけの自己紹介を作り出しましょう!

テンプレートを参考に自分だけの自己紹介を作り出しましょう!
※画像はイメージです
出典: https://images.pexels.com

色んな自己紹介テンプレートやパターンを紹介してきましたが、人それぞれ千差万別違うので、型にはまった自己紹介は本来ならできないのが普通です。インターネット上にある自己紹介テンプレートを見て、こうでなければならないと思う必要はありません。 自己紹介に模範解答がある訳でもないので、自由な発想で自己紹介していきましょう。人と違うこと発見できれば、それは個性です。その個性をどういう風に言えば魅力的に見せられるのかを考えると素敵な自己紹介をすることができます。 自分は他の誰でもないことを踏まえて、自分自身を魅力的に紹介できるように意識しましょう。そうすれば、誰も真似することのできない自己紹介が出来るようになるでしょう。今回の自己紹介テンプレートを参考に場面に応じて自己紹介を成功させましょう。 自分の自己PRをプロに見てもらい、さらに自分の希望にもっと近い求人を探したい。そう感じたら、転職エージェントに相談しましょう。転職のプロがすべてサポートしてくれます。

関連タグ

アクセスランキング