IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終面接後の面談で落ちることはある?最終面接後の面談内容

ビジネスマナー

転職や、就職で聞くことのある最終面接後の面談とはどのようなものでしょうか。実際に面談を受けてみるとなんでもない事であったりします。この記事を見て、実際に最終面接後の面談を予定している人にとって、どのようなものなのか事前にイメージ出来たらと思います。

更新日時:

転職・就職における最終面接後の面談とは

最終面接後の面談とはどのようなものでしょうか。実際に行われることがある以上は気になるものです。そもそもの目的としては、最終面接後に自然の状態のあなたを最終確認の為に面談を行います。ほとんどは、和やかな雰囲気で行われることが多いです。 多くの会社が最終面接後の面談を行っているわけではないですが、いつそのような時が来ても大丈夫なように心の準備をしておきましょう。実際に面談に参加してみると、緊張感もそれほどなくいつのまにか楽しい時間が終わるような感じです。言い換えれば、このように面談を受けることが出来ればベストです。

面談の時はどのような事に注意すべきか

楽しい雰囲気であっても気を抜いてはいけません。社会人として守るべきところは守りましょう。お酒が出されたとしても少し飲む程度で良いです。大切なことは、最終面接後の面談で会社があなたを見てくることもありますが、あなた自身が会社の本当の社風を確認する良いチャンスです。 そこで、話した内容や雰囲気を自宅に帰って思いだして自分が入社した時にどのように感じるかをイメージすることが大切です。ですので、入社する可能性のある会社のチェックでもあるのです。また、あまりかたい口調などもやめましょう。面接と同じではなく失礼のない話し方が好印象です。

何の目的で面談をやるのでしょう

会社側の意図としては、あなたが実際に入社した後に会社に慣れることができるかを見てきます。ですので、大勢の社員と一緒に最終面接後に面談を行うこともあります。会社の社風にもよりますが、飲み会が多い会社などは実際に飲み会の機会を面談にして問題ないか見てきます。決して無理をする必要はありません。 自分の出来る範囲で、会社の面談で言動することです。また、面談が行われる前のいくつか会社に質問したいことをまとめておくと良いです。話すことがなくなった時にとても使えます。そして、うまくいけば会社側はあなたは、入社後会社に慣れることが出来ると判断します。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

最終面接後の面談内容

最終面接後の面談の内容は、色々な話しをすることです。その中で、ある意味あなたの素の様子を見ようとしています。それで会社に入社した時のあなたを具体的にイメージするのが面談の主な目的です。最終面接後の面談で話す内容としては、入社後にしたい事や、いつ位に結婚したいと考えているかを聞かれたりします。 このような質問に対しては、率直に答えていれば問題ないです。あとは、自分を無理してつくろうとしないことです。最終面接後の面談なので採用とは、あまり関係ないと考えるのが普通です。社員と様々な話しが出来れば、あなたの入社後の会社に対するイメージをしっかりとしてきます。

お酒の席になった時の雰囲気について

最終面接後の面談がお酒の席になった時にはどう対処すれば良いでしょうか。それは、社員とコミュニケーションをよくとり、その会社の社風に慣れることです。自然なかたちでその会社に慣れることが出来ればベストです。最終面接後の面談で社員もこれから入社してくるあなたに興味を持ってくれて話しかけてくるでしょう。 あまり緊張せずにリラックスした状態でお酒の席でも対応することです。もしもお酒をすすめられたら、付き合い程度で飲めば大丈夫です。お酒に弱い方は、正直に言って少量にしましょう。あまり飲めないからといって問題になることはないです。

どんな内容の事を話せば良いか

基本的には、入社後の抱負などを話すことになります。なので、最終面接後の面談の前には入社後の自分のイメージをある程度もっていることが大切です。または、何でも良いので自分からすすんで話しをする姿勢も必要です。そうすることで、会社側もあなたが入社したあとも問題なく会社になじんでくれると考えます。 さらに、時間があれば面接では聞けなかったような事も聞きましょう。例えば、待遇に関してかなりつっこんだ質問をしても良いです。給料はどれ位ずつ上がっていくのか質問しても良いです。要するに最終面接後の面談の場はお互いの情報交換の場であり、自分が話すことで成り立つ場でもあります。

最終面接後の面談で落ちることはあるの?

最終面接後の面談の内容で落ちることはほぼないです。面談はそもそも採用する人に対して確認の為に行うことです。とても非常識な事をやってしまったりしない限り大丈夫です。会社側も、リラックスして来て下さいと言ってくれることが多いです。最終面接後の面談をやらない会社と比較して、やってくれる会社は親切だと思って下さい。 忙しい時にあなたの為に時間をさいて面談をしてくれるのです。また、面談に参加する社員の方も楽しみにしている事が多いです。お互いにとって楽しい面談になればそれで問題ないです。もしも面談をして、会社を落ちたとしてもあまり気にすることは無いです。

面談でしてはいけない事とは

あまり良い雰囲気になりすぎて度を超えた言動をするのはやめましょう。最終面接後の面談は、お互いの理解を深める場ではありますが、遊ぶ場ではありません。節度をもった対応をしていれば良いです。また、お酒が出る席になっても決して飲み過ぎないように注意が必要です。泥酔してしまえば、自分が何を言ったのかさえ分からなくなります。 ひょっとすると将来の上司に失礼な事をしてしまうこともあります。最終面接後の面談でお酒はすすめられたら少量を飲むようにしましょう。あとは、面談の場で頻繁に席を立ったり、退席したりしないことです。あなたのイメージを悪くするような事をしなければ何も気にする事はありません。

上手な面談の参加の仕方

最終面接後の面談用に前もって自己紹介の内容を覚えておくことが大切です。人は、最初にその人が話した内容である程度人を判断するところがあります。自分らしい自己紹介の内容を良く考えて最終面接後の面談に参加することです。もしも上手な自己紹介が出来なかったとしても面談の中で自分という人を少しでも理解してもらえるように言動することです。 そうすれば、あなたに対する社員の印象は良くなります。さらに、面接で会った人意外の人の名前なども覚えることです。どのような人がいて何をしているか分かるようになれば、面談の場はあなたにとってもより有益な場となるでしょう。

面談で質問すべきこと

最終面接後の面談の場では、自分の聞きたいことを事前にまとめて質問すると良いです。それは、社風などでも良いですし、仕事に関する事でも良いです。自分がその会社に入社するのに必要な情報を入手するつもりで質問することです。最終面接後の面談は面接とは違い、何か質問したからと言ってマイナス点を付けられる事はないです。 自分から積極的に質問しましょう。最近では景気も厳しいこともあり、入社してみたら全然話しと違う会社なども結構あります。そんなことにならない為にも、色々聞き出すことが重要です。

どのあたりまで会社の事を聞き出して良いか

極端な事を聞かなければ、何でも質問出来るのが最終面接後の面談の時です。それは、常識の範囲の話しなのであまり深く考えないことです。例えば、離職率の事を具体的に教えてもらうこと位は大丈夫です。あとは、入社後に注意すべきことなども問題ないです。 さらに、社員で多いタイプの人はどのような人かなどの質問も良いです。自分が納得のいくまで質問しましょう。あとで聞いておけば良かったと思わないように質問することです。

入社を意識した面談の参加とは

もしも時間があるのであれば、入社してから自分の目標などをみんなの前で発表したりするのも良いです。最終面接後の面談と言うのは、ほとんどの場合入社を意識したものなので思い切った事を発言しても大丈夫です。むしろ、入社後の付き合いも考慮した言動が大事です。 最終面接後の面談でこの人はやる気のある人だと思ってもらえれば、色々な仕事をやらせてもらう機会も増えるでしょう。また、人間関係においても今後一緒に仕事をする人と実際に面談で話すこともあります。それが上司であることもあるので自分から様々な話しをすることです。そうすれば、社員の方はあなたをこころよく受け入れてくれます。

関連タグ

アクセスランキング