IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「スキルアップしたいこと」の志望動機での伝え方・書き方と例文

初回公開日:2017年05月23日

更新日:2020年06月04日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

志望動機でスキルアップがしたいというフレーズを使うことは多いでしょう。しかし、企業にスキルアップの理由を伝えなければ、その動機は志望動機にはなりません。履歴書への書き方や志望動機の例文など、志望動機を書く際のポイントをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

スキルアップしたいという志望動機の伝え方

何のためにスキルアップしたいのか

その企業へ入るための口実としてスキルアップがしたいと書けばいいというものではありません。何のためにスキルアップがしたいのか理由を考えてみましょう。具体的なスキルアップをしたいという理由をピックアップすることによって、明確な志望動機を書くことができます。

なぜその企業でないとダメなのか理由をハッキリさせる

スキルアップの理由を明確にさせることも大切ですが、なぜその企業でなければならないのか理由を考えましょう。また、現職でキャリアアップができない理由を述べることも志望動機を書く上では大切になってきます。応募する企業のどこにスキルアップができそうな理由があげられるのかをピックアップしてまとめてみましょう。

前職の経験をどのように活かせるのか

スキルアップという理由だけなら前職でもじゅうぶん活かせるのではないかと考える人は多いです。そのため「スキルアップがしたいです」という理由だけでは志望動機としては弱いです。前職での経験やスキルのアピールをしましょう。また、その経験が応募する企業の環境でどのように活かせるのかを書くことも大切です。単純に書くのであれば「私の●●という経験が、御社のビジネスに貢献できると思ったからです」という書き方が無難といえるでしょう。 なかなか思うようにペンが進まず悩んでいるなら、転職エージェントに相談しましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみましょう。

履歴書への書き方

履歴書は文字数も限られてきますので、よく考えてまとまりの良い志望動機を考えることが大切です。次の項目でスキルアップの志望動機例をいくつかご紹介しています。志望動機を考える際にご活用いただければ幸いです。

志望動機の例文

「スキルアップがしたい」フレーズを使った志望動機を書く場合の志望動機の例文をいくつかご紹介いたしましょう。スキルアップという言葉だけでなく「スキルをあげたい」「スキルを活かした貢献がしたい」などの言葉でも伝わりますので、志望動機の内容によって言い回しを色々と考えてみましょう。

『私は、主にパソコンを使った私の以前の作業を通して、より専門的な知識と経験をスキルアップしたいと考えました。前職では、初歩的ではありますがVBやPHPなどのコーディングを行っておりました。現在も独学でC言語などの勉強をしております。さらに専門的な知識と経験を得るために、システムの構造や操作のプログラミングスキルを向上させたいと考えています。私の今まで経験してきたスキルを活かして、御社のビジネスの貢献となればと思い応募させて頂きました。』

転職の際のスキルアップに関する志望動機

転職の際にスキルアップとして転職する人は多いです。今働いているところでスキルアップができないのは上層部がダメな場合と、スキルアップをする時間や制度をあたえてもらえないのが転職する人の主な理由とされています。 転職の際に「スキルアップをしたい」と書く場合は、自分のスキルや経験など応募先の企業との共通点があるかどうかをチェックしてみることが大切になってきます。企業はなるべく、自分の企業の利益となるような人材を確保したいので、意思疎通ができる仲間を求めていることが多いです。 まずは共通点を確認して企業研究をしてから志望動機にどんな動機を盛り込むのかを考えていきましょう。そこから明確な理由を導き出せば、志望動機が書きやすくなるでしょう。転職の際のスキルアップに関する志望動機の例文もご用意しましたので、参考にしてくださると幸いです。 転職は人生を左右する大きな決断です。後悔しないためにも、あらゆる準備と対策を行いましょう。そして、一人での転職活動に限界を感じたら転職エージェントに相談してみましょう。 転職エージェントなら、履歴書の書き方のサポートから求人の紹介、条件の交渉まで行ってくれるので、サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

企業は教育機関ではないことを念頭に

いかがでしたでしょうか。スキルアップをしたいという理由で企業の志望動機を書くことは悪いことではありません。むしろ現状よりもスキルアップをしてビジネスに貢献してくれたほうが企業にとってはメリットが大きいからです。しかし、企業は学校でもないですし、教育機関ではありません。確かにスキルアップをしたいなら、独学で学ぶよりも実践で学ぶことのほうが多いため、学校にも通わないで良いですし、現場での知識や経験がつきやすいです。 単純に大手に入ってスキルアップをしたいという理由で入るならその大手に見合うほどのスキルや経験を持ち合わせていなくてはならないからです。企業にとってプラスになるスキルや経験を持っているなら、どんどんアピールすることが志望動機の書きやすさはグンとあがることでしょう。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング