IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケーキ屋への志望動機の書き方と例文|社員/アルバイトの場合

書類選考・ES

ケーキ屋で働いてみたいと思う人は多いでしょう。しかし、志望動機の書き方で悩んではいませんか。ケーキ屋での販売や事務、製造などの志望動機の書き方のポイントや志望動機の例文などをご紹介しています。コツさえおさえれば、志望動機は簡単に書けます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ケーキ屋の志望動機の書き方

ケーキ屋は食品業界では常に需要がある業界です。数もそれなりに多く、個人店舗が多いです。ケーキ屋というと販売業が思い浮かぶ人が多いでしょう。しかし、ケーキ屋には販売だけではなく、製造や事務、接客など意外にもたくさんの仕事があります。まずはケーキ屋での志望動機を書く上でのポイントをいくつかピックアップしてみました。ケーキ屋の志望動機を考える際に参考にしてくださると幸いです。

なぜケーキ屋で働こうかと思ったのか

他の食品販売ではなく、なぜケーキ屋で働こうと思ったのかを書きましょう。これはどの志望動機でも当てはまることで、理由のない動機は志望動機として扱ってくれないからです。 当然、ケーキが好きということも理由には入りますが、なぜケーキ屋なのかということです。それは単なるあこがれなのかそれともその企業のケーキが好きで自分も業務に関わりたいと思ったのか理由は人それぞれです。ただ、ケーキが好きというのは前提ですが、ケーキが好きだけという理由は志望動機としては不十分であると判断されることでしょう。

なぜそのケーキ屋でないといけないのか

ケーキ屋で働く理由もありますが、なぜそのケーキ屋(企業)でいけないのかを考えましょう。ケーキ屋は個人店舗が多いため、その店の特色や魅力がカギとなります。 また、そのケーキ屋のことに興味がある好意があることも大切ですがそのケーキを販売することや製造することにも自分のどんな経験が活かせるのかを書きましょう。 志望動機の書き方で悩んでいるなら、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までしっかりサポート!転職のプロがあなたに合う求人を紹介してくれます。

志望動機例文

ケーキ屋の志望動機を書く時は、どう書いたらいいのかニュアンスがなかなか掴めず困っている人は多いです。そこで、ケーキ屋の志望動機の例文をいくつかピックアップしてみました。

ケーキ屋の志望動機(履歴書)

『私は小さい頃からケーキが好きで誕生日の時はいつも●●のショートケーキと決めております。いつしか御社のおいしいケーキをもっと多くの方に味わっていただきたい。多くの人に笑顔を届けたいと思うようになりました。アルバイトにてレストランホールスタッフを経験しておりましたので、コミュニケーション力と笑顔には自信があります。いち早く仕事を覚え、笑顔で精一杯頑張ります。』

ケーキ屋の志望動機(面接カード)

『私は食べることと作ることが好きです。以前から食品業界に興味があり、趣味でケーキを作ることがあることからケーキ屋で働いてみたいと考えておりました。前職ではケーキの制作補助として関わっておりましたので、知識と経験はあるほうです。また、日頃よりWordやExcelなど事務ソフトを使用しておりますので、書類の作成なども可能です。御社のような独創性のあるケーキを多くの方に味わって頂きたいと考えております。精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。』

ケーキ屋の志望動機(面接時)

『私は●●●でのコンシェルジュを経験し、顧客への顧客サービスを経験してきました。顧客に商品を説明し、賢明な顧客サービスを経験した経験から顧客サービスを経験しています。また細かい作業が得意なので、ケーキを丁寧にラッピングしてお客様に提供できるという自信があります。私の今までの経験を御社の繊細ビジネスへ活かしてみたいと思いました。』

職種別の志望動機(販売/製造/事務/接客など)

ケーキ屋にも販売だけでなく、様々な仕事があります。それぞれ職種別の志望動機の書き方やおさえておきたいポイントを解説しています。ケーキ屋の志望動機は職種によって異なりますが、共通点は「ケーキを好きであること」を前提に考えていきましょう。

ケーキ屋の販売の志望動機の書き方

ケーキ屋の玄関ともいえる販売・接客は笑顔でケーキを売っていればいいというわけではありません。お客さんによっては要望を細かく言う人もいますので、臨機応変に対応できるコミュニケーション力が必要となります。また、ケーキをラッピングするという技術も必要なので、多少の器用さも必要なスキルとなってきます。販売は、コミュニケーション力とラッピングスキル、笑顔に自信があるということを志望動機ではアピールすることが大切です。

また、販売によっては店長候補もありますし、会計事務を任される場合もあります。店舗によって仕事内容も違うので、応募前にチェックしておきましょう。

ケーキ屋の製造の志望動機の書き方

ケーキ屋の製造は、作る側です。ケーキが工場からのケーキというのはコンビニやスーパーなどが一般的ですが、ケーキは生物であることがほとんどですので、各店舗にいることになります。チェーン店などでは会社でケーキをデザインする人もいます。その場合、センスと味覚の良さなども必要となってきます。 また、工場との打ち合わせなども行うことになります。その場合、材料の発注や改善などをする場合があるので、コミュニケーション力もある程度は必要となってきます。

製造は一般的にはパティシエと呼ばれる人たちが作ることになります。パティシエになるにはパティシエの資格が必要になってきます。製菓専門学校などの教育機関で学び、その後各ケーキ屋、スイーツ店などに就職というかたちにになります。パティシエとしての志望動機はスキルと知識、そしてケーキをつくるセンスが問われることになってきますので、その店で働きたいという意思を強く伝えることを志望動機ではアピールしましょう。

ケーキ屋の事務の志望動機の書き方

ケーキ屋の事務といいますと表に出ていない職種のため、ケーキ屋の事務は思いつかない方も多いのではないでしょうか。事務はとても大切な職種でケーキ屋に関わらずどの企業でも必要になります。ケーキ屋の事務は、会計事務や書類作成、発注書などの作成の仕事を任されることになります。志望動機には、ケーキとケーキ屋の業務に興味があることと事務ソフトなどが扱えることをアピールするといいでしょう。

正社員・アルバイトの志望動機

続いて、ケーキ屋の志望動機をアルバイトや正社員で応募する場合の書き方のポイントをご紹介します。 ・ケーキ屋のアルバイトの場合 ケーキ屋のアルバイトは接客や販売の募集をしていることが多いです。自分がそのケーキ屋でアルバイトをしてどんな勉強をしてみたいのかを書きましょう。また、学生の場合は学生生活、私生活でどんな経験があるのかをアピールしてみるといいでしょう。 ・ケーキ屋の正社員の場合 就職活動でケーキ屋の正社員を志望する場合は、なぜその業界に興味を持ったのか、なぜそのケーキ屋で働きたいと思ったのかなどを書きましょう。転職の場合は、前職での経験が活かせる職種であること。前職での経験は「御社の●●なところに活かせる」など自分のスキルや経験とひも付けをした志望動機を書いていきましょう。

志望動機をつくり、ケーキ屋で働こう

いかがでしょうか。ケーキ屋は昔から人気のある業種です。小さい頃にケーキ屋さんになりたいと夢描いていた人は多いのではないでしょうか。しかし、実際にケーキ屋さんのパティシエになれる人はほんの一握りです。そのため、ケーキを売る側にまわったとしても、ケーキが好きであること、自分がケーキを売ることによってケーキ屋にどのような利益をもたらすのかなど、明確な理由を必要とします。 コミュニケーション力が低いといっても接客業を経験していないとダメというわけではありません。人と話すことが好きという理由でも構わないのです。ケーキ屋で仕事をしたいと思うのなら、まずはケーキ屋で働きたい理由、ケーキが好きな理由などをどんどん書いてみましょう。

その理由を動機として書けば、それは立派な志望動機となります。ここでは紹介した志望動機を参考にするのは構いません。ですが、なるべく自分が「ケーキが好き」という好きな理由を見つけて、自分の言葉で書くことが志望動機を書く上での一番の課題といえるでしょう。 自己PRや志望動機など自分をアピールするのが苦手な人は、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング