IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リフォーム会社への志望動機の書き方と例文|事務職・営業職の場合

初回公開日:2017年05月18日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

リフォーム会社で働きたい人の為に、志望動機の書き方と例文を紹介していきます、しかし、リフォーム会社に限らず、その前に大事なのが業界の研究です。志望動機を書くときの材料としても役立ちますので、今回は併せてリフォーム会社の現状についても簡単に解説していきましょう。

リフォーム会社への就職での志望動機の書き方+志望動機例文(履歴書+面接カード+面接時)+事務・営業職への志望動機

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

リフォーム会社の現状

リフォーム会社の実態や業界の動向も、時代の流れとともに移り変わってきました。かつては増築などがメインだったリフォームも、現在は大地震の影響から耐震性に不安を感じてその増強を行うケースや、あるいは自分から住居を求めてオシャレにリノベーションするケースも少なくありません。そうしたニーズに合わせて、リフォーム会社の動向も変化してきました。そんなリフォームニーズの変化と、業界の今後について説明していきます。

リフォーム会社の今後の展望

新築物件を扱っている業者の方も、最近ではリフォームを中心とした営業を展開しています。将来的には人の数より家の数の方が上回ると言われており、つまり、いたるところに中古物件があるという事態になってきます。 あくまで予想ですが、今後は中古住宅をリフォーム(リノベーション)して売りに出す、といった営業が展開されるようになるでしょう。人がいる以上、住まいも必要となりますし、住まいもまた年をとりますので、痛むのは当たり前です。そのためリフォーム工事は、人が存在している以上、不要になることはないと言えるのです。

リフォーム会社への就職での志望動機の書き方

大まかにリフォーム会社の現状と今後について知ったところで、今度は志望動機を書いてみましょう、と言っても急に書けるものではありません。リフォーム会社への志望動機の組み立ては難しいでしょう。そんなあなたの為に、今回は志望動機の書き方を解説していきます。

リフォーム会社への志望動機のポイント

リフォーム業界については仕事や業界へのイメージで何となく志望動機を組み立てる人が多いのですが、より具体的にそのリフォーム会社にエントリーした理由について考え、志望動機を構築していくと説得力が増すといえます。 しかし、これはリフォーム会社に限った話ではありませんが、リフォーム会社といってもその形態や社風は様々で、どのリフォーム会社でも通じるような志望動機では当然通りません、企業研究を欠かさず行い、その上で志望動機を書いていきましょう。 「新築でなくなぜリフォーム業界を選んだのか」「リフォーム業界の中でなぜこの会社を選んだのか」「企業研究をした上でその企業で自分にしかできないこと、実現したいこと」などを研究していけば、志望動機がより説得力を帯びていくでしょう。

具体的なエピソードを添えた志望動機を

よく聞く志望動機の中には「リフォーム会社が好きだから」や「家が好きだから」という理由を見ますが、単純に「~が好きだから」といった志望動機では採用担当者も首をかしげてしまいます。志望動機を伝える際には、必ず具体的に、できれば過去の体験やエピソードなどを添えて伝えましょう。「どのような家が好きなのか」「家に関するエピソード」「家が好きになったきっかけ」など、何かひとつ芯になるような要素を見つけるのが大事です。

志望動機には「どのように貢献できるか」を盛り込む

リフォーム会社への志望動機を書くポイントとして、自分は何に貢献できるのかをしっかりと考えるのも、大切なことです。 リフォーム会社の面接担当者は「当社に貢献してくれる人材なのか」を見ています。何に貢献できるかはあなた自身が一番分かっているはずです、それを具体的に、エピソードを盛り込みながら書きましょう。また、持っているスキルや特技、人柄など些細なことでもかまいません。そのスキルや能力をどのようにリフォーム会社に貢献できるかを考えて志望動機を作成していきましょう。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

リフォーム会社の事務職の志望動機ポイント

リフォーム会社も例外ではなく、事務職は必要であり、またその人気も高いです。上記のリフォーム会社の書き方と併せて見ていただきたい、事務職特有の志望動機の書き方、ポイントの解説をしていきます。

事務職はコミュニケーション力が大事

まずは、事務職の求人をよく見てみましょう。単に事務といってもデスクワークだけ、ということに限定されていません。事務職は当然ですが、電話応対などもあります。コツコツ作業することが得意で好きだから、という理由では事務職に向いていないと判断されがちです。 問題は求人先が、「どのような事務を求めているか」というポイントです。受付事務でなくても、来客応対がメインとなる事務の求人募集もあるくらいです。事務には、一定のコミュニケーション力が必要と言えるでしょう。また、事務の仕事をしたいという気持ちと同じくらい、誰かのサポートをしたいという気持ちも大切です。

素早く正確な事務処理ができる事を根拠つきで述べる

未経験者に求められるポテンシャルには、事務の仕事をいかにして迅速にかつ正確に処理できるかという点があります。確かに性質・性格に向き不向きはありますが、スピーディーな事務処理は好まれるでしょう。というのは、スピーディーであればあるほど、事務仕事が多く処理できるからです。しかも、正確性が重んじられるので、雑な事務をされては困ります。

送付書類の扱いも丁寧に

まずは履歴書一枚にしても、事務書類と考えましょう。封筒の書き方や写真の貼り方などもチェックされますので、丁寧さをアピールしてください。正確かつ丁寧に、几帳面さを志望動機と履歴書で示すように心がけましょう。送付書類の扱いも丁寧にすると、几帳面さに説得力が増すのです。

リフォーム会社の営業職の志望動機ポイント

企業が売上を上げ続けるためには当然ながら優秀な営業マンが必要です。そのため優秀な営業マンになりそうな人材には内定が集中する傾向があります。ここでは営業志望の方向けに志望動機の書き方におけるコツを解説していきます。

営業職はコミュニケーション力が第一

営業にとって必要不可欠な能力は何といってもコミュニケーション能力でしょう。企業は営業志望の人材はこのコミュニケーション能力がいかに長けているかを見ている場合がほとんどです。商品をアピールする事と自分をアピールする事はほとんど同じ能力といえるでしょう。自身のコミュニケーション能力がいかに優れているかをアピールする志望動機を考えましょう。

商品を売りたい熱意をアピール

営業をやりたいと思う場合の志望動機のコツのひとつとして、いかに自分がその商品を世の中に広めたいか、熱意をもってアピールする、というものがあります。営業職を志望する場合には、必ず企業が扱っている商品があります。できることなら自分でその商品を実際に使ってみるのがベストですが、リフォーム会社ではそれができません。 しかし、インターネットで企業がどういった商品を扱っているのかを事前にリサーチすることはできます。その企業情報を調べるとともに、企業が扱う商品はしっかりと調べておきましょう。営業を希望しているにもかかわらずその企業がどんな商品を扱っているかをきちんと知っていなければ、その場で門前払いにされる可能性がありますので、くれぐれも志望動機にはご注意ください。どんな商品でも世の中にでている限りは良いところは必ずありますので、注意して探し、うまく志望動機に結び付けた書き方をしてください。

事務職・営業職のリフォーム会社への志望動機例文

リフォームの提案を行う営業として、約4年間、業務に取り組んできました。4年間の業務経験で培った、取引先や上司・同僚との連携を大切に心掛けた「協調性」と営業として売上、利益を意識し続けてきた「数字へのこだわり」が私のアピールポイントになります。地域密着型の企業として、私の地元である〇〇にて、リフォーム事業で成長を続ける貴社について、かねてより強い関心を抱えておりました。 自らのキャリアの幅を広げたいという気持ちと私のこれまでの経験が貴社の事業拡大に寄与できればと思い、営業職の募集に応募致しました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング