IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

歯科受付の志望動機の書き方・例文|新卒/転職/未経験/アルバイト

書類選考・ES

歯科の受付として歯科受付を志望しているけれども、どんな志望動機を書いたらいいのか悩みますよね。新卒や転職別の志望動機の書き方や歯科受付を採用する際に採用担当者はいったいどこを見ているのかなど、おさえておきたいポイントをチェックしてみましょう。

更新日時:

歯科受付の志望動機の書き方

歯科受付は歯医者さんで受付をしている職種です。患者のカルテの管理を行ったり、新患受付や再来院をしている患者さんへの対応を行います。新卒、転職共に歯科受付は特別これといった医療資格は必要はありませんが、作業の正確性と高いコミュニケーション力が必要になってきますが、、歯科受付を志望する際には、なぜあなたが歯科衛生士として資格を与えられなかったのかを聞かれることがあります。

しかし、歯科衛生士の仕事を得るためには、医療大学や専門を卒業してから試験を受ける必要があります。卒業後、さすがに学校に戻ってくるのはかなり難しいので、面接も志望動機も歯科受付でなければいけない理由を考えておく必要があります。

転職をする場合の歯科受付の志望動機のコツ

また、転職をする際の歯科受付の志望動機は同業者であれば前職での経験や知識を活かせることをアピールしつつ、その歯科の設備が整っている環境であることや、歯科の受付事務の人の対応がよかったなど、受ける歯科にしかない魅力も志望動機の理由として盛り込むことが大切です。人とのコミュニケーションも大切なので、子どもの扱いにも慣れていることもアピールするといいでしょう。

新卒/アルバイトの場合の歯科受付の志望動機のコツ

新卒とアルバイトの場合は、歯科受付である理由と自分が学生時代に培ってきた知識や経験が歯科受付という職種にどう活かせるのか、どんな働き方をしてみたいのかなどを志望動機に書いていくといいでしょう。基本的には明るく前向きで、子どもやお年寄りなど、さまざまな人が歯科に来ることになるので、基本的に人が好きでどんな患者さんにも丁寧に対応できるだけのスキルが必要となってきます。

歯科受付の志望動機例文

歯科受付の志望動機を書くにあたってコツやニュアンス的なものは掴めてきたでしょうか。しかし、いざ志望動機を書こうと思っていてもなかなかそうはいきません。そこで歯科受付の志望動機の例文をいくつかご紹介いたしましょう。まずは例文を見てどんな感じなのか、どんなふうに書いたら見てもらえるかなど、つかみ程度に参考にしてみてください。

歯科受付の志望動機例文(経験者)

『前職の歯科医院で、医師や歯科衛生士の助けを借りて歯の虫歯を予防することの重要性を認識したので、日頃より患者様のために虫歯予防への指導を行っておりました。持ち前の明るさと正確性、患者様とのコミュニケーションには自信がありますし、子どもも好きなので小さいお子様と接することも慣れております。貴院では患者様が過ごしやすく、受付での対応もしっかりしているため、とても働きやすい環境であることに惹かれました。前職で学んできた受付事務と知識、経験を活かして貢献したいと思います。』

歯科受付の志望動機例文(未経験)

『昔から私は歯科があまり好きではありませんでした。しかし、高校生の時に受付事務の人の心優しい対応によってその不安はなくなりました。その後、歯科受付に憧れるようになり、受付のスキルを付けるために学生時代には接客業のアルバイトをしてコミュニケーション力や対応力のスキルアップを行っておりました。常連のお客様からは「笑顔がいいね」と褒められたこともあります。学生時代に培ってきた経験や知識を活かして、患者様に安心して来院していただけるような仕事がしたいと考えております。』

歯科受付の志望動機例文(アルバイト)

『幼いころから貴院に通っており、そのころは歯科がとても怖く、不安だったところだったのを覚えております。それでも、少しでも不安を取ってくれた歯科受付の方がいてくれた経験から歯科受付に興味を持ちました。以前はアルバイトにて受付のスキルアップのため飲食店でのアルバイトをしておりましたので、患者様とのコミュニケーションはもちろん、子どもも好きですので、どんな人ともコミュニケーションがスムーズにとれると思います。人と話すことが好きということと飲食店での正確性を活かした経験で患者様の不安を少しでも軽減できるような仕事をしてみたいです。』

歯科受付・歯科助手の志望動機で見られるポイント

歯科受付(歯科助手)を志望して面接にいくまで、履歴書や職務経歴書に書いた志望動機を採用担当者はどうみているのか気になりませんか。そこで、歯科受付の志望動機で見られているようなおさえてきたいポイントをいくつかご紹介いたします。実際問題、歯科が何を求めているのか、どんな人を望んでいるのかが分かってしまえば歯科受付の志望動機はスムーズに書けるはずです。

ポイント1:明るいコミュニケーションと笑顔でいられるか

歯科受付は最初に患者さんと出会う職種です。歯科受付の人がブスっとした顔だとやっぱり「ここって大丈夫なのかな」と不安になってしまいます。やはり、受付をする以上は明るく笑顔でハキハキと対応できるような素敵な歯科受付の人になりたいでしょう。 また、歯科では基本的に子どもの患者さんを対応することがとても大変です。暴れるたり、泣いてしまったり、なかなか椅子に座ろうともしない子もいるので、大変なことです。歯科受付を目指すのであれば、やはり子どもにも慣れている人がいいとより採用担当者の目に止まりやすくなるでしょう。 これは新卒でも経験者でもアルバイトでも同じことですので、志望動機に書ける経験で強いのは、接客業やサークル活動、部活動などの仲間とのコミュニケーションがよく取れていることが強みとなる場合が多いでしょう。

ポイント2:歯科で学ぶ姿勢はあるのか

ただ理由に「興味があったから」というものでは採用担当者の目には止まらないと思います。確かに歯科受付には特別な医療資格などはいらないのですが、事務作業をするためパソコンなどの操作スキルは持っておいたほうが志望動機での経験アピール材料にはなります。また、治療にも受付の対応にも携わるので、多少の専門知識など学び、その歯科で成長できるかどうかも採用担当者は見ているのです。

ポイント3:なぜ当院を選んだのか理由が知りたい

このポイントは歯科医院だけでなく、全ての企業が求めている動機の多くでしょう。やっぱり、気になるのが「なぜうちでないと行けないのか」という点です。特にエピソードがないのであれば「通いやすい」とか「家から近く生活の両立ができる環境だったから」という生活面を成り立たせている理由でもいいので、正直に伝えることが望ましいでしょう。

ポイント4:どんな経験を活かせるのか

採用担当者は、選んだ理由と歯科で学ぶ姿勢があるのかどうかも見極めなければなりませんが、実際の業務でどんな経験を活かしてくれるのか、どんな経験が歯科で活かせるようなことなのかを常に考えてみています。先程の明るく前向きで人とコミュニケーションを取るのが好きなら、接客業や部活動やサークルなどで得てきたコミュニケーション力をアピールすればいいですし、人と接するのが好きということに加えて、子どもも好きであることも志望動機としての材料として高いポイントです。特に子どもは歯科に来るだけでも大変なことになりますから、受付をしている時点で、子どもに不安を与えないようにあやさなければなりません。 このポイントで全ての職種や業種に共通していることは、今までどんな経験をしてきてどんなスキルや経験、知識があるのか。そして、そのスキルや経験はこの業務でどんなふうに活かせるのかを重点として書いていきましょう。

笑顔のコミュニケーションと正確性が必須

いかがでしたでしょうか。志望動機を書くにあたって、歯科受付には資格はいらないものの、歯科助手としても働く場合があるので、事務作業プラス、知識としての歯科についての勉強をしなければならないことや人とのコミュニケーションが大切だということが分かりましたね。また、子どもに慣れていないのであれば、子どもとのコミュニケーションを取れるようにしてから、志望動機に盛り込みたいものです。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング