IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

調剤薬局事務の志望動機例文|志望動機で見られる点/未経験・経験者

更新日:2020年05月28日

転職ノウハウ

今では医療分業が進み、医療事務の働き方も調剤薬局事務という形が多くなっています。ドラッグストアや病院の側などには、調剤薬局の店舗が必ず設けられています。調剤薬局事務として働くための志望動機のポイントと、履歴書への志望動機の書き方などをご紹介します。

調剤薬局事務の仕事とは

調剤薬局事務は、処方箋の受付で患者さんと接し、薬剤師の調剤助手という形でレセプト業務や患者情報を入力するなど、通常の事務職とは違って専門的な知識が必要となる職業となります。では、調剤薬局事務がどのような流れで仕事をしていくのでしょうか。

調剤薬局事務の仕事内容について

主な流れは以下の通りになります。 ・受付にて処方箋の受け取り ・ジェネリック医薬品へ変更希望の有無 ・新患と再来患者の受付 ・処方と薬歴簿の入力と記入 ・レセプト作成と請求 ①初来局の患者さんであるのか、また処方箋の有効期限について確認し、ジェネリック医薬品について変更不可となっているか、または患者より変更したい旨があれば薬剤師に伝えます。 ②初来局の患者さんには薬歴簿を作成し、再来局の患者さんには薬歴簿を元に変更などないか確認します。 ③処方箋を元に細心の注意を払いながらPCに薬品を入力して、調剤報酬を算定して請求書を作成していきます。病院や診療所と同様で、レセプト作業などで月末や月初めは忙しくなります。

調剤薬局事務の志望動機にもなる取っておくといい資格

調剤薬局事務の仕事に就くため、また志望動機として取得しておくといい資格があります。 ・調剤報酬請求事務技能認定 日本医療教育財団が認定する資格で、医療事務知識(講座修了もしくは実務経験者)のある人が対象となります。 ・調剤事務管理士技能認定 技能認定振興協会が発行している資格で、スタンダードな資格となります。全国の薬局で評価されている資格となるため、就職や転職の際のアピールポイントになります。 ・医療保険調剤報酬事務士 医療保険学院主催の検定試験になります。指定されている通信講座を受講することが前提となっています。調剤事務管理士よりマイナーではありますが、短期間で確実に取得できる資格です。 専門的なスキルを身に付けておけば、また活躍の場も広がることでしょう。 上手な志望動機を考えるコツを知りたいという方は、転職エージェントがおすすめです。調剤薬局事務の仕事を紹介してもらうことも可能なので、これを機会に活用してみてはいかがでしょうか?

調剤薬局事務の志望動機の書き方

応募する際に、志望動機をどのように書いてまとめればいいのかが深く悩むところではないでしょうか。ただ漠然とした志望動機でも、はっきりとした動機があるにしても、採用担当者の目に留めてもらえるような、印象の良い志望動機となるとどういうものなのでしょうか。いくつかポイントをまとめてみました。 ・まずは利用者の目線で考えてみましょう 薬局では、患者さんに最初に対応するのが調剤薬局事務になります。それを踏まえて調剤薬局事務という仕事には、どういったところが求められているのかをまず考えます。 ・人と接するのが好きであることをアピールしましょう 薬局の顔ともいえる調剤薬局事務であるため、人とコミュニケーションをとるのが好きな人でなければいけません。事務という仕事であっても調剤薬局事務は幅広く対応しなければいけないため、細やかなことにも気づくことが必要となってきます。自分自身どうなのか見つめなおして、コミュニケーション能力といった点も盛り込んでおくと印象が良くなります。 ・正確性と迅速性があるかどうかをアピールしましょう 調剤薬局事務の仕事には、レセプト請求という業務があります。業務の中でも特に重要となる仕事であるため、期日までに迅速かつ正確に作成し対応していくことが要求されます。志望動機を考える上で、自身の性格と合わせてどうなのか振り返って好印象となるようアピールしてみましょう。 ・最後には志望動機となる具体例を挙げてみましょう 例えば、「以前接客業をしていて医療の仕事に興味を持ち、人の役に立てるような仕事をしたいためである」や、「一般事務職だったがそのスキルと次のステップアップをめざし、調剤薬局事務で人の役に立ちたい」など、様々な志望動機がありますが、自分の具体的なエピソードや目的意識を盛り込んで書くようにしていきましょう。

調剤薬局事務の志望動機の例文

新卒や未経験、経験者と調剤薬局事務を目指す方は様々です。それぞれ志望動機をどのように書いていけばいいのか、例文など交えて紹介していきます。

履歴書への志望動機の記入例

あくまでも例文であるため、志望動機としてきちんと自分のアピールポイントとなる部分を書くようにしましょう。

以前私は調剤薬局事務としてレセプトの請求や会計等の業務を行っていました。 更に患者様の気持ち良く利用できるように笑顔で対応する事を心掛け、仕事にやりがいを感じていました。 貴局の患者様が安心して利用しやすいアットホームな雰囲気に惹かれて、是非即戦力として力になれればと思い志望いたしました。以前私は調剤薬局事務としてレセプトの請求や会計等の業務を行っていました。 更に患者様の気持ち良く利用できるように笑顔で対応する事を心掛け、仕事にやりがいを感じていました。 貴局の患者様が安心して利用しやすいアットホームな雰囲気に惹かれて、是非即戦力として力になれればと思い志望いたしました。

初回公開日:2017年08月30日

記載されている内容は2017年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング