IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「不屈の精神」の意味|不屈の精神の持ち主の10の特徴

更新日:2021年04月26日

言葉の使い方

「不屈の精神」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。不屈の精神を持っている人は、物事をいい方向に運んでいく事ができます。今回は、不屈の精神の意味と使い方、類語と名言についてもご紹介します。不屈の精神の意味や名言が気になる方は、ぜひ読んでみてください。

不屈の精神の意味

「不屈(ふくつ)の精神」とは、どのような難しい場面、困難な事に直面したとしても諦めない心意気という意味があります。 不屈の精神とは、決して挫ける事がなく、心が折れる事なく信念を貫こうとする「不屈の魂」という意味を持つ言葉です。

不屈の精神の使い方

不屈の精神とは、思いがけない困難に直面してしまった時に「こんな事くらいで諦めない。絶対に仕事や目的を達成させる」という、心意気を持つ意味で使用します。 例えばあと一歩で契約成立という所まできて、最近になって急激に業績を伸ばしてきた同業他社(ライバル)が現れたとします。「A社と弊社が争う形になってしまったが、不屈の精神を貫く事で困難に打ち勝つつもりだ」などと使用します。

不屈の精神を持つ人の10の特徴

不屈の精神を持つ人には特徴があります。 不屈とはどんなものにも屈しないという意味があるので、そのような精神を持つ人は精神力が人一倍強い人です。不屈の精神の持ち主にはどのような特徴があるのかを、みていきましょう。

特徴1「揺るがない信念がある」

不屈の精神力がある人は、何があろうと決して揺らぐ事のない信念を持っています。 「自分は絶対こうしたいから、このような人間になる」と揺るがない信念があるから、不屈の精神を保つことができます。信念には、何かに対して「これこそが正しい事である」と堅く信じ込んでいる心持ちという意味があります。 不屈の精神を持つ人は信念を貫き通す事で、その先に自分の思い描く理想の世界が待っていると信じています。

特徴2「困難にも諦めない」

トラブルに直面した際に、諦めずに物事を進める事ができる人は不屈の精神の持ち主です。 仕事で大きなトラブルに見舞われて窮地に立たされ、あわやクビ寸前といった所まで追い詰められたとしても、トラブルが収まるまで諦めずに困難に立ち向かい続ける人は不屈の精神の持ち主です。

特徴3「他人に惑わされない」

不屈の精神の持ち主は、他人に惑わされない人です。 不屈の精神の持ち主は、ある意味スルースキルが発達した大人です。他人の意見や言動に振り回されたり惑わされたりしない人は、不屈の精神の持ち主です。

特徴4「諦めない」

どうにもできないようなトラブルに直面した際でも諦めずに物事を進める事、これこそが不屈の精神だといえます。 仕事で大きなトラブルに直面してくじけそうになっても、不屈の精神を発揮して見事にトラブルを解決して再び上司の信頼を取り戻したとします。 その人は不屈の精神を貫き通す事でどうしようもない局面から再び這い上がる事ができる、困難にも諦めない人物です。

特徴5「困難に打ち勝つと信じている」

不屈の精神の持ち主は、どのような困難にも打ち勝つ事ができるのだ信じている人です。 誰もが人生で困難や壁に衝突します。そのときも必ず突破できると信じてこつこつ行動を続けることができる人は、自分や周りを信頼できる不屈の精神の持ち主です。 不屈の精神の持ち主は常に前向きに物事に対処できる人でもあります。

特徴6「人を軽視しない」

不屈の精神の持ち主は人を軽視するような態度や言動を取りません。 不屈の精神の持ち主は困難に打ち勝つことができたのは、周りの人々のお陰だということを十分に承知しています。恩を仇で返すようなことは絶対にしません。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング