IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

対応力のある人の特徴・鍛える方法・対応力がない人の原因と改善策

ビジネスマナー

あなたは物事に対して対応力がある方だと思いますか?対応力を身につけるのは仕事の面で役立つだけではなく、日々の生活でも大変役立ちます。対応力を鍛える方法や仕事で対応力を発揮する方法も紹介しているので、しっかり対応力をつけて日々の生活で活かしましょう。

更新日時:

対応力のある人の特徴

どのような仕事でもこなせる

対応力がある人は、出世しやすいですし、部下からもよく慕われます。多少人間性が劣っていたとしても、対応力があれば、周りから評価されやすくなります。対応力がある人の特徴の一つとして、どのような仕事が舞い込んできても対応出来ると言う事です。基礎的な仕事もそうですが、少し変化球が加わったような難しい仕事でもこなす事が出来ます。これは、勉強と同様で、数学の問題が異様に解ける人が存在します。その人は、基礎をしっかり固めていて、少し応用を加える事によって、応用問題も解いていると言う訳です。仕事でも同様で、基礎的な何かが固められている状態で、ある程度仕事に対して時間をかけていればかけている程、対応力が身に付きます。

状況に変わらず質が落ちない!

対応力がある人は、どのような状況でも、完璧な状態で物事を終わらせるという特徴があります。状況に変わらず質が落ちないと言う事はそういう事で、どの場所で仕事をしていてもポテンシャルが下がる事はありません。例え、病気になったとしても、人並みに質が落ちる程度で、周りから見ればいつも通りの仕事の力量を発揮出来るでしょう。対応力があれば、多少の変化で質が落ちる事も無く、仕事に打ち込めます。仕事に関わらず、勉強やスポーツでも同様で、どのような状況でも変化する事無くポテンシャルを発揮出来るのです。深く掘り下げると、これにはメンタルが強いと言う事が大きく関わってきます。メンタルが強ければ、多少の逆行にも対応する事が出来ますし、挫折する事も無いでしょう。そして、質を上げるために重要な妥協点もかなり少なく、常に質の高い物を作り上げられるというわけです。

対応力を鍛える方法

基礎を固める事が重要

対応力を鍛えたいと思った時に、前述を見て質を上げれば良いと思っている人は大きな勘違いをしています。質を上げるためには、まず基礎を固めると言う事を念頭に置いた方が良いでしょう。質すらも劣っている状態では、土俵にすら立てていないので、基礎を固める事が重要です。仕事に関しては、言葉遣いからビジネスマナーまで全てが基礎です。仕事が出来て対応力がある人は、そういう場所にわざわざ時間を取っていません。予め完璧にしている状態で、仕事に臨む事によって、質を上げる事が出来るのです。要は無駄な時間を極力まで少なくして、仕事に対する時間の割合を多くする事が重要です。新卒で入社したのなら、専門職ではない限りほとんどが未経験の仕事になるでしょう。そうなった時こそ、基礎を身につける事から始めなければなりません。がばがばの状態で仕事をして、質を上げようと思ってもどこかで必ずぼろが出てしまい、失敗してしまいます。この時間こそが無駄な時間なので、それを改善するためにも基礎を身につける事は重要です。

スピードではなく質を上げる!

基礎が身に付いてきたら、仕事ができると錯覚してしまう事があります。そうなってしまうと、少しでもスピードを速くして、仕事をどんどんこなしたくなるようになるでしょう。しかし、優先度で言うと「スピード<質を上げる<基礎を固める」という順番になり、スピードを上げるのは一番最後になります。基礎を固めたのなら、少しでも時間をかけて一つの物事に対して質を上げる事が重要になってきます。対応力を身につけたいのなら、どのような逆行にでも対応出来るような、力を身につける事が重要です。確かにスピードも重要になってきますが、それ以上に質を上げる方が重要になってくる訳です。十分に質が上がってきたと実感してから初めて、スピードを早くするという土俵に立てる訳です。この順序を間違えてしまうと、質が悪いままスピードだけが早くなってしまい、ミスを連発してしまう事になります。ミスを連発する時間こそが無駄な時間なので、最初から質を良くしていた方が良いという訳です。

仕事で対応力を発揮する方法

どの仕事でも早く丁寧に

仕事で対応力を身につけたいと思っているなら、どの仕事も丁寧に向き合う事が重要です。ここで重要になってくるのは、自分の中で妥協点を限りなく少なくする事です。対応力がある人は、妥協点が少なく、どの仕事にも真剣に打ち込むと言う特徴があります。そのため、例え仕事が多少面倒でも、妥協せずに丁寧に打ち込むようになります。どの仕事でも丁寧にこなすと言うのが難しいと言うなら、多少雑に仕事をしてみて後で見直してみると良いでしょう。最初のうちはそれでも良いかもしれませんが、ミスが連発して初めて、丁寧にしておけば良かったと後悔します。そうならないためにも、初めから仕事を丁寧にこなす事が重要です。

自分で効率を強化する

対応力を身につけたいなら、仕事の効率を強化してみると良いでしょう。効率を上げる事は簡単なようで難しく、勉強で言うなら応用編になってきます。全ての基礎が身に付いていて、それなりに質も上がってきた時に行います。スピードを速くするために効率を強化して行く訳ですが、方法は非常に多く存在します。仕事内容にもよりますが、周りと差をつけるためにはとにかく数をこなす事です。営業であればとにかく現場に出て、営業の数を増やす事です。そうすると、どのような方法で営業に行けば、効率よくなるかと言う事が分かるようになります。つまりは、仕事をして行く中で成長する事が重要と言う訳です。

対応力がない人の原因と改善策

スピードだけ早く質が良くない

対応力が無い人の特徴として、スピードのみが早く質が追いついていないと言う事が上げられます。仕事に関して何か提出物があったとして、確かに提出するのは早い方が良いでしょう。しかし、そこで何か失敗やミスが見つかってしまった場合は、それを修正するために時間を裂く事になります。結果として、落ち着いてミス無くこなしていた方が早く終わる事が出来たと後悔する事でしょう。スピードだけが早いと、ハリボテの状態で、基礎も固まっていない状態の人物になってしまいます。

思いもよらない出来事に対応出来ない

対応力が無い人は、思いもよらない出来事に俊敏に対応する事が出来ません。シーンは様々ですが、何か突拍子も無いような事が起きてしまった時に、戸惑ってしまう事が多いです。これは、起きた事に対して知識を要しておらず問題を解決出来ない場合や、自分ではどうにもならない場合が原因として上げられるでしょう。しかし、どれも誰かに相談すれば解決出来る事なので、自分一人で解決しようと思わない事が重要です。

本を参考に対応力を身につける!

対応力を身につけたいなら、本等を参考にして身につける方法を実行すると良いでしょう。探し方は様々ですが、「対応力 身につけ方」等で検索すれば参考になる本はいくらでもヒットします。その中から、自分の意向に合わせた本を読んでみると良いでしょう。多少参考にならなくても、本を読むのと読まないのとでは大分変わってきます。

ミスを限りなくゼロに近づける!

これは仕事の面での対応力になってきますが、ミスを限りなくゼロに近づける事が改善案として挙げられます。ミスをすると、それだけで時間を取られてしまいますし、質も劣ってしまいます。原因は様々ですが、基礎が身に付いていない事が一番の原因でしょう。確かに人間なので、ミスをする事は当たり前ですが、10回の仕事のうち9回は完璧な物になるように努力する事が重要です。ミスを無くすために質を上げたり、効率を強化したりしますが、その過程が重要になってくると言う訳です。

対応力をつけて人生で生かそう

いかがでしたか?対応力は人生を過ごしていく上でとても重要なスキルです。対応力があれば予想外の出来事にも動揺せずに過ごすことができ、精神安静上とても良いです。この記事を読んで対応力をつけ、しっかりと人生を過ごしましょう。

関連タグ

アクセスランキング