IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大中小企業の課長平均年収(600万〜1000万)・昇格で給料が下がる?

年収・給与

課長という役職は、簡単にいってしまえば中間管理職のようなものです。企業によっては違うのかも知れませんが、部長や次長の上の立場の役職が課長。年収のパターンは様々あり、大企業や中小企業によって年収は違います。では、どれほど違うのかご紹介させていただきます。

更新日時:

課長の平均年収

課長の平均年収は、企業に大きくかわります。部下も多ければ、上司も居るとなる管理職と言われる課長の役職です。課長の平均年齢は40代ぐらいであり、老後の心配や家族の事を考えればお金の問題が必ず発生します。企業に貢献し続ければ、何れかは課長に付く場合もあります。 では、大企業と中小企業の課長の平均年収ががどれほど違うか、年収の差がどれほどあるかをご紹介します。

年収:大企業の場合

大企業の課長の平均年収は 800万円程度と言われています。やはり大企業は上場企業ともいわれるため、比較的に年収は高めです。大企業と言われるまでの簡単な事を言いますと、資本金が3億円を超えておればそれはもう立派な大企業です。 ですので、大企業の課長年収が800万円程度と言われても何ら問題はございません。外資系やIT系など、海外向けのグローバルな企業などの課長平均年収がこのぐらいです。

年収:中小企業の場合

中小企業の課長の平均年収は、500万円程度。日本の課長平均年収は、世界でも最低クラスとまで言われております。 もちろん、中小企業でも500万円を超えているところもあるのでしょうが、やはり現実的に言いますと、平均年収は500万円程度。大企業が800万円ぐらいであり、その差は300万円と破格の差があります。ここまで差が広がってしまいますと、何かと喜びを感じられないでしょうが、大企業と違い中小企業は出世するチャンスが多いので、諦めないでください。 一般社員の平均年収は400万円なので、それと比較してしまうと100万ぐらい上がっております。しかし、やはり企業によっては違いますので、この500万円より下を下回ってしまう可能性もあります。

課長の年収パターンとは

やはり、企業の種類によって課長の平均年収は違います。ある企業は1000万円以上であり、またある企業は500万円以下と幅広く。課長の平均年齢は48.0歳と働く時期としてはピークの時期です。ボーナスなどでは、最低でも50万で最高では500万を超えます。 そして、大企業であっても中小企業であって、近年では年収が徐々に減少しております。企業の種類によって、どれだけ大きく違うかを分けさせてもらいました。ぜひ、参考にしただくと幸いです。

年収:1000万以上

ほぼ、外資系の企業の課長は1000万円以上の年収を得ております。世界に向けての大企業は資本金も軽く億を超えております。課長の待遇はもちろんよく、満足度は1番……。 かと思いきや、やはり海外向けのお仕事なので海外転勤という場合も存在します。もちろん、このお話に乗れば出世ルートですが、何かしら思い入れがあり海外に住みたくない人などには、多少苦難かと思います。 外資系の大企業とすれば管理職と言われる課長のお仕事は、普通の企業の倍あります。もし、年収で選んで外資系のお仕事に進みたい人は、体の事や自由な時間をどう過ごせるかをお考えになってください。

年収:600万~800万

このぐらいとなりますと、やはりIT系の課長の平均年収です。IT系での課長ですと、若い人などが就くこともあります。30代で600万以上もの年収を得られる可能性が大きいです。IT系のお仕事はエンジニアや営業などもあり、人によっては大変かも知れません。 しかし、現代の社会を考えればある一定を稼いでいるIT企業に付けば、安心はほぼ保障される…というわけではございません。円高などでの不況もあり、IT系の年俸制の導入などサービス残業などの残業代が出ないケースがあります。これも、企業によっての方針が様々ですので、年収が変わらない人もいます。 800万ぐらいであれば、大半の業界の部長と同じ平均年収ぐらいですので、やはり企業の種類によって差は大きくでます。IT系の企業は、専門知識の人を必要としている企業が多いので、資格などを持っておりませんと入れなケースもございます。 システムに詳しくないとやはり企業には必要とされませんので、もしIT系などを目指している人がおりましたら資格を持っておりますと就職には強いので、ぜひ頑張ってください。

年収:500万以下

飲食店や運輪業や、建設業などは500万円の平均年収を下回ってしまいます。肉体的労働が目立つ企業が、ほとんどそうです。ですが、これにはもちろん理由がございます。それは、上にあげた課長平均年収で500万を超えている企業の課長は年収が上昇しているとともに、年齢も上がっております。 こちらの場合は年収は500万円以下ながら、年齢は30代の人が多いです。もちろん、男性だけではなく女性の人もたくさんおります。女性もたくさんおりますので、出産などで退職してしまう人もいるため、このように低い平均年収になってしまったと言われます。

課長としてメリット・デメリット

課長の役職は、何回も言えば中間管理職です。下も上も挟まれているため、年収が例え良かったとしても同時にデメリットも存在ます。出世したから、メリットではないか? と疑問を投げかける人もいますが、たとえ出世をしても、物事にはメリットとデメリットが備わっています。 簡単だ、と思う人も居れば、大変だと漏らしてしまう人が大勢います。メリットの部分と、デメリットの部分をご紹介いたします。

メリット

まずはメリットからです。課長として昇格したという事は、もちろん給与が増えたという事でもあります。会社からその業績も認められ、ステップアップした証拠となります。 さらには、役職の手当というのもあり、これは企業によっての対応が違いますが一般社員にはもらえない手当が支給される事もあります。働く事を認められ、さらにはそれ相応の対応が約束されたと思えれば、大変嬉しいことです。 さらには、課長の役職に付けば大抵の課全体を動かすことが可能となります。自分で動かすことができますので、仕事のメリハリも付き、どんな風に企業を動かして良い方向にもって行くかなど考えては、やりがいが出てきます。 勿論ですが、他の人に自慢なども可能です。課長クラスとなれば、何人もの部下がおりますので、その事も自慢の一部に入れます。今まで苦手であった先輩よりも優位に立つことができ、モチベーションを保つことができます。

デメリット

続いてはデメリットです。課長となれば、会社などを動かすことが出来給与も増えて万々歳かと思いきや、やはり、デメリットはつきものです。最初は、課長ともなり会社を動かすことが出来るという事は、責任が必ず必要となります。 この責任というのは具体的に言えば、自ら会社の人を動かして仕事をすれば、その仕事が結果失敗に終わってしまい、責任を負う事になったなど。他にも、企業のクレームが入った場合その対応のために謝罪する責任があるなど。責任というのは様々あります。これにより、心が上手くコントロールできない人などには、向いておりません。 中間管理職なので、メンタルの部分が削がれてしまう事も多々あります。最初は昇格してモチベーションがあがってしまいますいが、この責任という重い物を背負っていると実感してしまうと、最初は挫けてしまう恐れがあります。 そして何より、先ほど給与があがると書かせてもらいましたが、企業によっては給与が上がらない事があり、むしろ下がってしまう所もあります。 これは残業代と深く関わっており、全部の会社がそうだというわけではございません。ある所では管理職以上の企業は、残業代がでないために一般社員と比べると下がってしまいます。その代わりに、先ほどの役職手当が貰えると書かせてもらいましたが、その役職手当の額によって大きく変わります。 ですので、もしこの記事を見てお考えになってしまった方がおりましたら、どのように企業が対応してくれるかをご確認ください。

昇格する努力を諦めないで

出世することで、給与もあがり企業内での評価も高くなります。課長もとい、出世したいと思う人は大勢いるでしょう。例え出世しても、「どんな状況が自分を待っているか?これは本当に大丈夫なのか?」をお考えになってください。 ただ給与を多く貰いたいから出世するというのは、なんら可笑しくありませんが、メンタルの部分が壊れてしまっては元も子もありません。 ちゃんと考えて上で、昇格する努力を糧として、頑張ってください!

関連タグ

アクセスランキング