IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

配慮の意味と「ご配慮」の使い方・例文8つ

更新日:2022年11月18日

言葉の意味・例文

配慮の意味をご存知でしょうか。また「ご配慮」という言葉を正しく使いこなせていますか。「ご配慮」を活用した「ご配慮いただき」「ご配慮願います」などの言葉は日常生活でもビジネスシーンでも使われます。正しい「配慮」の使いかたを学び気遣いが出来る人になりましょう。

配慮の意味

配慮(はいりょ)とは、他人や他の事のために気配りやこころづかいを行うことを意味しています。 よく「配慮」と「考慮」の違いが分からず使われている方もいます。では、どのように違うのかを見ていきましょう。

配慮と考慮の違い

「配慮」は他人や他の事に対して言葉や行動で示します。一方「考慮」は言葉や行動を起こす前に考え判断することにあります。 どちらも似ている言葉ではありますが、意味が違うため使い分けをしっかりいたしましょう。

配慮の使い方・例文8つ

「配慮」に似た別の言い方には、「思慮」「心遣い」がありますが、「配慮」との違いが分からず、同じような意味合いで使っている方も多いです。 「ご配慮」「思慮」「心遣い」は、どれも尊敬語の部類であり、目下側から目上の方へ用いられることになります。 例えば、会社の後輩から先輩に宛てたメールや売り手から取引先へ送られるビジネス文書などで使用されたりします。 しかし、厳密に言うとこの3つの意味合いは異なりますので、間違った場面で使用しないようにしましょう。

配慮の敬語表現

「配慮」には「ご配慮」のように「配慮」に「ご」がつく場合とつかない場合があります。 「ご」は、目上の人や、会社の上司などのように自分より立場が上の人からの心遣い対して、感謝の気持ちを表す際に使う敬語表現になります。 自分が行った配慮に対しては、「ご配慮」という敬語表現は使いませんので注意しましょう。

敬語を使った例文8つ

「配慮」の敬語表現である「ご配慮」は、ビジネスシーンでよく使われています。この「ご配慮」を使えるか使えないかで目上のかたや会社上司に与える印象も変わってきます。 それでは、どのような時に「ご配慮」使うのかを例文を通して見ていきましょう。

例文1:配慮がたらず

「このたびはお客様への配慮がたらずご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。今後はこのような事がないよう気を付けます。」

例文2:ご配慮いただきありがとうございます

「会員の皆様におかれましては、ご配慮いただきありがとうございます。お陰様で軌道に乗ることができました。感謝を申し上げます。」

例文3:ご配慮願います

「ここから先は関係者以外立ち入り禁止となりますのでご配慮願います。御用がございましたら総務の方へお取次ぎをお願い致します。」

例文4:ご配慮ください

次のページ:配慮の類義語
初回公開日:2017年01月27日

記載されている内容は2017年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング