IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「好きが高じて」の意味とは?使い方や例文・言い換え表現を紹介

更新日:2022年10月06日

言葉の意味・例文

「好きが高じて」ということばをご存知でしょうか。本記事では「好きが高じて」の意味や使い方、言い換え表現、また対義語などを紹介します。「好きが高じて」ということばを知りたい、理解を深めたいという方は、是非、この記事をチェックしてみて下さい。

「好きが高じてってどういうときに使うの?」 「好きが高じてって本に書いてあったけど、どういう意味だろう?」 このように「好きが高じて」について聞いたことはあるけれど、意味を理解していない、使い方がわからないと困ったことがあるのではないでしょうか。 本記事では、「好きが高じて」の意味、使い方を例文とともに紹介していきます。さらに「好きが高じて」の言い換え表現や、対義語を紹介することによって、理解を深めていきます。 この記事を読むことで、「好きが高じて」ということばの意味を理解し、使うことができるようになります。また「好きが高じて」と似ている意味のことばや、反対のことばなど知ることができます。「好きが高じて」の文章も自分で簡単に作ることができるようになるでしょう。 「好きが高じて」のことばの意味や使い方を知りたい、そして理解を深めたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「好きが高じて」の意味・読み方

「好きが高じて」の意味・読み方

「好きが高じて」の読み方は「すきがこうじて」です。「高」という漢字が高い(たかい)で使われるイメージがあるので間違えやすいかもしれません。 では「好きが高じて」の意味をみていきます。 「好き」は心がひかれること、気に入ること。「高ずる」は程度がひどくなる、つのる。という意味です。この2つで構成されている「好きが高じて」の意味は、好きを超えてしまうほど好き、好きという気持ちがいきすぎてしまった状態です。 ただ「好き」と表現するのではなく、行き過ぎている「好き」を表したことばになります。

「好きが高じて」の使い方・例文

「好きが高じて」は、好きすぎて、相当熱をあげている様子です。なので、夢中になっている様子や、気に入りすぎてなどの表現に使うことができます。また「好き」が常識的なものやラインを超える状態に使うこともあるので、マイナスな文章に使われることもあります。 どのように「好きが高じて」を使うことができるのか、例文を紹介します。

  • テレビが大好きでした。好きが高じて、気づいたら24時間テレビを見続けていました。
  • 私はケーキが大好きです。好きが高じて、1人で1ホール食べてしまいました。
  • 毎日毎日、好きが高じて囲碁の練習をしました。そしたらすごいレベルまでうてるようになっていました。
  • 好きが高じて私は研究者になりました。

など、「好きが高じて」を使って、様々な文章を作ることができます。初めて「好きが高じて」を使って文章を考えるときには、自分が夢中になっているものを紹介する文章を考えてみると、作りやすいでしょう。

「趣味が高じて」との違い

「趣味が高じて」ということばを聞いたことがある人がいるでしょう。「趣味が高じて」は趣味の程度をはるかに超えてということを意味します。「好きが高じて」と意味が似ていると感じる人も多いでしょう。 では「好きが高じて」と「趣味が高じて」との違いをみていきましょう。 「趣味」は個人が好きでしていること、一方で「好き」は人や物事に心がひきつけられるということです。なので「趣味が高じて」は個人が好きでしていることが、度を越える様子を意味します。 「好きが高じて」は人や物事に心がひきつけられて、どうにもならない様子を意味します。好きは、好きだという気持ちがあっても、必ずしもずっとそれをやっているわけではありません。趣味はずっとやっていけるものに対してのことをいいます。 意味がとても似ているので、使い方に注意しましょう。

「好きが高じて」の言い換え表現

「好きが高じて」とは、行き過ぎた「好き」を表すことばです。 似た意味で使われることばがいくつかあります。ここからは「好きが高じて」の言い換え表現として、それらのことばを紹介していきます。

「好きこそ物の上手なれ」

「好きこそ物の上手なれ」ということわざを聞いたことがあるでしょう。 意味は、どんなことであっても、人は好きなものに対してたくさん努力するので、上達が早いという意味になります。 例文を紹介します。

  • 「好きこそ物の上手なれとは言うけれど、Aさんの現在の料理の腕前は1年前と比べものにならないほど上達した。」

この文章を「好きが高じて」に言い換えると、「Aさんは好きが高じて、料理の腕前が1年前と比べものにならないほどに上達した。」となります。 他にも例文を紹介します。

  • 「彼は水泳を始めて1年しか経っていないのに、とても良いタイムをだしている。好きこそ物の上手なれだね。」
次のページ:「好きが高じて」の対義語
初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング