IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

学級目標におすすめの四字熟語一覧|小学生・中学生・高校生向け

更新日:2022年09月21日

書き方・例文

学級目標に適した四字熟語には、どのようなものがあるのでしょうか。本記事では、小学生、中学生、高校生それぞれの学級目標に適している四字熟語とその意味を紹介しています。四字熟語を使って学級目標を立てようと考えている方は、ぜひ役立ててください。

「四字熟語を使ってかっこいい学級目標を立ててみたい!」 「小学生の学級目標にピッタリの四字熟語は?」 「学級目標に使う四字熟語の意味を知りたい」 このように、学級目標を四字熟語で立てたいと考えていても、どんな四字熟語がいいのか良いのか分からず悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、学級目標におすすめの四字熟語について、小学生や中学生、高校生に分けて紹介するとともに、それぞれの意味も解説して行きます。 この記事を読むことで、四字熟語の意味が理解できるため、目指したいクラス像にピッタリの四字熟語を見つけることができるでしょう。 これから学級目標を立てようと思っている方や、四字熟語を探している方はぜひ本記事を参考にしてください。

学級目標におすすめの四字熟語の決め方とは?

学級目標を考える際、様々な言葉が候補に挙がるでしょう。その中でも、すっきりまとまってかっこいい感じがする「四字熟語」は、人気があります。 しかし、学級目標として使う四字熟語は、どんなものでも良いわけではありません。学級目標はクラス全員の1年間の目標になるため、やみくもに決めてしまうと覚えづらく、学級目標を決めた意味がなくなってしまいます。 四字熟語を使って学級目標を決める際には、気をつけなければいけない点が2つあります。下記に記載するポイントを押さえて、クラスにピッタリの四字熟語を見つけてください。

学年を考慮する

同じ小学生でも、1年生と6年生では学級目標の設定の仕方がかなり変わってきます。 1年生なら、これから始まる小学校生活に向けた目標が合っているでしょうし、6年生ならば小学校生活の集大成となるような目標が合っているでしょう。 同様に、中学生であれば、1年生にはこれから始まる勉強や部活動に向けた目標、2年生には継続的になにを頑張っていきたいか、3年生は高校受験に向けた目標になるでしょう。 さらに、高校生であれば部活動や進学、就職などに関連した目標が適しています。 それぞれの学年に合わせた学級目標を設定しましょう。

クラスの特徴に合わせる

同じ学年でも、クラスによって明るいクラスや真面目なクラスなど、雰囲気は異なります。まずはクラスの特徴をしっかり把握しましょう。 元々のクラスの特徴を長所として、さらに伸ばす学級目標を設定するのか、足りない部分を補うような学級目標にするのか、クラス全員でしっかりと話し合って決めていきましょう。

【小学生向け】学級目標におすすめの四文字熟語一覧

ここでは、小学生の学級目標にピッタリの四字熟語を紹介しましょう。 小学生の学級目標には、難しい言葉を使うよりも漢字を見ただけで意味が想像できるような、明るく前向きな四字熟語がおすすめです。 また、小学生は1年生〜6年生まで幅が広いので、目標も様々です。1年生は初めて学校生活を送る上での心構えを目標にしたり、2〜5年生は上の学年になる前に達成しておきたいこと、6年生は小学校生活の集大成としての学級目標を立てると良いでしょう。

1:一致団結(いっちだんけつ)

「一致団結」は、あることを達成するためにみんなで力を合わせるという意味です。この四字熟語はとても有名なもので、字を見ただけで意味が分かりやすいことから、小学生の学級目標にピッタリです。

2:全身全霊(ぜんしんぜんれい)

「全身全霊」は、「体力と精神力全て」と言う意味です。何事も全力で取り組めるようなクラスを目指したい時におすすめの四字熟語です。

3:一心一意(いっしんいちい)

「一心一意」の「一心」と「一意」には、ともに「一つのことをひたすらに思う」という意味があります。 みんなで心を一つにして励むことを意味するため、全員で協力して何かに取り組めるようなクラスを目指したい時の学級目標におすすめです。

4:完全燃焼(かんぜんねんしょう)

次のページ:【中学生向け】学級目標におすすめの四字熟語一覧
初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング