IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「黄色い声援」の意味と由来を解説|使い方と例文・言い換え表現も

更新日:2022年09月09日

言葉の意味・例文

「黄色い声援」ということばをご存知でしょうか。本記事では、「黄色い声援」の意味、「黄色い声援」ということばができた由来、使い方、言い換えのことばなどを紹介していきます。「黄色い声援」について興味がある方は是非チェックしてみてください。

「黄色い声援ってことばの意味がわからない!」 「黄色い声援ってどんなときに使うの?」 「黄色い声援ってそもそもなに?」 このように、「黄色い声援」ときいて意味や使い方が分かっていない方は意外と多いのではないでしょうか。 本記事では、「黄色い声援」について意味と由来を紹介していきます。さらに使い方や、似たことばなども紹介していきます。 この記事をよむことで、「黄色い声援」についての意味を理解し、どのようにこのことばができたのかという由来を知ることができます。「黄色い声援」を使って文も作ることができるようになるでしょう。 「黄色い声援」ということばを知りたい、気になっている方は、是非この記事をチェックしてください。

「黄色い声援」の意味とは?

「黄色い声援」の意味とは?

「黄色い声」は女性や子どもなどのかん高い声を意味するとされています。また、「声援」は声を出して応援することを意味するとされています。 そのため、「黄色い声援」は、女性や子どもなどのかん高い声で、応援することを意味します。

「黄色い声援」の由来は?

「黄色い声援」という言葉はたまに耳にしますが、「黄色い声援」の由来はあまり耳にしません。「黄色い声援」の由来はいくつかの説があります。どのような由来の説があるのかを紹介していきます。

「黄色」のイメージから付けられたという説

「嘴が黄色い」ということわざがあります。このことわざの意味は、歳が若くて経験の足りないことです。ひな鳥のくちばしが黄色いことから、このことわざが作られています。 また「黄」という漢字には「子ども」を表す意味があります。なので子どものかん高い声を「黄色い声」として使っています。 「黄色」には、明るい、元気などのイメージがありますが、一方で注意、注目、危険などのイメージもあります。 例を示すと、立ち入り禁止区域など、危険な場所は黄色と黒色の模様で表したりします。危険なときなどに出す、大きな高い声を「黄色い声」としたともいわれています。 2つとも「黄色」のイメージです。そのイメージが「黄色い声援」の由来となっています。

江戸時代に流行った表現説

江戸時代には、声を色で表現することが流行っていました。そこから黄色い声という言葉が生まれたと考えられている説があります。 声を色で表現することが流行っていたと記録されているものとして「浮世風呂」という滑稽本があります。 式亭三馬という、当時の売れていた作家が書いたもので、「浮世風呂」は代表作ともなっています。そこに書かれているもので「黄色な声や白つ声で、湯の中の五色にするだろう」という表現があります。 この頃、ただごとではない様子や耳障りな様子を表す声を「黄色い声」と表現していました。 これが現在に残り「黄色い声援」として使われています。江戸時代に流行った表現説ということになります。

お経が発祥説

「黄色い声援」ということばができた由来にお経が発祥だという説があります。現代のお経は音程が一定であるイメージですが、昔のお経は今のものと違い、音程の高低が激しかったといわれています。 平安末期までは、色を使って音の高さを表現していました。その中で1番高い音を示していた色が「黄色」といわれています。このことより、高い声を「黄色い声」と表現するようになったという説です。

中国語が由来説

黄色のイメージから付けられたという説で少し触れましたが、中国語では「黄」という漢字に子どもという意味があります。なので、子どものようなかん高い声のことを「黄色い声」と表現するようになったという説が、中国語が由来になっている説になります。 そして「黄色い声援」という表現につながっていったと考えられています。

「黄色い声援」の使い方と例文

次のページ:「黄色い声援」の言い換え表現
初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング