IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ポエム」の意味と使い方の例文|作り方のコツや類義語も紹介

更新日:2022年09月27日

書き方・例文

ポエムとは実際どういう文章なのか分からない方もいるでしょう。本記事では、ポエムの意味や実際の例文の紹介、作り方のコツ、様々な種類などを解説しています。ポエムについて初心者の方にオススメの内容ですのでぜひ参考にしてみてください。

「ポエムってなんだろう?」 「聞いたことはあるけど、実際どういうものを指すのかいまいち分かっていない」 「ポエムを作ってみたいけど、どうしたら良いか分からない」 このように、「ポエム」という言葉の意味や使い方を詳しく知りたい方もいるでしょう。 この記事では、「ポエム」の意味や使い方の例を紹介しています。さらに、ポエムを作る際のコツなども紹介しているため、記事を読めばより理解が深まるでしょう。 ポエムを理解し、作り方を覚えたら後は実践あるのみです。思いついた時にノートに書き留めたり、いくつか集めてSNSなどにUPしたり、友人にメッセージとして贈ったりなど、使い方は様々です。 心に残るメッセージが書けるポエマーを目指している人や、文章を書くことが好きな方は、ぜひ本記事を活用してください。

「ポエム」とは

「ポエム」とは

ポエムは外来語で、英語では「poem」と表記されます。日本語では、「詩(現代詩)」と訳されることが多いでしょう。 文章の中で「ポエム」を使う場合は、「ポエムを贈る」などという表現で使われるのが一般的です。 ここでは、ポエムの意味について詳しく紹介します。日本語の「詩」のニュアンスとはどのように違うのかをはじめ、ネット上での使われ方なども見て行きますので、ぜひ参考にしてください。

「ポエム」の意味

「ポエム」とは詩的な文章のことです。ネット上では、詩のような言葉遣いの文章をポエムと言う場合もあります。 ネガティブな意味では、「詩的ではあるが中身のない文章や発言」を揶揄して使われることもありますが、SNSやブログに上げられるポエムのような文章は、自分に酔っていると思われることが多いためでしょう。 このように、ポエムは読み手に「恥ずかしい」といった感情を抱かせることもあります。自虐や皮肉を込めて、自分自身を面白く扱うような文章を書く場合には注意が必要です。 なお、ネット上で用いられるポエムのような言葉遣いの文章は、日本語における現代詩に属しますが、文の長さや行数も自由で、定型はありません。

「ポエム」の語源は英語の「poem」

先述したように、ポエムは外来語です。英語で「詩」を表す「poem」が、日本でも同様のニュアンスで使われています。 なお、この言葉の由来はギリシア語の「poiesis」と言われています。「作られたもの」を意味する言葉で、詩の総称を意味する「poetry」という英語も同じ語源です。

「ポエム」と言われる文章の特徴

「ポエム」の特徴は、比喩や音律をはじめ、語調や行間の読み取りなど、様々な書き方で表現されることです。 ここでは、代表的なポエムの文章の特徴を4つピックアップしています。また、それぞれの特徴を持つ例文も併せて紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

韻を踏むなどリズム感がある

文末を揃え、同じ言葉で繰り返して字数を揃えます。

例文
  • 「どうして〇〇なんだろう。どうしてこんなに〇〇なんだろう。」

このように、「どうして~なんだろう」という表現で統一されていると、文章全体に一定のリズムが感じられます。

直喩・隠喩・擬人法などの比喩がよく使われる

ポエムは、比喩が多用されます。あるものを「何か」に例えて表現し、似たものに置き換える手法です。 比喩には、大きく分けて以下の3つがあります。 1つは「~のように」「まるで」という言葉を使う直喩です。比喩であることがはっきりとしているため「明喩」とも言われます。 引用例にある「真珠のように美しい」という表現では、情緒的なニュアンスが読み取れるでしょう。 次に隠喩です。上記の様な言葉を使わないパターンで、一見比喩と分かりにくい場合もあるでしょう。 引用例にある「人生は山登りだ」という表現では、「人生=山登り」という意味ではなく、「人生を生きることは、山を登る様なイメージである」と例えています。 最後に擬人法です。引用例にある「風がささやく」という表現では、人ではないものを人間の仕草などに例えています。

口語調の文章もある

次のページ:「ポエム」の使い方の例
初回公開日:2022年09月12日

記載されている内容は2022年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング