IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「かけがえのない存在」の意味とは?類語や言い換え表現・例文も紹介

更新日:2022年11月21日

言葉の意味・例文

「かけがえのない存在」という言葉を使ったことがありますか。使いなれない言葉ですが、歌詞や文章などではよく使われています。かけがえのない存在の意味を知り、活用して、あなたの気持ちを大切な人に届けるための参考にしてください。

あなたは「かけがえのない存在」という言葉を使ったことがありますか?普段の生活ではあまり使うことのない言葉ですが、歌の世界ではよく使われているフレーズですね。そのため、実際に使ったことはないけど聞いたことはあるという方も、いるのではないでしょうか。 この記事では、会話では使いにくいがSNSやメールなら使えるかもしれない「かけがえのない存在」という言葉の意味と使い方を説明します。 この記事を読むことで、「かけがえのない存在」という言葉の正しい使い方がわかるため、いざというときに間違わずに使えるでしょう。 「かけがえのない存在」を上手に使って、ぜひあなたの大切な人に感謝のきもちや愛の告白を伝えてください。

「かけがえのない存在」の意味

かけがえのない存在とはどのような意味があるでしょうか。 難しい言葉が出てきたら、ひらがな、漢字共にばらしてみると良いそうです。この場合は、かけがえ+ない+存在にしてみましょう。まず、かけがえとは、予備のために同じようなものを準備することとあります。 かけがえ+ない+存在なので、代わりになるような物や人がいないということになります。

「かけがえ」の漢字表記は「架け替え」か「掛替え」

かけがえの漢字表記は主に2種類あります。それは架け替えと掛替えです。これらはそれぞれかけがえる物が違います。架け替えは、橋の老朽化で現在ある橋を替えて、新しい橋を架けるなどで使います。 掛替えは今ある物か人の、同じような種類のものをあとのために用意しておく、などのときに使われます。 ちなみに、替えという言葉は、同等のモノと交替するときに使います。

「かけがえのない」の語源

「かけがえのない」という言葉の語源は2説あります。どちらも弓道に使われる道具が関係しています。ひとつは弓矢の弓に使われるツルが弓に掛けられることから、ツルがないと掛けるものがない、掛け替えがないというふうに変化したとされます。 ふたつめは、弓道の道具である手袋のことをカケといい、カケがないと弓を射ることができない、カケの替りがない、かけ替えのないと、変化したとされています。

「かけがえのない存在」の類語・言い換え表現

かけがえのないという言葉の類義語をご紹介します。 ちなみに類義語とは、言葉の形は違っているが、意味の似通っている2つ以上の言葉をさします。例えば、家・住宅・家屋・居宅、喋る・話す・会話するなどがあります。 類義語は知っていると、語彙が増えて言い換えする時に便利な言葉です。ぜひ知っておきましょう。

唯一の存在

唯一の存在とは、大切にしているものや人の存在です。ただひとつ、それ以外にはない存在のことです。唯一の類語には、珍重する、得がたい、なくてはならない、手に入れにくいなどがあります。

次のページ:「かけがえのない存在」の使い方
初回公開日:2022年08月31日

記載されている内容は2022年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング